はちみつ家 > みつばちイラストコンテスト

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

ミツバチ
イラストコンテスト

応募要項 =>



第8回 ミツバチイラストコンテスト応募作品

 

entry No.268 タイトル:蜜を運ぶ少女

蜜を運ぶ少女
【作者】 あんず子 さん(19)

【コメント】
働き蜂から蜜蜂のメイドさんを連想して、「菜の花畑をバックに蜜を運ぶ」というテーマでイラストを作成しました。


entry No.267 タイトル:ミツバチのハチミツ屋

ミツバチのハチミツ屋
【作者】 だんご さん(15)

【コメント】
ミツバチが自分たちで蜂蜜をつくって店を出していたらおもしろいなと思い、遠心分離機で回転させるところから順につくっていって、瓶に入れるまでの工程をすべてミツバチだけでやっている様子を描きました。
小さい瓶の蜂蜜は天秤にかけて、ミツバチ1匹分の重さにします。
大きな瓶に入れる蜂蜜の量は、小さい瓶の約38倍で、38(みつばち)です。
イラストのなかにいるミツバチの数は全部で8匹(はち)です。
ハチ語で「蜜蜂蜜」という名前の蜂蜜店を経営しています。どうぞお越し下さいませ。


entry No.266 タイトル:可愛いミツバチみぃつけた!

可愛いミツバチみぃつけた!
【作者】 白 さん(16)

【コメント】
ミツバチのふわふわ感と赤ちゃんのもっちり感を出すことを意識しました。


entry No.265 タイトル:ミツバチレンジャー

ミツバチレンジャー
【作者】 花言葉 さん(25)

【コメント】
ミツバチたちの個性を出して描くことを意識しました。 正義の味方が現れるように、明るい希望に満ち溢れた未来が訪れることを祈っています!


entry No.264 タイトル:ミツバチたちのきゅうけい

ミツバチたちのきゅうけい
【作者】 根岸俊春 さん(22)

【コメント】
まず最初に全体を見てもらい、次に細かい箇所を見ると、クスッと笑えたり、癒されるような絵にするよう努力しました。


entry No.263 タイトル:Happy honey time

Happy honey time
【作者】 りの さん(--)

【コメント】
ミツバチの菜の花への思いを描いてみました。
あとせっかくの信州なので豊かな風景を描こうと思ってこの構図になりました!
信州の豊かな自然大好きです!


entry No.262 タイトル:キラキラ蜂蜜と8匹の蜂たち

キラキラ蜂蜜と8匹の蜂たち
【作者】 RIKO さん(26)
【URL】 作者サイト

【コメント】
キラキラした蜂蜜と蜂に掛けて様々な表情をした8匹の蜂を描きました!
少年少女は蜂のコスチュームをイメージして描いていて凄く楽しかったです☆


entry No.261 タイトル:はちみつのおようふく

はちみつのおようふく
【作者】 夏目しほ さん(22)

【コメント】
コスプレではなく、可愛いファッションとして、蜂や蜂蜜を再現しようとデザインしました!


entry No.260 タイトル:還り道

還り道
【作者】 成海大河 さん(23)
【URL】 作者サイト

【コメント】
毎日のように庭の花壇を訪れるミツバチへの想いを込めて描きました。
日々働き続ける彼らがいつか役目を全うした際に幸せになって欲しいと願っています。


entry No.259 タイトル:ミツバチと女の子と花畑

ミツバチと女の子と花畑
【作者】 所 遥香 さん(16)

【コメント】
女の子がミツバチと綺麗な花畑を見て驚いている表情を意識して工夫しました。


entry No.258 タイトル:Honey Cafe

Honey Cafe
【作者】 平野 真優 さん(19)

【コメント】
服のデザインを考える際、全ての装飾をオレンジ色にすると単調で少しつまらない絵になってしまったので、何度も色を変更し、最終的に水色をアクセントとして入れることに落ち着きました。
蜂の巣をイメージした胸元のブローチや、背景のアカシアなど、なるべく自然に見えるよう、はちみつの要素をイラストに散りばめました。


entry No.257 タイトル:かわいい女王蜂

かわいい女王蜂
【作者】 はるの介 さん(--)
【URL】 作者サイト

【コメント】
ミツバチとハチミツをイメージして制作しました。


entry No.256 タイトル:甘い誘惑

甘い誘惑
【作者】 いちばんち さん(18)

【コメント】
蜂蜜の甘くて美味しいところを可愛らしいミツバチの女の子で表現してみました。
細かい装飾や服のデザインなどにも気を配り、全体的にバランスよく見えるように描き上げました。
また、ミツバチの擬人化を使用し、蜂の巣を守ろうとする強気な様子の反面可愛らしい女の子という、ギャップのある雰囲気に仕上げてみました。


entry No.255 タイトル:ミツバチより愛を込めて!

ミツバチより愛を込めて!
【作者】 はねだ さん(22)

【コメント】
青空のもと、ハチミツ集めに勤しむミツバチ達の様子をイラストにしました。ハニカム型の額縁の中から飛び出しているイメージです。ハチ達のデザインや背景の描き込みが大変でしたが、可愛く仕上がったと思います。


entry No.254 タイトル:はちみつたべたい?

はちみつたべたい?
【作者】 もずく さん(27)

【コメント】
はちというと怖いイメージが先行してしまうのですが、おいしいはちみつをたくわえてはたらくえらい虫なんだという部分とかわいいという部分をかきました。


entry No.253 タイトル:ミツバチのおとどけもの

ミツバチのおとどけもの
【作者】 西崎 怜士 さん(--)

【コメント】
ハチミツの元になる花をお届けするミツバチとその様子からハチミツを連想して思わずペロリと舌を出す女の子、というイメージで描きました。
可愛らしいミツバチの雰囲気を出すのが難しかったです。


entry No.252 タイトル:レディー

レディー
【作者】 むこう さん(33)

【コメント】
女性らしさを出しました。


entry No.251 タイトル:私が好きな食べ方

私が好きな食べ方
【作者】 ポチ さん(26)

【コメント】
ハチミツを美味しそうに描くのが難しかったです(^_^;)
ハチミツに使われる花を絵に入れたかったで、テーブルクロスに花をデザインしてみました!


entry No.250 タイトル:はちみつクイーン

はちみつクイーン
【作者】 ささみん さん(18)

【コメント】
はちみつクイーンをイメージしたカットを描きました!
女王様と言うと、刺々しいイメージがありますが、鈴木養蜂場のはちみつはもっと親しみやすく、その長い歴史などから着物の様なデザインにしました。
優しいはちみつの甘さの雰囲気が伝わると嬉しいです!


entry No.249 タイトル:ミツバチとお花ばたけ

ミツバチとお花ばたけ
【作者】 つむ さん(7)

【コメント】
モグラが土をほっているところがむずかしかった。ハチがビンをもっているところがポイントです。ミミズがむずかしかった。


entry No.248 タイトル:いとなみ

いとなみ
【作者】 麦善 さん(30)
【URL】 作者サイト

【コメント】
アカシアはちみつは癖が少なくいつもおいしいです。
一生かけても一匹が作れるはちみつはほんのわずかです。
人には真似できないミツバチのいとなみへの感謝の気持ちを込めました。


entry No.247 タイトル:たまらない味

たまらない味
【作者】 ゆきはら かの さん(19)

【コメント】
蜂蜜をかけることによってたまらない味になるのでよく食べています!


entry No.246 タイトル:ミツバチさんのおもてなし

ミツバチさんのおもてなし
【作者】 お花 さん(27)
【URL】 作者サイト

【コメント】
見ていて心が温まるような可愛いイラストにしてみました。
ハチミツといえばホットケーキにハチミツレモン。
雲さんたちの粉砂糖とミツバチさんたちのお手製のハチミツをかけて、どうぞお召し上がり下さい。


entry No.245 タイトル:好きなこといっぱい

好きなこといっぱい
【作者】 リリー さん(23)

