ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

はちぶんのブログ

はちみつギフト~プロポリス石鹸 2019/02/07(木)

はちみつギフトいっても食べる蜂蜜だけではありません。
はちみつ石けんやプロポリス石鹸など美容のための贈り物もアリですね。
そこで「プロポリス石鹸~美蜂晶」をご紹介します。

ファイル 856-1.jpg

なぜ石鹸にプロポリスなの?といえば、プロポリスには強力な殺菌効果や抗酸化効果などがあるからです。

そもそもプロポリスは、ミツバチがばい菌やバクテリアなどから巣を守るために生成した天然物で、その原料は樹脂や花粉などです。
植物由来ですので多様なフラボノイドも含まれており、人にも優しい物質です。

そんなプロポリスのエキスを使ってできたのが「プロポリス石鹸~美蜂晶」なのです。

皮膚の表面は雑菌だらけ。
皮膚にやさしい成分ばかりでできていますので、お肌を滑らかにし、洗顔料としてもとても人気があります。

石鹸の洗浄力とプロポリスの抗菌力で雑菌の繁殖を抑え、必要な水分や油分などを奪いすぎることがなく、自然由来の成分ですのでお肌への負担も少なくてすみます。

そのうえ驚きの泡立ちで角質のすみずみまでいきわたり、脂分も少ないため洗顔後の化粧水・乳液・美容液などのケアにも最適です。
洗いあがりはツッパリ感も少なく、お肌にうるおいを与えキメを整えます。

「プロポリス石鹸~美蜂晶」は、こんな効果が期待できます。

1.肌荒れ・湿疹
2.シミ・ソバカス・ニキビ
3.洗い上がりのツルツル感・さっぱり感

美容を気にする方に特におすすめのギフトですね。

→「プロポリス石鹸~美蜂晶」

 

プロポリスを飲み続けているよ! 2015/01/28(水)

実は社長とはちぶんは、この1月に入ってからプロポリスを飲み続けています。

最初、2、3滴からはじめ、今では1日に3、4回、味に慣れてからは1回に5滴からスポイト1回分の量を摂取しています。
※容器がスポイト式になっています。

社長はコーヒー、緑茶、ジュース、焼酎などに入れ、手当り次第の飲料に入れて飲んでいます。
はちぶんの方は最初直接口にたらしていましたが、最近は水に入れて飲みます。
味にはすっかりなれました。

そのおかげかどうかはわかりませんが、風邪やインフルエンザにかかることもなく、気分もすぐれ、寒いのに体が非常によく動きます。
社長の仕事もはかどり、怒ることも少なくなりました!(笑)

社長は以前、粒上のプロポリスを飲んでいたそうですが、そのときも体の調子が良かったそうです。

気持ちの中では今年は風邪など絶対にひかない気になってます!
これも相乗効果でしょうか?

プロポリスが目にいいとは聞いたことがありませんが、はちぶんは本の文字が少し読みやすくなった気がします。

1か月くらではあまり劇的な効果は感じにくいですが、やはり飲み続けることが大事でしょうね!

 

プロポリスのあんな使い方、こんな使い方!? 2015/01/19(月)

プロポリスには強い殺菌・抗菌作用があることはこれまでも何度か書いてきました。
ですので体を守るために摂取しやすい方法を探ってきましたが、別の用途はないかと考えてみました。

最初に思いついたのがお掃除に使えないか?ということです。
例えば桶に水を入れ、そこにプロポリスを数滴たらします。
その水にきれいな布を浸して絞り、抗菌、除菌したい箇所をお掃除してみましょう!

テーブルの上やまな板、あるいは包丁、また、食器やお子様の玩具などにも有効ですね!
考え一つで無限に広がるプロポリスの使い方。

みなさんもプロポリスの斬新な使い方を考えてみませんか?

 

プロポリスをおいしく食べる~苺ヨーグルトにプロポリス 2015/01/16(金)

プロポリスを美味しく摂取する方法を探していましたが、毎日スポイトから直接口に数滴たらして摂取していたはちぶんは、すっかりプロポリスのあの刺激に快感を覚えるようになってしまったのだ!

