ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

はちぶんのブログ

最強の刺客 2017/09/19(火)

キイロスズメ蜂の巣を乗っとるチャイロスズメ蜂。
気が荒く攻撃的で毒が強いらしい。

ファイル 820-1.jpg

だが、コイツにはまだ刺されたことがありません。
未体験なので伝え様がありません。
次回はお伝えできるかも?

 

本年はちみつクイーンのけっけさんから写真が届きました! 2017/09/19(火)

本年度ミス・はちみつクイーンに輝いたけっけさんからお写真が届きましたヾ(´∇`)ノ゙

ファイル 819-1.jpg

あかぬけていてとってもカワイイですね~(♡≧▽≦♥)
若さにあふれていて、疲れ気味のはちぶんはそのパワーが欲しいです(笑)

贈らせていただいた「はちみつ1年分」も美味しく食べていただいているようでうれしい!
当場のはちみつをどうやって食べたのかとても気になりますが。。。

バレエの方も頑張ってくださいネ!

ここで歴代ミス・はちみつクイーンをご紹介します。

【第4代ミス・はちみつクイーン】
長内 あや愛 さん
ファイル 819-2.jpg

【第3代ミス・はちみつクイーン】
水川 美南 さん
ファイル 819-3.jpg

【第2代ミス・はちみつクイーン】
菜穂さん
ファイル 819-4.jpg

【初代ミス・はちみつクイーン】
梅谷 麻衣阿 さん
ファイル 819-5.jpg

みなさんそれぞれの分野でご活躍されているようです。
あなたもミス・はちみつクイーンに挑戦してませんか?(笑)

=> ミス・はちみつクイーン応募要項

 

信州産そば蜂蜜です。 2017/09/14(木)

7月からそば畑に置いてある巣箱からやや貯まってる
数箱だけ採蜜。

ファイル 818-1.jpg

蜂場の上段はそば畑、下段は田園とそば畑でロケーションは最高!
天候も良く採蜜日和だ。

前回は夏そばだったので
今回は秋そばの採蜜。

少人数で小型の分離機を使用だが収量はまずまず。

ファイル 818-2.jpg

秋そばの色もこんなもんだろう。
どちらかと言うと夏そばの方が色が濃いかな?
どちらも濃度もかなりあって甘味が濃いそば蜜らしい味だ。

ファイル 818-3.jpg

 

スズメ蜂に見つめられて 2017/09/09(土)

捕獲したスズメ蜂の巣の中の様子。
羽化した巣房にまた卵が産んである。
まだ9月の上旬なのであと2~3回卵を産むだろう!

間近で覗き込んでいたらヒョイと顔を出して
目と目が逢ってしまった❤

ファイル 817-1.jpg

蜂は女性社会なので大半が雌蜂だ。

→動画

 

今日は8月3日、ハチミツの日です! 2017/08/03(木)

2017年8月3日、今日はハチミツの日です!
当場企画の各種コンテストの結果が発表されましたのでご報告いたします。

第5回(2017年)ミス・はちみつクイーンwebコンテスト ⇒
【グランプリ】 Entry No.2 けっけ さん(23)
【準グランプリ】 Entry No.11 モルちゃん さん(31)
【特別賞】 Entry No.8 ヒロにゃん さん(21)

第4回 ミツバチイラストコンテスト ⇒
【金賞】 entry No.011 あっ!花園発見したぞ(ニッタノリアキ さん)
【銀賞】 entry No.032 盛夏の蜂蜜(桃ぴころ さん)
【銅賞】 entry No.003 共に歩んで(軒下 さん)
【佳作】 entry No.028 ひまわり(とともち さん)
      entry No.013 幸せだなあ!!(マサル さん)
【最終選考作品】 entry No.021 あまいハチミツおとどけです♪(ソウマ626 さん)
            entry No.015 森のはちみつ屋さん(松河哲男 さん)

第1回 蜂蜜エッセイ ⇒
【最優秀賞】 ぜったいなめちゃダメよ 高田 智子 さん
【優秀賞】 花の子ルンルン 三郎 さん
【佳作】 ミツバチのご縁 浅井 洋子 さん

選考はかなり難航しましたが、上記のとおり決定させていただきました。
受賞されたみなさん、たいへんにおめでとうございました!