【コメント】
どうすれば皆がイメージするミツバチ像からから脱却できるか考えるのが大変でした。
ミツバチの特徴を描きだしたり絵を描いたり眺めたりしてみました。
そうすると、丸い頭がアフロに見えてきました。そこから快活でお洒落な女性のイメージが湧きました。
働きバチの花粉団子や花の蜜を運搬するところから大きなリュックを背負わせました。
たくさんの仕事道具が入っているイメージです。ミツバチの栄養源も蜂蜜という事で、手には蜂蜜ドリンクを持っています。
結果的に明るく快活で、仕事も好きなこともあきらめずに楽しんでいる女性になりました。
周りには蜜源植物を配置している明るい印象になるようにしました。


entry No.244 タイトル:Queen's leisure

Queen's leisure
【作者】 みやこんぶ。 さん(15)
【URL】 作者サイト

【コメント】
この作品のためにおNEWのペンが一本犠牲になったのにも関わらず塗りつぶしたので書き込んだ部分がほとんど見えず、アタイちょっぴりショック。


entry No.243 タイトル:ハッピーはちみつライフ

ハッピーはちみつライフ
【作者】 かじ さん(40)
【URL】 作者サイト

【コメント】
おいしそうで、幸せな雰囲気を表現しようと、あたたかみのある色にこだわりました。
朝、おいしいはちみつを食べたら幸せな一日のはじまりになりそうだと思って窓から朝陽が差し込むデザインとしました。
ミツバチにも個性があって、イラストから明るく楽しい気持ちが伝わると嬉しいです。


entry No.242 タイトル:みつばちの大切な地球

みつばちの大切な地球
【作者】 竹部 紘子 さん(44)

【コメント】
初めて応募させていただきました。地球温暖化によって生命全体が生きる危機にあることを伝えたくて、応募させていただきました。イラストを描くことが好きなこともあって、このコンテストが伝えられるきっかけにできると思いました。


entry No.241 タイトル:朝のおくりもの

朝のおくりもの
【作者】 ななヴな さん(--)
【URL】 作者サイト

【コメント】
はちみつトースト大好きです!食べると爽やかな朝を迎えられます。
はちみつがおいしそうになるように色をこだわりました。


entry No.240 タイトル:. ꙳ ⢁ᐧHoney❊Toast. ꙳ ⢁ᐧ

【作者】 一ノ瀬夢咲子 さん(18)

【コメント】
このコンテスト用に最初描いていたものがあったんですが、提出期限3日前にアイデアが浮かび、新たに描き起こしたイラストです。食パンの質感を出すのが難しかったです、正直満足はしてないです…。
ハニートーストは食べたいなぁと何年も思いつつまだ食べたことがないので、この機会に食べようと思います。


entry No.239 タイトル:Honey

Honey
【作者】 {・ヒゆうき さん(17)

【コメント】
髪の艶を不自然にならないようにHoneyになるよう微調整をしました。
本当は最初別のイラストを描いていたのですが、満足できない仕上がりだったため一から描き直しました。


entry No.238 タイトル:かわいい女王蜂

かわいい女王蜂
【作者】 はるの介 さん(--)
【URL】 作者サイト

【コメント】
ミツバチらしい小さくてかわいいイメージとハチミツをイメージした甘い色合いで表現しました。


entry No.237 タイトル:はにかむ甘み

はにかむ甘み
【作者】 こぐみ さん(--)
【URL】 作者サイト

【コメント】
爽やかな色合いで全体をまとめました。ミツバチの可愛らしさを出せていればいいなと思います。


entry No.236 タイトル:甘い蜜

甘い蜜
【作者】 金魚草 さん(21)

【コメント】
蜂蜜で出来たミツバチ達と、移り変わる女王蜂をカメオ風に描きました。
中心部にある花々は、アカシア・レンゲ・菜の花・蕎麦の花を描いてみました。


entry No.235 タイトル:はちみつみたいな初恋

はちみつみたいな初恋
【作者】 朝雲れを さん(19)
【URL】 作者サイト

【コメント】
母の闘病生活を経て、今まであまり身近ではなかったはちみつがとても身近なものになりました。
食品の中に入っているはちみつを食べることは今まで何度もありましたが、先日初めてはちみつのみを食べたときの「ん~!!おいしい!」という驚きの気持ちやおいしかった気持ちをイラストに込めました。
ひどく甘いのかなと思ったら、深みがあったりそれでも程よい甘さがあり、初恋みたいな味だなぁと思い、その気持ちをこのイラストに込めました。
今ではすっかり野菜ジュースの中に毎日はちみつを入れて飲んでいます。
時折はちみつのみを食べる贅沢を楽しんだりしています。


entry No.234 タイトル:煌めく蜜

煌めく蜜
【作者】 鬼灯 さん(--)
【URL】 作者サイト

【コメント】
光が反射して煌めく蜂蜜が好きなので、その艶感を表現できるように意識しました。


entry No.233 タイトル:夜と蜂蜜と牛乳と

夜と蜂蜜と牛乳と
【作者】 ぺんぺん草 さん(15)

【コメント】
真夜中、不安になって眠れない時。私は蜂蜜を入れたホットミルクを飲みます。
ほんのり甘さが追加されたホットミルクは強ばった私の気持ちを解してくれます。
そのシーンをイメージして作品を描きました。
物の配置、蜂蜜や人物の目をキラキラさせるなどして、気分が落ち着きワクワクしていく気持ちを表現しようと試みました。
蜂蜜をいかに美味しそうに、甘そうに描くかもこだわりました。
見る人の心が揺さぶられるような作品に仕上がっていたら幸いです。


entry No.232 タイトル:ミツバチ3トリオ!!

ミツバチ3トリオ!!
【作者】 東 橙 さん(24)

【コメント】
ミツバチは仲間意識が強い、協力して生きているという生態を取り入れてミツバチ仲良し3人組を描いてみようと思い、この作品が出来上がりました!
ミツバチのキャラクター絵を描くこと自体も初めてだったので新鮮で楽しかったです、あとミツバチは可愛い(^▽^)


entry No.231 タイトル:幸せの時間

幸せの時間
【作者】 しらたき さん(36)

【コメント】
とろとろのハチミツをたっぷりかけたパンケーキを食べてみたくて描きました。
はちみつのキラキラした感じが出せて満足です!


entry No.230 タイトル:ミツバチ三兄弟

ミツバチ三兄弟
【作者】 青 さん(--)

【コメント】
ミツバチやハチミツがテーマでしたので、オレンジや黄色などの暖色を多めに使いました。背景はハチミツをイメージしたグラデーションを使用したのですが、色選びにすごく悩みました。
すごく楽しみながら制作することができました。


entry No.229 タイトル:ハニーワルツが聞こえてきたよ

ハニーワルツが聞こえてきたよ
【作者】 宵 白瀬 (よい しらせ) さん(--)

【コメント】
ワルツの曲にのって香りまで届けられるようなイメージをチョークアートで表現しました。ニホンミツバチの可愛らしさと蜂蜜を使ったスイーツの写実に時間をついやしました。


entry No.228 タイトル:味見!!

味見!!
【作者】 はちのすけ さん(12)

【コメント】
ハチミツのテカり具合を表すのに工夫を凝らしました。
できたてのハチミツは一番最初に蜂が味見です。


entry No.227 タイトル:ミツバチさんありがとう♪

ミツバチさんありがとう♪
【作者】 ほったりょう さん(29)
【URL】 作者サイト

【コメント】
日本産のはちみつが大好きで毎日食べています!
美味しい蜂蜜を届けてくれるミツバチさん、養蜂場の皆様に少しでも元気をお裾分けできたらと思い執筆させて頂きました。


entry No.226 タイトル:僕の好きな君

僕の好きな君
【作者】 あろと さん(16)

【コメント】
ミツバチと男の子が見つめあっているように描きました。暖かいイラストにしたかったのでミツバチをゆるく描きました。


entry No.225 タイトル:蜜の顕現

蜜の顕現
【作者】 BUZZ さん(19)

【コメント】
この作品は「蜂蜜の擬人化」をテーマにして制作しました。
蜂蜜の艶やかな琥珀色と、宝石のように美しい透明感を表現しながら、キャラクターとして実体化させられるよう意識してデザインしました。髪の毛が蜂蜜のようにとろけていたり、ピアスが滴であったり、頬や目に蜂の巣の模様が入っているなど、蜂蜜らしさを小さな部分にちりばめています。後ろに飛んでいる蜜には特にこだわり、宝石のようなキラキラ感をだせるようきらびやかに表現しました。


entry No.224 タイトル:おいしくなあれ

おいしくなあれ
【作者】 うさこ さん(26)

【コメント】
いつもトーストやヨーグルトを食べるときにつかうのでそのときのはちみつの味などを思い返しながら描きました。


entry No.223 タイトル:ふれあい

ふれあい
【作者】 くろまめ さん(18)

【コメント】
人と蜜蜂とのふれあい、関わり合いによって美味しい蜂蜜ができていることを再認識させてくれる、素敵なコンテストだと思いました。


entry No.222 タイトル:(無題)