おまえはMだったのかっ!?

プロポリスの刺激が美味しく感じる・・・。
いかん、いかん・・・ということで、今回はイチゴのヨーグルトにプロポリスを入れて食べてみた。

ファイル 680-1.jpg

ところが、、、
「プロポリスの味がしない?」

どうやら味覚が狂ってしまったようだ。
逆に言えば、慣れてしまえばプロポリスのまずさなどあまり苦にならないということだ。

食べやすさを追求するのもいいが、体を食べ物に合わすことも大事だなと、なんだか新しい発見をしたような気持ちになりました。(笑)

 

プロポリスのチカラ! 2015/01/15(木)

プロポリスは元気な体、病気に負けない体をつくるミツバチからの贈り物です。
ローヤルゼリーは体の中から元気にしていくイメージがあるのに対して、プロポリスは外敵から体を守るというイメージがありますネ。

ファイル 679-1.jpg

一般的にプロポリスはガンに効くと言われますが、そもそもプロポリスの効果には次のようなものを挙げることができます。

1.免疫力強化作用
2.活性酸素消去作用
3.抗菌作用
4.肝機能強化作用
5.悪玉酵素抑制作用
6.性機能強化作用
7.美肌作用
8.腸活性作用

等々、いろいろな作用を期待できる健康食品です。

でも、なんといっても飲み続けることが大事です。
筆者もこの1月から毎日飲み続けていますが、今のところ風邪をひくこともなく、なんだか体が元気になってきたような気がします!

プロポリスはこんな方へおすすめします。
○病中・病後の方へ・・・体力回復、元気な頃の体に戻します。
○働き盛りの40代・50代・60代の方へ・・・家族のために疲労を感じない体に。
○高齢者の方へ・・・介護に頼らず・世話にならない丈夫な体に。
○若者世代の方へ・・・女性はより美しく、男性はより強く輝きます。

老若男女、性別を問わず、健康のためにプロポリスをぜひお使いください!

 

蜂蜜にプロポリスを入れてみた 2015/01/13(火)

プロポリスはどのようにして飲めば美味しいか?
今回は蜂蜜に入れてみました。

ファイル 678-1.jpg

小さじ1にプロポリスを数滴たらしましたよ。
同じミツバチからの贈り物ですからこれは相性が良いのではないでしょうか?

案の定、なめてみましたら、蜂蜜の甘さにプロポリスの刺激が絶妙にマッチしてとても美味しいではありませんか!
プロポリスキャンディーに似てます。

これならばプロポリスの味が苦手な方でもいけると思います。
プロポリスを使っている人にはぜひおすすめです!

 

インフルエンザが流行ってますね~! 2015/01/09(金)

インフルエンザが流行っているみたいですね~。

インフルエンザはウィルスに感染することで起こる病気で、いわゆる風邪とは違います。
急激に発症して症状が重いのが特徴で、1~5日の潜伏期間の後、38℃以上の高熱や筋肉痛などの症状が現れます。

また強力な感染力があり、うちの近くの学校でも学級閉鎖などさかんに騒がれていますねぇ。

ヒトに感染するインフルエンザウィルスにはA型・B型・C型の3つがあり、今年はA香港型が主流のようです。
皆さんも十分気をつけてくださいネ!

さて話は変わりますが、プロポリスには免疫力強化作用や抗ウィルス効果があります。
今日はお子様も美味しく食べれるプロポリスの摂取の仕方をひとつご紹介します。

名付けて「プロポリスプリン」!(笑)

ファイル 677-1.jpg

プリンを崩してプロポリスを数滴たらしてできあがりです。
プロポリスの味はほとんど気にならずにお召し上がりいただけますよ♪

これなら子供でもぜんぜん平気です!
体に抵抗力をつけ、体質改善をしてこの冬を乗り越えましょう!