なお本日より1週間「はちみつの日キャンペーン」と銘打ちまして、全商品送料半額とさせていただきます。
この機会にぜひ蜂蜜をどうぞ!

また各種コンテストは継続していきますので、こちらもお気軽にご応募下さい。

第5回 ミス・はちみつクイーンへの募集
https://www.suzuki83.com/form_mail/kobo/misscon.html
第5回 ミツバチイラストコンテストへの応募
https://www.suzuki83.com/form_mail/kobo/illust.html
第2回蜂蜜エッセイへの応募
https://www.suzuki83.com/form_mail/kobo/essay.html
※第2回蜂蜜エッセイの応募締め切りは2018年2月20日、入選者発表は2018年3月8日(ミツバチの日)となります。

 

スズメバチの巣の駆除~今年は少ない? 2017/08/01(火)

今年すでに何件かスズメバチの駆除をしましたが、例年に比べるとどうも少ないですねぇ。

ファイル 815-1.jpg

ワッサーなども例年と比較すると発送が遅れているようで、アンズも大不作、天候不順が大きく影響しているのでしょう。
そういえば蜂蜜自体も不作でした。

九州、秋田、新潟などで豪雨の被害があったり、東京でヒョウが降ったり心配事が尽きません。

ファイル 815-2.jpg

上の巣はチャイロスズメバチの巣です。
他人の巣を乗っ取る習性があるのですが、これは自分たちで作ったようです。

それより話は変わりますが8月3日はハチミツの日ですネ!
期間中送料半額キャンペーンをする予定ですので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

中学生が職業体験~当場で採蜜修行! 2017/07/05(水)

今日は天気が良く、小布施の栗蜂場にて採蜜作業を行いました。
そして、見慣れない初々しい若者たちが。。。。
須坂市内の墨坂中学校の生徒が、当場に職業体験にやって参りました!

ファイル 814-1.jpg

やって来たのは男子生徒4人。
全員面布をかぶっていざ挑戦です!

なぜはちみつ屋さんに来たのか問えば、
「ハチミツが食べたかった」──と、、、
まあ、動機はどうあれ、養蜂の経験者が増えることは喜ばしいことです。

初めて見るミツバチの大群に怖がる様子もなく、巣枠を持って記念写真を撮りました。
(職業体験だか観光だかわからないっ!笑)

ファイル 814-2.jpg

ミツバチを指に乗せて「かわいいっ!」と言ったり、めったに見られない女王バチを見たり、当場のお姉様方(笑)にやり方や説明を聞きながら、終始楽しそうに作業をしておりました。

採れたてのハチミツを食べてご満悦。
周りは栗畑ですから栗蜜です。

一連の採蜜の作業の流れを体験して、手弁当をほおばる子供たち。
なんともかわいいではありませんか。(はちぶんもこんな頃があったのだ、、、)

きっといい経験になったことでしょう。

 

栗の花のジャングル⁉ 2017/06/24(土)

朝の涼しい時間から採蜜をスタート。
今日の予定は3ヶ所。すべて小布施町の栗畑。

ファイル 813-1.jpg

小休止2回、昼御飯抜きで3時半まで暑い中頑張ってくれました。

ファイル 813-2.jpg

みなさんに感謝です。

ファイル 813-3.jpg

収量も予定よりオーバーで
今年の栗蜜は、いい色した蜜が採れそう!
花はまだまだこれから満開に。

 

またまた怪しい影がっ! こんどはなんだ!? 2017/06/21(水)

仙仁の巣箱に置いた対獣用監視カメラにまたまた怪しい影が写りました。
今度は何だ?