【作者】 ミルク さん(17)

【コメント】
ハチの巣と蜂蜜の色を塗るのが苦労しました。


entry No.221 タイトル:くまとはちみつ

くまとはちみつ
【作者】 here さん(18)

【コメント】
かわいくて甘くて幸せなイメージを表現したかったので、形をまるっこくしたり配色も意識しました。


entry No.220 タイトル:ハチミツ日和

ハチミツ日和
【作者】 木村高織 さん(--)

【コメント】
──


entry No.219 タイトル:はちみつレモン

はちみつレモン
【作者】 するめ さん(21)

【コメント】
はちみつレモンの完成が待ち遠しい女の子と働きバチ達を描きました。
絵本のような世界観を表現するため、色合いや線の雰囲気にはかなり気を配りました。
はちみつレモンは疲労回復にとても良いようで、いつも頑張っている働きバチにも振舞ってあげたいなーと思いながら描きました。
疲労回復に良いだけでなくとってもおいしいので、これからの夏本番はちみつレモンにはお世話になりそうです。


entry No.218 タイトル:はちみつタイム

はちみつタイム
【作者】 ぬか さん(17)

【コメント】
はちみつはトーストで食べるのが1番好きなのでそれを絵にしました。優しい味を色で表現出来たと思います。


entry No.217 タイトル:はちみつのおすそ分け

はちみつのおすそ分け
【作者】 わかな さん(18)

【コメント】
人物の腕がうまくかけなかったので何回か書き直しました。
はちみつが美味しそうに見えるようにつやをだしました。


entry No.216 タイトル:ミツバチと妖精のおしゃべり

ミツバチと妖精のおしゃべり
【作者】 根津育代 さん(44)

【コメント】
色鉛筆と、パステルを使用しました。
色鉛筆で、色んな色を混ぜて表現したかったのですが、難しく、なかなか思うように、行きませんでした。
全体を優しい、ほんわかしたような、印象にしたかったので自分では、満足してます。


entry No.215 タイトル:いちごの花とともに

いちごの花とともに
【作者】 実久留 さん(23)
【URL】 作者サイト

【コメント】
いちご狩りに行った時に見た、花に止まった蜂を描きました。
色合いや影、光の部分を工夫しました。


entry No.214 タイトル:女王蜂と働き蜂

女王蜂と働き蜂
【作者】 もんしろ さん(19)

【コメント】
こんなに蜂をたくさん描くのは初めてだったので大変でした。どうやったらわかりやすく見える蜂になるか、そしてインパクトがでるかを考えたので苦労した点は良い感じになってるかと思います。


entry No.213 タイトル:黄金の宝石

黄金の宝石
【作者】 ∞いぬ∞ さん(--)

【コメント】
見ている人に美味しそうと思って貰えるように描きました。
上にあるケーキはレモンの蜂蜜チーズケーキです。
周りの花たちはミモザとレンゲを描きました。


entry No.212 タイトル:レンゲ畑で

レンゲ畑で
【作者】 しらたま さん(--)

【コメント】
レンゲの花畑が難しかったです。
みつばち達が青空の下で楽しそうにミツを集めているのを想像して描きました。


entry No.211 タイトル:君としあわせの時

君としあわせの時
【作者】 フユクサ さん(25)

【コメント】
蜂蜜の琥珀のような美しいツヤを表現するのが大変でした。
蜂蜜たっぷりのパンケーキを前に無邪気にはしゃぐ二人。おそらく食べきれないのでこの後仲間達にもお裾分けするのでしょう。


entry No.210 タイトル:(無題)

【作者】 たんぽぽ さん(--)

【コメント】
女王蜂が私の中で大人っぽいけど可愛らしいイメージだったので、それをうまい具合に表現するのが難しかったです。
また、手元に垂れている蜂蜜を艶やかに塗り上げるのが楽しかったです。


entry No.209 タイトル:今日のおやつ

今日のおやつ
【作者】 あくみ さん(19)

【コメント】
スイーツをいかに美味しそうに描くか、色々考えながら作業しました。


entry No.208 タイトル:ミツバチみっちゃんお仕事中!

ミツバチみっちゃんお仕事中!
【作者】 山下 由衣 さん(35)

【コメント】
楽しく描いたので、苦労は一つもないです!はちみつは一日に一度はヨーグルトにかけたりコーヒーに入れたりとお世話になってます!そんなはちみつのいいイメージをそのまま表現しました!


entry No.207 タイトル:ミツバチとパンケーキ

ミツバチとパンケーキ
【作者】 野澤歩夢 さん(20)

【コメント】
ミツバチと言ったらハチミツ、ハチミツと言ったらパンケーキという風にキーワード
を関連させてイラストを作成しました。幾何形体などを利用しながらシンプルでかわいらしく表現しました。真ん中のミツバチの羽がハート型になっているのです。です。


entry No.206 タイトル:はちちゃん

はちちゃん
【作者】 あああ さん(19)

【コメント】
お腹すきました。


entry No.205 タイトル:一生分のいっぱい

一生分のいっぱい
【作者】 ヤマザクラ さん(27)

【コメント】
ミツバチが一生のうちに集められる蜜の量は、約ティースプーン1杯分と言われています。
蜂蜜の瓶には、そんなミツバチ達の一生分がいっぱい集まっていてスプーンですくったその一杯は、とても輝いているようにも見えました。
蜂蜜のリアルさと、蜂蜜が輝いて見えるような感じを出すのに苦労しましたが上手く表現することができて良かったです。
一生をかけて集めてきてくれたミツバチ達に感謝です。


entry No.204 タイトル:ミツバチのピクニック

ミツバチのピクニック
【作者】 菅原遥 さん(10)

【コメント】
とても楽しく描けました。
蜂をどうやって可愛いく描くか、少し悩みました。
蜂蜜の鮮やかな色を出すのに苦労しました。


entry No.203 タイトル:皆のお宅に配達致します

皆のお宅に配達致します
【作者】 愁樹 さん(46)

【コメント】
背景の花を何にしようか悩みましたし、配達する子にコスプレさせても大丈夫かなっと不安でしたが描いてて楽しかったので思ったまま描かせて頂きました。
配達と言えば【カブ】だと思いましたので、カブを描きました…
大変だったのはカブを描く事だったかもしれません。


entry No.202 タイトル:スイートダンス

スイートダンス
【作者】 増田木綿子 さん(53)

【コメント】
みつばちが飛ぶのを、ダンスする姿に表しました。


entry No.201 タイトル:世界1おいしい蜂蜜を製造中

世界1おいしい蜂蜜を製造中
【作者】 池田希実子 さん(--)
【URL】 作者サイト

【コメント】
クマたちは蜂蜜が大好き!
もちろん、そんなクマたちだからこそ、世界1おいしい蜂蜜の味が分かるはず!!
今回、そんなクマたちが自らミツバチになりきって、世界1おいしい蜂蜜を製造している場面を描きました。


entry No.200 タイトル:おいしいはちみつ

おいしいはちみつ
【作者】 サキナ さん(--)

【コメント】
暖かい雰囲気が出せるように色使いやタッチを工夫しました。
みつばちがそれぞれ形が違う容器にはちみつを沢山入れて運んできてくれて、そのはちみつをかけたパンケーキを食べて美味しすぎてほっぺが落ちちゃう!と幸せそうな表情が伝われば良いなと思います。


entry No.199 タイトル:晴れの日

晴れの日
【作者】 akiyam さん(34)

【コメント】
カラフルにすることで生命力溢れるハチを表現しました。


entry No.198 タイトル:あともう少し、さあがんばって!