 

プロポリスのおいしい飲み方? 2015/01/08(木)

かなり味に刺激があるプロポリス。
なんとか美味しい摂取の仕方はないものかと、いろいろなものに混ぜて試してみようと思いました。

前回はお茶に入れましたが、プロポリスの味が強烈すぎて、お世辞にもおいしいとは言えませんでした。
ならばとテーブルを見てみたら、そこにリンゴ味のジュースがあるではありませんか!
「これで試してみよう」とコップに注ぎ、プロポリスをたらしてみました。

ファイル 676-1.jpg

入れると細かく泡立ち、ジュースが濁ってしまいます。
うまく写真が撮れなかったので、数滴どころか10滴くらい入れてしまいました。
結局1枚目の写真を使いましたが、そのお味はどうでしょう?

・・・・・・けっしてまずくはありません。
プロポリスの味もしますが、リンゴの味も負けていません。
これなら毎日飲んでも美味しくいただけるのではないでしょうか?

プロポリスは継続して摂取することが大事です。
もっと美味しい飲み方を探してみますネ!

 

巣の無菌状態をつくるプロポリス 2015/01/06(火)

今日からしばらくプロポリスの話題に触れていきたいと思います。
みなさんはプロポリスって何だかご存知ですか?

プロポリスは『天然の抗生物質』といわれています。

ミツバチの巣は自然の中にありますから、常に雨水などからの雑菌にさらされているといえます。
ところが蜂の子を育てるには無菌状態の環境が必要なので、それらの雑菌から巣を守らなければなりません。
そのためミツバチはプロポリスを生成し巣を守ります。
いわばミツバチの巣はプロポリスによってつくられた、人間の世界で例えれば工場の無菌室なのです。

「プロ」とはラテン語で「支える」「補助する」「守る」という意味があり、「ポリス」とはギリシャ語で「都市」「集団地」という意味がありますので、つまり「プロポリス」とは“都市を防衛する”という意味になりますネ。

そのため日本のように比較的環境の良い場所で採れるプロポリスより、悪条件の環境で採れるプロポリスの方が良質といえます。
なんでもかんでも国産が良いというのは間違いですね。
ちなみに当場はブラジル産のプロポリスを使用しています。

プロポリスは、植物の若芽の樹液をミツバチの体内で練り合わせて作る特別な物質で、ポリフェノールやフラボノイド、その他多くの酵素類が含まれているため、人体にもとても有効に働き、そのうえ副作用もありません。

「プロポリスという名前は知っているが、その飲み方や使い方は知らない」という人もけっこう多いのではないでしょうか?
そこでいくつかご紹介します。

ファイル 675-1.jpg

まず味に強い刺激があるので、飲み物などに数滴たらし、味に慣れたら徐々にたらす量を増やしてお飲みいただくのが良いと思います。
牛乳・さ湯・お茶・ジュース・青汁・ゼリー・プリン・ヨーグルトなどなど、なんでもかまいません。
はちぶんもお茶に入れて飲んでみましたが、さすがに「うまいっ!」とは言えませんでした!(笑)“良薬口に苦し”といったところでしょうね。

また、お口の中の傷や歯ぐきの腫れなどにもよく効き、その場合は直接患部につけてください。
歯磨き粉にたらして使う方もいらっしゃいますよ!

その他、火傷や外傷などにもお使いいただけますが、ケガした時以上に沁みます(笑)ので、お肌の弱い方はご注意くださいね。

 

プロポリスキャンディー 2013/11/13(水)

今日ご紹介したいのはプロポリスエキス配合のハチミツ飴です。

天然の抗菌・殺菌効果があるプロポリスですので、これでお口の中がいつも清潔に保たれますね!

ファイル 561-1.jpg

味ははちみつキャンディーに比べて甘さがやや控えめなので、甘いものが苦手な人にもおすすめです。
プロポリスの味が全面にあり、どちらかというとのど飴のような感じです。

しかもプロポリスにはポリフェノールも豊富に含まれていますので、気持ちもスーッと落ち着くはずですよ。
ガムもいいけど、人前でクチャクチャするのはどうも……という人も、キャンディータイプなら気になりませんね。

また女性なら、いつもバッグにしのばせて、お友達にあげても喜ばれます。
おばちゃん達は「あまちゃん」ならぬ「あめちゃん」を持ち歩く文化もありますネ!(笑)
子どもにもイイですヨ!