ファイル 812-1.jpg

巣箱ほどの大きさで、しっぽが太いのでどうやらキツネではないかと思われます。

ファイル 812-2.jpg

キツネやタヌキははちぶんの住んでいる人里にもごくたまに出没しますので、さほど驚きではありませんが、こうして監視カメラに写るとなんだか特別な珍獣が現れたようで面白いですね!

つぎは何が写るかな~?

 

セイヨウミツバチはここに! 2017/06/20(火)

今回もセイヨウミツバチの分封。
高さ50㎝程の松の木に。まず旧王だろう!

ファイル 811-1.jpg

木を揺すってストンと巣箱にいれるだけ。

それにしても今年に入って一度もニホンミツバチの分封群を
見かけない。

ニホンミツバチはどこにいる?

 

なんだ、これはっ!? 監視カメラに写っていたのは!? 2017/06/15(木)

山の中に置いてある巣箱は、いろいろなものに狙われています。
盗難やクマの被害もそうですが、いったい何が起こっているかを探るため、監視カメラを設置しています。

そして先日写っていたのがこれ。
仙仁の峰の原に置いてある巣箱の対獣用監視カメラの画像です。

ファイル 810-1.jpg

赤枠をご覧ください。
これはニホンザルですね~(笑)

ファイル 810-2.jpg

サルは巣箱に対して興味が無いようで近づいて来ません。

もう一枚はこれ。

ファイル 810-3.jpg

白黒なのは夜だからです。
こちらの方は二匹いますね。

ファイル 810-4.jpg

夜、オスとメスがあいびきしているのでしょうか?(笑)
巣箱にイタズラもせず、ノミを取りあっている様です。

それにしてもクマでなくて良かった~!

 

採蜜日和。 2017/06/14(水)

すっかりアカシアの花が散り
緑が濃い木々に。

ファイル 809-1.jpg

ここの蜂場は今日で最後。次は小布施の栗畑へ転地。

ファイル 809-2.jpg

なかなか濃そうなハチミツになった。

ミツバチ達が羽を羽ばたかせて水分を飛ばして完熟状態に変身。
分離機から濃~い蜜が出てくる‼

ファイル 809-3.jpg

 

ミツバチの分封 2017/06/07(水)

公園内のカエデにミツバチの分封の一報。
セイヨウミツバチかニホンミツバチか?
それによって対処法がそれぞれ。

ファイル 808-1.jpg

今回は、セイヨウミツバチなので巣箱と巣枠のみ。

振って2日も置いとけばキレイに巣箱に入ってくれて
夜か早朝に移動すればOk!!

 

爽やか蜂場!! 2017/06/05(月)

市内の河川敷にアカシアの木が群生して
その脇で採蜜。
きれいに芝生で整備してありとてもキレイな場所

ファイル 807-1.jpg

花も散り終わりこの場所での採蜜は今日で終わり。

ファイル 807-2.jpg

次は山のアカシアへ転地。

山のアカシアはまだ咲いてない
昨日今日と気温が低く
あと4~5日はかかりそう。

 

ミルトンの『失楽園』に出て来るミツバチ(3) 2017/06/05(月)

ミルトンの『失楽園』を読み始めてけっこう日数が経っていますが、ようやく下巻に入りました(笑)

そしてまたミツバチが登場するシーンを見つけましたのでご紹介しますネ!

それは、ラファエルという天使がアダムに、世界がどのようにしてできたか話す場面(第八巻)です。

神はこの世をどのように創造したか?
かなり嘘くさいですが(笑)概要はこうです。

第1日目に朝と夕べ、つまり光と闇を創ります。
そして2日目に空と海を創り、3日目に山と陸と植物を造り、4日目に太陽と月を創ります。
太陽と月は後だったんだ!(笑)

さらに、5日目にクジラや鳥や魚などのあらゆる生物を造り、6日目に家畜や昆虫や獣を造ったそうです。

そしてミツバチが出て来るのはこの6日目で、ヘビが造られ、アリが造られた後、、、

「つぎに、群れをなして雌蜂(めばち)が現われ、美味豊かな食物を供してその良人である雄蜂を養うとともに、蜜を入れる蜜蝋を掃(こしら)えていた。この他、なお無数の生きものが現われた。」
(平井正穂訳『失楽園』岩波文庫より)