あともう少し、さあがんばって!
【作者】 朱鈴 さん(27)
【URL】 作者サイト

【コメント】
みつばちの王子さまは、いつもおいしい蜜をくれるお花の国のお姫さまが大好き。
今日は優しいお姫さまに好きの気持ちを伝えようと張り切って準備をしてきました。でも恥ずかしがり屋の王子さまは、お姫さまを前にするともじもじしてしまってなかなか言い出せません。陰で見守る仲間たちもはらはらドキドキです。はたして王子さまは無事思いを伝えることができるのでしょうか……!?
大人も子供も楽しめるようなメルヘンチックでかわいらしい雰囲気と、蜂蜜を思わせる暖色系の色使いを意識しました。イラストを見たときにみつばちたちと同じ目線になる構図にしていますので、皆様もみつばちになったつもりで王子さまを応援してあげてください!


entry No.197 タイトル:Magic Honey

Magic Honey
【作者】 iroCalligraphy さん(30)
【URL】 作者サイト

【コメント】
「はちみつで美味しさがプラスされる」をテーマに、紅茶にこっそりと美味しくなる魔法(はちみつ)を注ぎにくるミツバチを描きました。


entry No.196 タイトル:ミツバチさんのホッと一息

ミツバチさんのホッと一息
【作者】 キディーズおかやま 清水楓花 さん(11)
【URL】 キディーズおかやま

【コメント】
いそがしいミツバチでもたまにはおいしいハチミツを食べて、ホッとひと休けいしていいんじゃないかと思い、描きました。
ハチミツのつやを表現するのがむずかしかったです。


entry No.195 タイトル:はちとちょう、花のようせいの会話

はちとちょう、花のようせいの会話
【作者】 キディーズおかやま 藤本実優 さん(11)
【URL】 キディーズおかやま

【コメント】
はちとちょう、花のようせいの会話のシーンを描いた絵で、それぞれのとくちょうを工夫しました。1人1人、ちがう色を使いました。


entry No.194 タイトル:はちみつの完成するまで

はちみつの完成するまで
【作者】 キディーズおかやま 中島 花奏 さん(11)
【URL】 キディーズおかやま

【コメント】
はちみつが完成するまでをかわいく描きました。
工夫したところは、みんなが楽しく見れるようにいろいろな色を使ってカラフルにしました。
はちみつが好きなのはくまだと思うのでくまをキラキラな目で早く食べたいような顔にしました。
みんなが私の絵を見てはちみつが好きになるとうれしいです。


entry No.193 タイトル:はちみつくまさん

はちみつくまさん
【作者】 HAL さん(38)

【コメント】
とにかく可愛い!を目指して書いてみました。
甘いはちみつにくまさんもメロメロです。


entry No.192 タイトル:(無題)

【作者】 まあにょんにゃん さん(--)

【コメント】
みつばちさんを可愛く表現できればと頑張りました。


entry No.191 タイトル:はちみつ帝国

はちみつ帝国
【作者】 襟 さん(--)

【コメント】
遊び心全開にして描きました。
温かみのある色合いを意識し、少し古風な感じにしました。
1匹ずつ表情が微妙に違うところも注目です。


entry No.190 タイトル:蜜蜂と春

蜜蜂と春
【作者】 野口優菜 さん(16)

【コメント】
蜜蜂が主役になるように、蜜蜂を中心に蜂蜜の元となる花を描きました。
また、蜜蜂と花が美しく見えるよう青空を描き蜜蜂が飛び回る様子を表現しました。


entry No.189 タイトル:蜂蜜珈琲

蜂蜜珈琲
【作者】 相助 さん(37)

【コメント】
子どもたちと意見を出し合って描きました。
とても有意義な時間になり楽しかったです♪


entry No.188 タイトル:go-go!ミツバチ君!

go-go!ミツバチ君!
【作者】 Miyabee さん(22)

【コメント】
とても楽しく制作出来ました。
しかし、ミツバチをいかに可愛く、愛されやすくなるようなイラストにするかが、とても大変でやりがいがありました。


entry No.187 タイトル:ハニーウィッチ

ハニーウィッチ
【作者】 匿名てゃん さん(--)

【コメント】
新潟県新潟市東区にある地域活動支援センター「アートキャンプてらす」の利用者さんの作品です。


entry No.186 タイトル:みつばちとチューリップ

みつばちとチューリップ
【作者】 木村 匠 さん(--)

【コメント】
新潟県新潟市東区にある地域活動支援センター「アートキャンプてらす」の利用者さんの作品です。


entry No.185 タイトル:どの花の蜜をとろうかな?

どの花の蜜をとろうかな?
【作者】 二ツ森知佳子 さん(25)

【コメント】
蜂蜜は色んな種類があるけれど「どんなお花」なのか想像することがないので今回絵に起こしてみました。


entry No.184 タイトル:はちみつのプレゼント

はちみつのプレゼント
【作者】 とろロト さん(22)

【コメント】
大事に作ったはちみつをプレゼントしてくれる様子を描きました。 ハチの擬人化を考えるのが楽しかったです。


entry No.183 タイトル:愛情を込めて

愛情を込めて
【作者】 本郷初凪 さん(18)

【コメント】
ミツバチを可愛く描いたり、それにあたり観察をして見たところミツバチってこんなに可愛いんだと気づいたりすることがありました。
ハチミツを作ってくれているハチや人たちには感謝の気持ちを忘れてはいけないと思いました。


entry No.182 タイトル:Honey Bee

Honey Bee
【作者】 小島芙優 さん(19)
【URL】 作者サイト

【コメント】
ビンテージポスター風にしました。
蜂蜜の甘く奥深い味がつたわるといいなとおもいます。
また、蜂はデフォルメしつつもなるべくリアリティーが出るように描きました。


entry No.181 タイトル:共働

共働
【作者】 はるお さん(23)

【コメント】
私は元々虫、特に二ホンミツバチが好きです。社会性のある習性や天敵への立ち向かい方に子供の頃から憧れに近い気持ちがありました。
美味しいハチミツを提供してくれているミツバチ達と養蜂場の方々にはこれからも一緒に元気に頑張って欲しいので人のキャラクターと蜂を一緒に描きました。
社会人になったばかりで最近は絵を描く時間もあまりなかったので久しぶりにとても楽しい時間を過ごせました。
今度時間ができたら美味しいハチミツのいただき方を色々試してみようと思います!


entry No.180 タイトル:ミツバチの羽ばたき

ミツバチの羽ばたき
【作者】 青柳花菜 さん(16)

【コメント】
ハチミツの色合いをイメージした背景やお花の配置にこだわりました。
ミツバチはあえて白をベースにして目立つようにしました。
ハチミツの美味しさ、ミツバチの可愛さをイメージし、全体的に明るく可愛らしい印象を目指しました。


entry No.179 タイトル:なかよしみつばち

なかよしみつばち
【作者】 結城にと さん(23)
【URL】 作者サイト

【コメント】
水彩のにじみ、色鉛筆の温かみを出すことでより親しみやすいように工夫しました。


entry No.178 タイトル:お城のみつばち

お城のみつばち
【作者】 堀なつ さん(19)
【URL】 作者サイト
     作者サイト2

【コメント】
みつばちをモチーフにしたステンドグラスを作り、お城の中に飾ってみました。
illustratorとPhotoshopでステンドグラスを作り、CLIP STUDIOで背景を作るという手順で作業しましたが、ステンドグラスの光を表現するのが大変でした。
蜜蜂は生き物の中でも特に色や造形が好きなので、蜜蜂をモチーフにしたイラストを描くことができて楽しかったです。
ありがとうございました。


entry No.177 タイトル:ライバル

ライバル
【作者】 ひぐちゃん さん(--)

【コメント】
スズメバチとミツバチが戦っている場面を描きました。


entry No.176 タイトル:Honey

Honey
【作者】 ミナミ さん(19)

【コメント】
蜂蜜しか勝たん


entry No.175 タイトル:みつばちハニーランド

みつばちハニーランド
【作者】 ゆっちゃん さん(17)

【コメント】
みつばちの楽しそうな表情や、動きを絵に表すことが難しかったです。
また、はちみつの色を塗るのがとても大変でした。


entry No.174 タイトル:花さんありがとう

花さんありがとう
【作者】 よーよー さん(54)

【コメント】
蜜蜂を細かく観察して、描いてみました。蜜蜂も、美味しい蜜を見つけて幸せそうですよね。


entry No.173 タイトル:ティーパーティー

ティーパーティー
【作者】 丸メガネ さん(19)

【コメント】
ミツバチたちが蜂蜜でつくられたお菓子を作り人型になった女王蜂が配膳してくれる。お土産には蜂蜜入りのクッキー。
女王蜂を可愛くも美しくミツバチたちを可愛らしく描けるよう頑張りました。


entry No.172 タイトル:はちみつを探して

はちみつを探して
【作者】 根本鈴子 さん(26)

【コメント】
美味しいはちみつを探していたところ、実際に食べてみたら美味しくて思わず笑顔になってしまった蜂さんを描きました。
私自身、美味しいはちみつを食べると笑顔になってしまうので、その笑顔が伝わればいいなと思いながら描きました。


entry No.171 タイトル:蜂蜜採取

蜂蜜採取
【作者】 スエヒロ さん(17)

【コメント】
コスモスを描いたのですが、意外とバランスがとりづらくて難しかったです。
蜂蜜の光沢感がなかなか出せなかったので、どうしようか迷いました。


entry No.170 タイトル:Honey

Honey
【作者】 なつ さん(--)