プロポリスの殺菌効果で虫歯にもならなければ文句なしなんだけどね~!

 

美・モテ期時代のお肌へ~プロポリス石鹸「美蜂晶」 2013/11/01(金)

一言で石鹸といっても、ピンからキリまであることはご存じのことでしょう。

当然高級な成分が入っていればお値段も高くなるわけで、それなりの石鹸をお使いの場合はそれなりの効果があることでしょう。(笑)

みなさんはどんな石鹸をお使いですか?
今日は石けんのお話です。

そもそも石けんの歴史は古く、世界では古代ローマ時代にはその原形があったとされ、日本においては安土桃山時代に西洋から伝わってきたそうです。

現在では大きく、「一般石鹸」「化粧石鹸」「薬用石鹸」に分類されているみたいですが、今日ご紹介したいプロポリス石鹸「美蜂晶」は化粧石鹸の部類に入ります。

ファイル 553-1.jpg

きめ細やかで柔らかな泡立ちで、古い角質層をていねいに洗い流し、しっとりとしたつやのあるお肌を取り戻せますので、特に洗顔に向いているかもしれません。

なによりこの石鹸の特徴は、ミツバチの恵みプロポリスエキスが配合されていることです!

もともとプロポリスは巣を雑菌やウィルスから守るための、天然の抗殺菌物質ですから、繊細なお肌にも安心してお使いいただけますネ!

はちみつ石けんよりちょっと値がはりますが、一度プロポリスのパワーを試してみてください。
モテ期時代のあのお肌を取り戻したい方におすすめです!(笑)

 

虫歯には蜂蜜よりプロポリス? 2013/10/24(木)

以前ハチミツは虫歯予防にもよいというお話をしました。

確かに蜂蜜には強い殺菌効果があることは事実なのですが、糖分のかたまりであるのも事実で、実際問題歯に対してはどちらの効果が勝るのか現在のところハッキリしていないのも事実です。

そこで今回ご紹介したいのはプロポリスを使った歯磨き粉。

プロポリスならば糖も含まれておりませんし、殺菌・抗菌に特化した天然物ですので安心ですね。

ファイル 547-1.jpg

写真のプロポリスの歯磨き粉はまだ試作段階で商品化されていませんが、使ってみますとなんとなくスッキリした感じがするのは気のせいでしょうか?(笑)

いずれにしても歯は大切にしたいですネ!

 

プロポリスはフラボノイドの宝庫! 2012/04/18(水)

昨日はポリフェノールのお話をしましたが、プロポリスに含まれるポリフェノールの代表選手が「フラボノイド」です!
最近ではガムなどにも配合されるようになり、きっと誰もが聞き覚えがあるのではないでしょうか?

プロポリスの成分は多岐にわたっており、現段階では約300種近くが発見されています。
その中で注目すべきなのはフラボノイドで、フラボノイドだけで40種以上が含まれているということです!

それ以外でもアデノシン三燐酸(ATP)や、各種有機酸、酵素類、ビタミンCを除く各種ビタミン、各種ミネラル類も豊富に含まれていますから、プロポリスはまさに栄養の宝庫ともいえますネ!

特にフラボノイドは、フラボンを基本構造にもつ黄色色素の総称を言い、各種の植物の花、葉、根、茎、果実などに含まれており、その中にはイソフラボン類・カテキン類・ビタミンPの一種ケルセチン・酵素・アミノ酸・炭水化物・ビタミン・ミネラルなどの300種近くもの有効成分が含まれているのです!