とあります。
当時はなんでも女王バチはオスだと考えられていたそうですよ。

それにしても太陽とか月とか海とか山などのデカイものを造ったかと思えば、ミツバチのように小さなものまで、特にミツロウでできた巣まで作ったのですから、本当に神様って器用!(笑)

ちなみに人間が造られたのも6日目で、まずアダムが造られ、つぎにそのあばら骨からイーヴを造っていきます。

あやゆるものを創造した神は、7日目は休みます。さすがに疲れたのかな?(笑)
私達が一週間のうち1日休む習慣はここからきています。
いまは週休2日制が普通になっていますがね。

キリスト経のことはよく知りませんが、私たちの生活の中に深く根づいているんですね。
養蜂家は天気が良ければ日曜日でも仕事ですが。。。(笑)

またミツバチが出てきたらご報告します!

 

信州のれんげ蜜 採取!! 2017/05/29(月)

昨年の10月に種を撒き
5月上旬に花が咲き出し
ようやく今日レンゲ蜜を採取しました。

ファイル 805-1.jpg

休耕田なので日陰無し‼
炎天下の中6名で採蜜作業。

ファイル 805-2.jpg

今日はレンゲ蜜の他にアカシア蜜も採取。
来週は須坂のブルーベリー蜜も採取予定。
そろそろ小布施町の栗の花も咲き出しそうなのだ。

その前に飯山のブルーベリーも採取しなくては。

 

アカシアの下で採蜜 2017/05/27(土)

雨模様だった2日間。
気温が低いが以外と蜂はおとなしく
採蜜作業ができた。

ファイル 804-1.jpg

アカシア蜜らしい色。
前回の菜の花蜜が多少入ってる感があるが
それはまぁ。

ファイル 804-2.jpg

 

ミツバチの分封 一群が来た!! 2017/05/22(月)

午後 工場敷地内の片隅に積んである古い巣箱にどこから来たのか
ミツバチ一群が入った。

ファイル 803-1.jpg

うちではよくある光景だ。年に数回このようなことがある。

新女王が生まれ群れをなして移動してきた。
そういえば、2~3日前から数匹その箱の周りを飛んでいたな。
下見に来ていたようだ。

ファイル 803-2.jpg

蜂児枠を数枚入れてやれば立派な群になりハチミツを集めてくれる‼

 

りんごの産地で採蜜 2017/05/18(木)

りんごの産地須坂で採蜜。
気温が上がり採蜜日和だ。

ファイル 802-1.jpg

りんご蜜らしく 濃~い蜜!

ファイル 802-2.jpg

蜜を搾る分離機から どろっと出てくる!
春の蜂蜜は結晶しやすいね。

 

レンゲ畑に巣箱を置きましたよ~! 2017/05/16(火)

本日、地元新聞社(須坂新聞)の記者の方が来られて、当場のレンゲ畑の取材をしていかれました。
休耕地問題が騒がれる中、当場の取り組みに注目してくれたのです!

し、しかし、、、花の咲き方が微妙。。。(笑)

「ミツバチ応援プロジェクト」をはじめて2年目、目の覚めるほどの一面のレンゲ畑というわけにはいきませんでしたが、なんとか記事にしていただける格好にはなりました。

ファイル 801-1.jpg

さっそく先週の土曜日に巣箱を設置しましたよ。

ファイル 801-2.jpg

ミツバチたちがレンゲの蜜を求めて飛んできています。
できばえはどうかな???

ファイル 801-3.jpg

がんばって集めてちょうだい!(笑)

なんとか採蜜もできそうですが、来年はもっとたくさん花を咲かせられるように、研究を重ねていきたいです!
飯山の菜の花畑みたいに、一面レンゲの絨毯のように咲き乱れる光景を夢見て!

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011- Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.