【コメント】
色合いと字体に注意して描きました。


entry No.169 タイトル:あま〜いミツ

あま~いミツ
【作者】 ゴン さん(19)

【コメント】
はちみつのたっぷりあま〜い感じを出したかったので、全面的にはちみつを描きました。
赤ちゃん蜂を入れたり、まるい可愛らしいデザインにしました。


entry No.168 タイトル:蜜をいっぱい運ぶミツバチ

蜜をいっぱい運ぶミツバチ
【作者】 北川博雅 さん(2)

【コメント】
絵の具が楽しかった。


entry No.167 タイトル:お花畑を飛ぶミツバチ

お花畑を飛ぶミツバチ
【作者】 北川莉帆 さん(4)

【コメント】
手をスタンプにして、お花を表現してみました。


entry No.166 タイトル:みつばちの休息

みつばちの休息
【作者】 ゆべし さん(33)

【コメント】
大きくなってからみつばちを描いた記憶が無くて、どうしたらはちに見え、なおかつ可愛いはちになるのか頭を悩ませました。
見た人の心が温まるイラストになっていればと思います。


entry No.165 タイトル:甘い雫

甘い雫
【作者】 ちょだね さん(12)

【コメント】
一匹の蜜蜂と一輪の蓮華に注目して描きました。
蓮華から垂れている蜂蜜は、蜜蜂さんは小さいから、ほんの一滴でも集めるのに苦労するんだろうな、と思い、感謝の気持ちを込めて、綺麗に見えるように表しました。
私は、あまり蜂蜜のことを調べたことがなかったのですが、いつも食べている蜂蜜は、たくさんの蜜蜂さんと養蜂場の人たちがいるから、こんなにおいしいんだと知りました。本当に感謝です。


entry No.164 タイトル:甘いひと時

甘いひと時
【作者】 夜月さく。 さん(20)

【コメント】
ミツバチ→はちみつ→甘い→恋人関係と連想ができたので、カフェでパンケーキを食べているところを描きました。
机や椅子などを描くのが大変でした。


entry No.163 タイトル:働きバチ

働きバチ
【作者】 ハザマド さん(18)

【コメント】
柔らかい色使いを心がけました。


entry No.162 タイトル:Honeybee Honey

Honeybee Honey
【作者】 hiyori さん(26)
【URL】 作者サイト

【コメント】
ミツバチってよく見るとふわふわしていて手触りが良さそうなんですよね。
小柄でもこもこでまるっとしたミツバチを表現できるように描きました。
デザインにおいて擬人化というものは扱いが難しいものではありますが、挑戦してみました。


entry No.161 タイトル:Gentle bee

Gentle bee
【作者】 なぐしゅう さん(--)

【コメント】
蜜蜂が私達にどのような影響をもたらしてくれるのか、考えながら描きました。


entry No.160 タイトル:パーティーの準備

パーティーの準備
【作者】 ウミイロ さん(25)
【URL】 作者サイト

【コメント】
ホットケーキとミツバチをテーマに、絵本のようなあたたかい雰囲気が出したいなと思い描きました!
みなさまの頭の中に物語が浮かぶようなイラストになっていれば嬉しいです!


entry No.159 タイトル:アカシアはちみつ

アカシアはちみつ
【作者】 甘楽ミケ さん(--)
【URL】 作者サイト

【コメント】
蜂蜜を運ぶミツバチの女の子とニセアカシアの花を描きました。
蜂蜜の中で一番最初に思い浮かんだのがアカシア蜂蜜だったのですが、どんな花なのかを知らなかったので、調べるところから始めて勉強になりました。


entry No.158 タイトル:さあ、召し上がれ

さあ、召し上がれ
【作者】 アークス さん(27)

【コメント】
女の子と一緒に準備をするハチを描きました


entry No.157 タイトル:Honey crystal

Honey crystal
【作者】 ルイベ さん(26)
【URL】 作者サイト

【コメント】
結晶化したハチミツもシャリシャリした食感が好きな事からハチミツの結晶と一緒にミツバチの女の子を描かせて頂きました。
結晶の輝きをどう表現しようか迷いながらも楽しんで制作しました。


entry No.156 タイトル:ミツバチのカプセルホテル

ミツバチのカプセルホテル
【作者】 ぷぅ さん(17)

【コメント】
はちみつに輝きと透明感を出すためにたくさんの気泡を散りばめました。
可愛い絵にしたかったので絵本調に仕上げました。
はちみつは大好きですが、虫が苦手なのでミツバチの写真や実物のはちみつを見ながらの作業は大変でした。
花粉を運ぶ様子は可愛かったです。


entry No.155 タイトル:wanna bee

wanna bee
【作者】 leaf さん(22)

【コメント】
蜂の巣を女の人に、出会った周りの人をミツバチ、その人たちの個性を蜂蜜で表現しました。
出会ってきた色んな人の個性や価値観、「やこうなりたい!」という思いが少しずつ私の中に蓄積されて、今の私がいるという意味を込めています。


entry No.154 タイトル:今日のおやつはパンケーキがいいな

今日のおやつはパンケーキがいいな
【作者】 れっどぶる さん(18)

【コメント】
はちみつが大好きな女の子をかきました。


entry No.153 タイトル:親子の空間

親子の空間
【作者】 sakake さん(18)

【コメント】
ミツバチの親子だけの空間をどう表現するかを考えた時に、全く違う絵のタッチのものを一緒にしたら良いのではいかと思いました。
そこで、ハチというだけで怖がられてしまっているミツバチは本当は怖いハチではないという事を表現するためにミツバチの親子の絵のタッチを暖かい雰囲気が出るようにしました。


entry No.152 タイトル:はちみつパンケーキおまち!

はちみつパンケーキおまち!
【作者】 さくぴ さん(18)

【コメント】
はちみつをたべたら元気になる感じを出しました。


entry No.151 タイトル:はちみつパーティー

はちみつパーティー
【作者】 もちもち さん(19)

【コメント】
はちみつを食べることを楽しみにしている場面を描きたかったのでくま達の表情を豊かにしました。
はちみつを目立たせたかったので、明りをスポットライトのようにし、はちみつのとろみや透明感を出したかったので試行錯 誤しました。


entry No.150 タイトル:ハチミツぺろり

ハチミツぺろり
【作者】 サイトウ さん(25)

【コメント】
ハチミツは食パンやヨーグルトにかけてよく食べますが、いつもつい味見をしてしまうのでその様子を絵にしました。
背景のアカシア花はハチミツと合うよう暖かい色合いに。


entry No.149 タイトル:甘い香りに誘われて

甘い香りに誘われて
【作者】 神風ぽっきー さん(25)

【コメント】
ニセアカシアの誘惑に誘われてやって来たミツバチ達が、甘い香りのはちみつに夢中になっている様子をナチュラルに表現しました。
ミツバチのもふもふ感とニセアカシアの可憐さに力を入れました。


entry No.148 タイトル:蜜をくれてありがとう、蕎麦の花

蜜をくれてありがとう、蕎麦の花
【作者】 からすうり さん(26)

【コメント】
蕎麦の花の蜂蜜を食べたことがないので、食べてみたいなと思いつつ描きました。
蕎麦の花の写真を参考にしながら描いたのですが、花って面白い形をしていて、描くのが難しいけれども楽しいということを認識しました。


entry No.147 タイトル:はちさんの贈り物

はちさんの贈り物
【作者】 山本 さん(19)

【コメント】
はちさん2匹が女の子に美味しい蜂蜜をプレゼントするというコンセプトで描きました。蜂蜜の甘くて美味しい所とミツバチの可愛らしい魅力が伝わるように色を沢山使い水彩絵の具で表現しました。
花とミツバチの毛並み、蜂蜜の黄色とオレンジのコントラスト、イラスト全体の暖かさにこだわりました。


entry No.146 タイトル:BEE CROSSING!