フラボノイドはオレンジやレモンなどの柑橘類などにも含まれていますが、プロポリスに含まれる量は非常に多く種類も豊富なのです。

このフラボノイドは強い抗酸化作用を持っているので、少量でも発ガン性物質の活性を抑制(細胞の突然変異を防ぐ作用)したり、抗菌作用や抗ウィルス作用などを持っています。
また、老化を防いだり、動脈硬化を予防したり、心筋梗塞の予防にも効果的と言われています。

しかし残念なことにプロポリスにはビタミンCがありません。
ですのでプロポリスを摂取するときは、ビタミンCとの併用をお薦めしています。

 

ポリフェノールって? 2012/04/17(火)

フランスのセルジュ・レヌー博士は、赤ワインに含まれるポリフェノールを研究し、結果、ポリフェノールには動脈硬化や脳梗塞を防ぐ抗酸化作用があることをつきとめました。

以来、ポリフェノールは一躍世界の注目を集めることとなり、現在、健康と美容の分野で幅広い研究が進められています。

ポリフェノールとは植物に含まれる色素や苦味、渋みなどに含まれている成分で、研究のもとになった赤ワインこそその代名詞のようにも見えますが、実はプロポリスに含まれるポリフェノールは、赤ワインの含有量よりはるかにも多いんですヨ!

ポリフェノールは主に動脈硬化を予防し、血液をサラサラにする効果があります。
また、体内の活性酸素を除去する優れた抗酸化作用があり、さらにはガン細胞の増殖を抑制する働きを持っていることが分ってきていするのです!
しかも副作用がなく、非常に安全性の高い栄養素でもあるんです。

ちょっと前、その成人病予防効果やアンチエイジング効果で様々なサプリメントなどにも配合されるようになり、テレビのコマーシャルなどでも競うように宣伝していましたネ。

そのポリフェノールを効果的かつ有効的に摂取できるのが実はプロポリスなんです!

でも妊娠中の女性は注意が必要です。
過剰摂取はホルモンバランスを崩す危険がありますから気をつけてくださいネ!

ちょっと高い商品ですが、皆さんもプロポリス生活をはじめてみませんか?

 

プロポリスの源塊 2012/02/27(月)

ファイル 136-1.jpg

みなさんはプロポリスの源塊を見たことはありますか?
源塊とは市販されているプロポリスの原料ですが、おそらくほとんどの方は見たことはないでしょう。(笑)



この黒いかたまりがプロポリスの源塊です。

これからどのようにしてプロポリスを抽出するのでしょう?

一般的に用いられるのはアルコール抽出法です。
食用の植物性アルコールに源塊を入れ攪拌するのです。

プロポリスの源塊の大部分はワックスや蜂ロウですので、それらを溶かすにはアルコールが最も有効なのです。
しかも源塊にはカビや雑菌などもありますから、アルコールの殺菌・消毒効果はとても有効なんですネ。

人工的な添加物や乳化剤、あるいはカビ対策の薬品処理を必要としないアルコール抽出法は、なにより「無添加」で100%天然のプロポリスを抽出することができるのです!

ほかにも水抽出法、ミセル化抽出法、超臨界抽出法などといった抽出法もありますが、フラボノイドといった重要な成分は脂溶性なので、水ではほとんど抽出できないという大きなデメリットがあったりしますので、当場の「原液プロポリス」はアルコール抽出法です。

今日はプロポリスのお話しでした……。

 

プロポリスはブラジル産がいい? 2012/02/20(月)

プロポリスは「天然の抗菌物質」です。

近年、地産地消の概念が見直され、なんでも日本産がいいという風潮が広がりましたが、プロポリスに関しては日本産はおすすめできません。

というのは、本来、巣をウイルスや外敵などから守るプロポリスは、環境が悪ければ悪いほど良質なものができるからであり、それについていえば日本は環境が良すぎるのです。

で、どこがいいかといえばブラジル産であるといわれています。

その理由は、亜熱帯のアマゾン流域は湿度が高く、ウイルスやバクテリアなどの外敵が多くあるため、ミツバチにとってはそれだけ強力な抗菌力を持つプロポリスが必要になるということが挙げられます。

また、広大なアマゾン流域は薬草の宝庫でもあり、ユーカリやアレクリンなど薬効を含む植物が豊富にあることが挙げられます。

さらにブラジルのミツバチというのは、セイヨウミツバチとアフリカミツバチの交配種で、特にアフリカ蜂化ミツバチといわれ、その性質は大量のプロポリスを集める能力を持っていることが挙げられます。

なるほど納得できますネ!