BEE CROSSING!
【作者】 前澤龍之介 さん(20)

【コメント】
はちみつの「おいしそう感」や熊の質感には特に気を配りました。そのため多くの画像を参考に、時間をかけて、この作品を仕上げる訳になりました。
このコンテストで自身のイラスト力に新たな可能性を見出すことが出来ました。
とても楽しく描かせていただきました。このコンテストを開催いただき、誠にありがとうございます。


entry No.145 タイトル:honey honey morning☀️

honey honey morning☀️
【作者】 森重貴郁 さん(17)

【コメント】
はちみつがとても好きで、小さい頃からほぼ毎朝はちみつトーストを食べています。それを絵に収めようと思い描かせていただきました。
朝の陽の光でキラキラ輝くはちみつをイメージして描きました。
また、はちみつらしい黄色やオレンジをアクセントにしながら色を考えるのが難しかったです。


entry No.144 タイトル:花の上で少し休憩

花の上で少し休憩
【作者】 K さん(15)

【コメント】
背景を描くのが難しかったです。


entry No.143 タイトル:蜜運びのお仕事

蜜運びのお仕事
【作者】 タンポポアイス さん(18)

【コメント】
ミツバチの可愛さをみんなに知ってもらいたいという気持ちで可愛らしくリアルさも求めて描きました。一番の主役なので心を込めて細部まで描き込んでいます。是非見て下さい。


entry No.142 タイトル:自然の中のパンケーキ

自然の中のパンケーキ
【作者】 あんこ さん(18)

【コメント】
蜂蜜の甘さや蜂蜜のきらきらした感じを表現するのを頑張りました。また、人と蜂たちが仲良くしているシーンを自分なりに可愛く描けたと思うので良かったです。


entry No.141 タイトル:ミツバチの生活をのぞいたら

ミツバチの生活をのぞいたら
【作者】 小島享子 さん(18)

【コメント】
虫が苦手なので自分が作品の中のミツバチを好きになれるように可愛く描くようにしました。


entry No.140 タイトル:ミツバチの母

ミツバチの母
【作者】 metz さん(18)

【コメント】
ミツバチを擬人化させ、服に花粉を付けてみました。


entry No.139 タイトル:蜂蜜の木

蜂蜜の木
【作者】 深見光輝 さん(18)

【コメント】
私は蜂蜜が好きで蜂蜜の木の実があればな前から思っていたのでこの絵にその気持ちを込めました。
木と蜂を違和感なく一緒にするのは少し苦労したのでぜひ見て欲しいです。


entry No.138 タイトル:花の上のみつばち

花の上のみつばち
【作者】 いっきゅう さん(48)

【コメント】
花にとまっているみつばちが笑っているように見えたので絵にしてみました。


entry No.137 タイトル:不思議な冒険

不思議な冒険
【作者】 ぱんどあ さん(19)

【コメント】
ミツバチがミツを得るために花へ移動している姿が冒険のように感じたので女の子とミツバチがハチミツを求めて冒険する姿を描きました。


entry No.136 タイトル:Let's have a honey party!

Let's have a honey party!
【作者】 檸檬 さん(22)
【URL】 作者サイト

【コメント】
絵本や童話のような雰囲気をテーマに、楽しそうなイラストを描きました!


entry No.135 タイトル:甘〜い蜂蜜の乗ったパンケーキはいかが?

甘い蜂蜜の乗ったパンケーキはいかが?
【作者】 ゆと丸 さん(17)

【コメント】
蜂蜜を描いたところが1番苦労しました。
蜂蜜の綺麗な色味と光の入れ方に、どうすれば蜂蜜らしさが出るのかと何度も描き直していました。


entry No.134 タイトル:Do you like honey?

Do you like honey?
【作者】 山下 汐音 さん(18)
【URL】 KCS福岡情報専門学校

【コメント】
パッケージや瓶のラベルなどに使いやすいよう、やわらかい色合いとやさしさを感じるデザインを意識して制作しました。


entry No.133 タイトル:Happy Honey

Happy Honey
【作者】 福山 そよか さん(18)
【URL】 KCS福岡情報専門学校

【コメント】
背景・ハチ・看板・かごなどどれも1つ1つ丁寧に仕上げ、かわいさとリアルさ、色合いなど多くのものを融合させて統一させた作品となり巻いた。


entry No.132 タイトル:ハチミツのビン

ハチミツのビン
【作者】 森 宗士 さん(18)
【URL】 KCS福岡情報専門学校

【コメント】
シンプルな瓶詰めのハチミツとアクセントを加えて、奥深さを表しました。


entry No.131 タイトル:ハニービーちゃん

ハニービーちゃん
【作者】 村上 賢太 さん(18)
【URL】 KCS福岡情報専門学校

【コメント】
ハチと甘いをかけて、かわいい擬人化のキャラクターを制作しました。


entry No.130 タイトル:白い花と蜂

白い花と蜂
【作者】 中上 悠大 さん(18)
【URL】 KCS福岡情報専門学校

【コメント】
白い花と蜂というシンプルな構図を背景のぼかしなどを使って、より奥深い作品に仕上げました。


entry No.129 タイトル:ハチたちのくらし

ハチたちのくらし
【作者】 河口 将輝 さん(18)
【URL】 KCS福岡情報専門学校

【コメント】
粗い画材での作画をデジタルツールで表現しながら、かわいさと粗さの両方を意識しました。


entry No.128 タイトル:Welcome to HoneyWorld!

Welcome to HoneyWorld!
【作者】 半田 菜々子 さん(21)
【URL】 KCS福岡情報専門学校

【コメント】
やわらかい雰囲気としっかりとした色使い、世界観の両立を意識して全体的にやんわりとした作品制作を心がけました。


entry No.127 タイトル:花と蜂

花と蜂
【作者】 佐渡島 葵 さん(19)
【URL】 KCS福岡情報専門学校

【コメント】
シンプルに花と蜂を描こうと思い、なによりもリアルさ(毛、足、羽)を意識して制作しました。


entry No.126 タイトル:ハチたちの世界

ハチたちの世界
【作者】 加来 美里 さん(18)
【URL】 KCS福岡情報専門学校

【コメント】
デジタルイラストで陰影やハイライトに気を付けながら、かわいさとリアルさの両立を目指しました。


entry No.125 タイトル:ハチのお仕事

ハチのお仕事
【作者】 松野 隼ノ助 さん(18)
【URL】 KCS福岡情報専門学校

【コメント】
リアルなハチとかわいいハチの両方を書込み、頑張ってお仕事している雰囲気を表現しました。


entry No.124 タイトル:ハチLAND

ハチLAND
【作者】 松尾 真太 さん(18)
【URL】 KCS福岡情報専門学校

【コメント】
色鉛筆でより立体的かつかわいい雰囲気を表現しました。


entry No.123 タイトル:愉快なハチたちからのプレゼント

愉快なハチたちからのプレゼント
【作者】 吉見 美咲 さん(18)
【URL】 KCS福岡情報専門学校

【コメント】
楽しげなハチを表現できるよう、陰影やハイライト、太陽の光や背景など様々なところに気を付けて制作しました。


entry No.122 タイトル:ハチとアサヒと

ハチとアサヒと
【作者】 久保 雄大 さん(18)
【URL】 KCS福岡情報専門学校

【コメント】
色鉛筆でハチ・花・朝日を鮮明に表現できるよう工夫しました。


entry No.121 タイトル:リフレッシュ~はちみつ風呂にて~

リフレッシュ~はちみつ風呂にて~
【作者】 井上 凜生 さん(18)
【URL】 KCS福岡情報専門学校

【コメント】
ハチミツの透明感とはちみつのお風呂に入る!というアイデアを大事に制作しました。


entry No.120 タイトル:蜂世界

蜂世界
【作者】 ニシグチナツミ さん(37)

【コメント】
蜂蜜の味と効能とトロッとした見た目が大好きです。
喉が痛いときにとても助けられています。
苦労したところは、ミリペンでひたすら描き手が痛くなったところです。
大好きな蜂蜜のパッケージに使っていただけたら幸せです。


entry No.119 タイトル:働くハチ

働くハチ
【作者】 渥美 塁翔 さん(18)
【URL】 KCS福岡情報専門学校

【コメント】
透明感とリアルさを追求して描きました。


entry No.118 タイトル:はちみつラベル

はちみつラベル
【作者】 佐藤 さくら さん(18)
【URL】 KCS福岡情報専門学校

【コメント】
シンプルかつかわいい雰囲気を意識して制作しました。


entry No.117 タイトル:蜂と蜜の都

蜂と蜜の都
【作者】 溝上 竜彗 さん(20)
【URL】 KCS福岡情報専門学校

【コメント】
背景をしっかりと書き込む部分や花・ハチを含めた看板を鮮明に描く点に苦労しました。


entry No.116 タイトル:ハニカムの蜂

ハニカムの蜂
【作者】 保坂 淳也 さん(23)
【URL】 KCS福岡情報専門学校

【コメント】
1つずつ六角形を形作る点に苦労しました。


entry No.115 タイトル:HoneyBee

HoneyBee
【作者】 平野 健太 さん(20)
【URL】 KCS福岡情報専門学校

【コメント】
ハチと文字、背景の雰囲気に統一感が出るよう、ポップな感じを意識して制作しました。


entry No.114 タイトル:ハチの蜜集め

ハチの蜜集め
【作者】 平川 亘晟 さん(18)
【URL】 KCS福岡情報専門学校

【コメント】
初めてデジタルツールでの制作を行い、背景の花柄からハチの巣まで細かく制作していくことに気を付けました。


entry No.113 タイトル:蜜を運ぶハチ

蜜を運ぶハチ
【作者】 中村 翔天 さん(20)
【URL】 KCS福岡情報専門学校

【コメント】
草花を色鉛筆でしっかりと浮きだたせる点に苦労しました。


entry No.112 タイトル:ハチとハチミツと壺

ハチとハチミツと壺
【作者】 小西 賢太郎 さん(18)
【URL】 KCS福岡情報専門学校

【コメント】
ハチミツの光り方や壺の立体感を表現する点に苦労しました。


entry No.111 タイトル:はちみつ満喜!!

はちみつ満喜!!
【作者】 だいこん さん(17)

【コメント】
フリー素材やイラストアプリフィルターなどをかけあわせ作りました。


entry No.110 タイトル:ミツバチBOY

ミツバチBOY
【作者】 bear0802 さん(18)

【コメント】
久しぶりに描いたので、時間がかかってしまった。
牧場の花から蜜を集めて楽しそうにしているミツバチBOY
みんなで協力して頑張っている様子を描きました


entry No.109 タイトル:みつばちと花畑

みつばちと花畑
【作者】 眞 さん(--)

【コメント】
みつばちを愛嬌ある表情に仕上げるのに試行錯誤しました。


entry No.108 タイトル:ミツバチと青い空

ミツバチと青い空
【作者】 おんおみお さん(31)
【URL】 作者サイト

【コメント】
第7回ミツバチイラストコンテストにて応募させていただいたイラストに登場するミツバチを、再登場させました。
パッケージなどに使いやすいようにデザインしてみました。


entry No.107 タイトル:協力して運搬中

協力して運搬中
【作者】 涼木 さん(28)

【コメント】
みんなで食べるホットケーキを運搬中に一匹のミツバチが我慢できずにハチミツをかけ始めてしまうというシーンを描いてみました。


entry No.106 タイトル:働きバチ

働きバチ
【作者】 z蜻@亮平 さん(40)

【コメント】
僕も、20代30代は働きバチたちのように良く働いたものだ。
障害を持っているけど僕には絵を書くことが出来た。楽しく書かせて頂きました。


entry No.105 タイトル:独り占め……?

独り占め……?
【作者】 かーでぃなる さん(20)

【コメント】
ミツバチさんが集めてきたはちみつを女王蜂さんが、私の部下が集めてきてくれたと自慢するようにはちみつをペロり。
はちみつを連想する黄色やオレンジが基調になる様に制作しました。


entry No.104 タイトル:Tinker Bee

Tinker Bee
【作者】 エルボ さん(36)

【コメント】
妖精の国のカフェ。どんなに疲れていても、どんなにへこんでも、青空の下でハチミツをたっぷりかけたパンケーキを食べれば笑顔になれる。 それを伝えたくて描きました。


entry No.103 タイトル:cute honey

cute honey
【作者】 ともち さん(16)

【コメント】
目の色をはちみつのようなきらきらにするために試行錯誤しました❗
可愛いハチさんがかけたと思います


entry No.102 タイトル:アカシアの香りに誘われて

アカシアの香りに誘われて
【作者】 るびあな さん(22)
【URL】 作者サイト

【コメント】
3匹のミツバチ達が、アカシアの香りにつられてやってきた。「このお花でハチミツを作ったら、きっと美味しいよね」 そんな会話が聞こえるような、明るくて楽しいイラストにしました。


entry No.101 タイトル:蜜蜂の教会

蜜蜂の教会
【作者】 ユナ さん(19)

【コメント】
ニセアカシアの木と花粉団子をつけた蜜蜂をステンドグラス風に書きました。
蜂蜜の煌めきはステンドグラスより美しいと思います。


entry No.100 タイトル:光を浴びて

光を浴びて
【作者】 雨女2号 さん(38)

【コメント】
光を浴びている蜂と、その影が花に映り込んでいる様子がいいなと思って色鉛筆で描きました。
今回、撮った写真を見ながら描いたのですが、ん?脚はどうなってるんだろう?と、よく分からず、蜂の体の構造なども改めて知るきっかけになりました。知れば知るほど、蜂、すごい…!と。
はちみつはまさに命を削ったもの、あの琥珀色の液体がとても貴重に感じられました。


entry No.099 タイトル:バチバチハチタチ~命がけの戦い~

バチバチハチタチ~命がけの戦い~
【作者】 まうすが さん(25)
【URL】 作者サイト

【コメント】
二ホンミツバチは巣を襲いに来る天敵のスズメバチに集団で立ち向かうと知り、その様子を描きました。
とにかくミツバチをいっぱい書いたので、それぞれが個性を持つというか、同じようなやつが居ないように心がけました。


entry No.098 タイトル:てきぱきみつばち

てきぱきみつばち
【作者】 成木 さん(24)

【コメント】
子どもの頃から苦手だった蜂蜜の美味しさに最近ようやく気付きました。美味しい蜂蜜を作ってくれる蜜蜂さんありがとう。テキパキとお仕事をするスピード感を表現しました。


entry No.097 タイトル:はちみつ

はちみつ
【作者】 seiko さん(33)
【URL】 作者サイト

【コメント】
はちみつを口に入れた時の、華やかな香りや甘くてしあわせな気持ちを描きました。


entry No.096 タイトル:ひだまり

ひだまり
【作者】 もん さん(21)

【コメント】
閃くまでに苦労しました。猫がお気に入りです。


entry No.095 タイトル:(無題)

【作者】 狛 さん(--)

【コメント】
はたらきバチはみんなメスと聞いたので、働く女性ということでOLをイメージして描きました。ハチをどうOLに落とし込むかをたくさん悩みました。


entry No.094 タイトル:蜂と姫

蜂と姫
【作者】 a. さん(25)
【URL】 作者サイト

【コメント】
イメージは蜂達と蜂世界の姫2人が、楽しく遊んでいるPOPなイメージです。
甘い蜂蜜ととラベンダー色で花を描き少し爽やかさを取り入れました。


entry No.093 タイトル:小さな小さな魔法使いたち

小さな小さな魔法使いたち
【作者】 なまけねこ さん(--)

【コメント】
いろんな食べ物に美味しさという魔法をかけてくれるはちみつが大好きです。


entry No.092 タイトル:bee on the movie

bee on the movie
【作者】 山田愛子 さん(--)

【コメント】
失意の中の一コマ


entry No.091 タイトル:みつばち

みつばち
【作者】 あやの さん(18)

【コメント】
可愛く、丸く、ふわふわに見えるよう描きました。優しい色合いで塗ってみました。


entry No.090 タイトル:1匹の蜂

1匹の蜂
【作者】 ジュン さん(17)

【コメント】
ボールペン一本で毛並みや自然の中でも生きる蜂の力強さを強弱をつけて描きました。


entry No.089 タイトル:恋

恋
【作者】 上田成美 さん(27)

【コメント】
恋をイメージして描きました。
花からハチミツがでていて、ハートの形になるように工夫しました。
ハチミツを表現するのが難しかったです。


entry No.088 タイトル:(無題)

【作者】 kii さん(29)

【コメント】
普段みんなのためにせっせと働くミツハチもたまにはゆっくり過ごしてほしい。そんな想いで描きました。
もし森の中に「蜂蜜風呂」があったら、きっと宝石のようにキラキラ綺麗で、ミツバチたちの憩いの場になると思います。


entry No.087 タイトル:みつばちさん、こっちをむいて!