当場のプロポリスもブラジル産を使用しています。
みなさんもプロポリスを使ってみませんか?

 

古代ギリシャのプロポリス 2012/01/18(水)

古代ギリシャにペダニウス・ディオスクリデス、(AD40~90)という人がいました。

彼は医者であり、薬学・植物学者でもあり、『楽物誌』という著作を残しました。
この著書は西欧の生薬の聖書と言われていますが、そこに地中海諸国の約600の生薬があり、その中の一つにプロポリスについての項目があります。

1.黄色いミツバチのニカワはよい香りがし、巣の入口のあたりに見いだされる。
2.ものを引きつける作用があり、トゲなど体内に入ったものを抜くのに役立つ。
3.いぶし蒸して用いると咳を止める。
4.塗れば苔癬(皮膚の隆起した発疹)を消し去る。

このころからプロポリスについて研究されていたのですネ。

 

幻の名器とプロポリスの関係 2012/01/16(月)

ストラディバリウスといえば時価数億円といわれるバイオリンの名器ですね。

これは16世紀後半のイタリアの楽器職人アントニオ・ストラディバリが作ったバイオリンで、現在でもこれほどの音色を奏でるバイオリンはないとされています。
製作台数がわずか1200本、その中で現存するものは世界でもたった600本しか残っていないといいますから、まさに幻のバイオリンの王様です。

しかし、このストラディバリウスとミツバチ―――、
いったい何の関係があるのか?と首をかしげることでしょう。

実はストラディバリウスの防腐剤に使われているニスには、なんとプロポリスが混ぜられているというのです!
プロポリスの持つ抗菌、防腐能力を最高級の楽器に使用するなんて、目のつけどころがスゴイですね!

残念ながらその製作方法は誰にも伝承されることなくストラディバリはこの世を去り、現代の科学技術をもってしてもその域に達するバイオリンは作れないのだそうです。

ぜひストラディバリウスの生の音色を聴きたいものです……。

 

プロポリスキャンディー 2011/11/18(金)

ファイル 70-1.png

お仕事や家事の合間に、プロポリスキャンディーはいかが?
今日ご紹介するのはプロポリス配合のはちみつ飴です!

プロポリスには豊富なフラボノイド(ポリフェノールの一種)が含まれており、気分も断然落ち着くはずです!
おまけに強い抗酸化作用がありますので健康にもバツグンにイイ!

最近特に注目されているフラボノイドという成分は、様々な商品にも配合されるようになりました。

フラボノイドには、ビタミンPが多く含まれており、中でもケルセチンという成分が多く含まれています。
オレンジやレモンなどの柑橘類などにも含まれていますが、プロポリスに含まれるフラボノイドの量は非常に多く種類も豊富なのです。

これで毎日健康!仕事もはかどる、はかどる!
まとめ買いがお得ですヨ!

 

のどをいたわるプロポリスフレッシュ 2011/11/14(月)

ファイル 65-1.jpg

乾燥した季節になってきましたね~。
のどの調子はどうですか?

今日はのどにシュシュッとするだけの“プロポリスフレッシュ”という商品を紹介します。

のどに痰がつまったり、なんだかのどがすっきりしなかったり、声がかれていると思ったら、このプロポリスフレッシュをのどの患部に吹きかけてみてください。

ややお薬のような味もしますが、甘くてとても美味しいと感じると思います。

プロポリスはもともと殺菌効果があり、フラボノイドの効果により気分もスッキリします。
そのプロポリスをうすめて甘く美味しく仕上げたのがこの商品です。

空気が乾燥するこれからの季節、どうぞお試しください!

 

<前のページ<  >次のページ>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011- Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.