みつばちさん、こっちをむいて!
【作者】 ナツノマエコ さん(29)
【URL】 作者サイト

【コメント】
子育て中のママとして子どもの仕草にみつばちを重ねてみました。ぷりっとしたフォルムがたまりません。
色数をおさえ、優しい雰囲気にまとめました。1つ1つ背景の六角形を描くことに苦労しました。


entry No.086 タイトル:いのちめぐる丘

いのちめぐる丘
【作者】 ぎゅう さん(30)

【コメント】
ハチミツをとおして命をテーマに描きました。
蜂、植物、日の光、人間、そこに生きる全ての生き物のおかげでハチミツがあり、一つでも欠けてはいけないという思いを込めました。


entry No.085 タイトル:Bee family

Bee family
【作者】 ぱん乃 さん(--)

【コメント】
ハチと自分の心境を取り混ぜた「ミツバチ」と「家族」がテーマのイラストにしました。


entry No.084 タイトル:”B”のパワー

”B”のパワー
【作者】 ムッキ さん(19)

【コメント】
「はちみつを何気なく口に入れるその瞬間を切り取りました。みんなには見えない秘められたパワーを表現しました。」


entry No.083 タイトル:ハチミツの森

ハチミツの森
【作者】 サクランボ さん(10)

【コメント】
絵を描くことが楽しくて大好きです(*^^*)
初めてイラストコンクールにトライしてみました。
マジカルバナナのようにテーマのハチから連想しながら描いていったのですが、とてもワクワクして楽しかったです。


entry No.082 タイトル:はちみつ大好き上級みつばち

はちみつ大好き上級みつばち
【作者】 ちさりん さん(9)

【コメント】
はちみつ色はどんな色か調べた事が苦労しました。
エピソードは、この子は上級ミツバチなのに、ドジっ子で頭にはちみつをよく乗っけて、女王バチに怒られます。


entry No.081 タイトル:親切なミツバチさん

親切なミツバチさん
【作者】 さあや さん(--)

【コメント】
はちみつが、好きなので描いてみようと思いました。
ミツバチ達が、未完成のホットケーキを完成させるためにはちみつを運んでいるシーンをイメージして描きました。
はちみつを、描くのは難しかったですが、とても楽しかったです。


entry No.080 タイトル:ごはんですよー

ごはんですよー
【作者】 白雲つむぎ さん(24)
【URL】 作者サイト

【コメント】
今回のイラストを描く際に参考のためミツバチを観察したのですが花蜜をとっているうちに体にたくさんの花粉をくっつけてしまっている様子が可愛くてその姿をイメージして描きました。
集めた花蜜を蜂の子たちに急いで持ち帰ってきた様子です。
とにかく可愛くなリますようにーと思いながら描きました。


entry No.079 タイトル:3じのはちみつ

3じのはちみつ
【作者】 ヨネムシ さん(--)

【コメント】
はちみつのキラキラした感じが出せるように頑張って描きました。
料理やお菓子を作るのが好きで、色んなものにはちみつを使っています。
甘くて花によって違う香りと透き通る黄金色がとても綺麗で大好きです。


entry No.078 タイトル:蜂蜜の海

蜂蜜の海
【作者】 三島 さん(17)

【コメント】
女の子が持っている瓶の中にある蜂蜜の、トロっとした質感を再現することを頑張りました。


entry No.077 タイトル:はちみつと女の子

はちみつと女の子
【作者】 春巻き(スルメ入り) さん(18)

【コメント】
みつばちのような女の子の衣装を考えるのに苦労しました。はちみつの飛び出す躍動感を意識しました。


entry No.076 タイトル:おいしいハチミツとしあわせなミツバチ

おいしいハチミツとしあわせなミツバチ
【作者】 ぱて さん(18)
【URL】 作者サイト

【コメント】
ハチミツを作ることはミツバチにとって仕事であり、大変なことなのではないかなと思いました。
そしてその分良いハチミツを作ることができればミツバチも幸せなのではないかと考え、このようなイラストを描かせていただきました。


entry No.075 タイトル:ハニー・シャボン

ハニー・シャボン
【作者】 なかのゆうか さん(23)
【URL】 作者サイト

【コメント】
はちみつ石鹸を使ったときの心躍るイメージを描きました!
ミツバチ、草木とシャボン玉。みんなのバランスとハーモニーに気を付けて、はちみつ石鹸に関わる方々の幸せを願って表現しました。


entry No.074 タイトル:はたらきばちa~h

はたらきばちa~h
【作者】 じろ~ さん(23)

【コメント】
はちだから、8人。みんなはたらきばち。


entry No.073 タイトル:ミツバチ

ミツバチ
【作者】 keito さん(22)

【コメント】
女性を対象に描きました。また、背景をパンケーキにすることではちみつをパンケーキにかけて食べるイメージで描きました。


entry No.072 タイトル:運ぶミツバチ

運ぶミツバチ
【作者】 佐藤太一 さん(23)

【コメント】
花ごと飛ぶミツバチです。
花ごと蜜を運んだっていいじゃん!というメッセージが込められてるかもしれません。


entry No.071 タイトル:内緒の蜂蜜

内緒の蜂蜜
【作者】 シャリ さん(30)

【コメント】
美味しい蜂蜜をこっそりつまみ食いする蜂さんをイメージしました🐝💛


entry No.070 タイトル:ミツバチマーチ

ミツバチマーチ
【作者】 しおコージ さん(30)
【URL】 作者サイト

【コメント】
ミツバチの羽音がリズムを刻む様子からイメージを膨らませてみました。
ぶんぶんとミツバチたちが奏でる音色のアンサンブルを、想像していただければと思います。


entry No.069 タイトル:ハニー・ピクニック

ハニー・ピクニック
【作者】 速水伸夫 さん(46)

【コメント】
──


entry No.068 タイトル:幸せの中で

幸せの中で
【作者】 グツグツ さん(16)

【コメント】
女の子が楽しそうな表情になるようにこだわりました。
そして、蜜蜂が女の子周りを華やかに包みこむような構図にして、まとまりをもたせました。
とても楽しく描く事ができたので良い作品になったかなと思います。


entry No.067 タイトル:みつばちのティータイム

みつばちのティータイム
【作者】 加藤 あづさ さん(26)

【コメント】
みつばち達が花の蜜のジュースやパフェでほっと一息。
森の中のオアシスのようなカフェであなたもみつばち達とのんびり時間を過ごしてみては?
色鉛筆で何色か色を重ねました。塗り重ねるのが難しかったです。
頑張って描きました!


entry No.066 タイトル:蜂と花の日

蜂と花の日
【作者】 椿杏 さん(23)

【コメント】
私の実家は緑がいっぱいで虫も花も緑も沢山で空も広く心地の良い場所で、今回のテーマの一部に表現したいと考えました。
そのため少し雰囲気を出したく影ではない何か柔らかい素材というものをかなり悩みました。
ペンを変えてふわっと優しい香りのするような印象で仕上げました。光や香りを感じるほどではなく少しだけ感じるを意識して今回はあくまでも蜂と花を主役として作成致しました。


entry No.065 タイトル:はちみつトーストダッシュ

はちみつトーストダッシュ
【作者】 かみゆ さん(18)

【コメント】
食パンに蜂蜜をかけて食べるのが好きなので、可愛いイラストにしてみました。楽しく描かせてもらいました。


entry No.064 タイトル:いただきます!

いただきます!
【作者】 微睡 さん(19)

【コメント】
蜂蜜のトロッとした感じや甘い感じに拘りました。
瓶の中に入っている蜂蜜には重さがあるように複数の色を使って蜂蜜独特の深い色を表現しました。
二人いるキャラクターは蜂をイメージしました。
ハニースティックの艶感やパンケーキのふわふわな感じ、全体的に甘くて可愛い雰囲気が伝われば嬉しいです。


entry No.063 タイトル:アカシアはちみつ

アカシアはちみつ
【作者】 宮情 雄次郎 さん(19)

【コメント】
11時間かかりました


entry No.062 タイトル:万華鏡

万華鏡
【作者】 いぷぷ星人 さん(21)

【コメント】
ミツバチの組み合わせで巣のハニカム構造を連想させるレイアウトにしました


entry No.061 タイトル:(無題)

【作者】 Orange juice さん(--)

【コメント】
黒をベースとして使ったので、全体として見たときに暗い印象にならないよう暖色を違和感なく、また黄色でバランスがとれるよう工夫しました。


entry No.060 タイトル:私の大切な蜂と蜜

私の大切な蜂と蜜
【作者】 harusame さん(22)

【コメント】
蜂の女王が大切にしている巣の中のイメージです。ミツバチも女王を慕っています。甘い感じと優しい感じを出しました。


entry No.059 タイトル:みつばち。和風。

みつばち。和風。
【作者】 とらねこ さん(53)

【コメント】
浴衣をイメージしてみました。


entry No.058 タイトル:食いしん坊なミツバチ

食いしん坊なミツバチ
【作者】 あおい さん(19)

【コメント】
やわらかい雰囲気になるように描きました。


entry No.057 タイトル:HONEY

HONEY
【作者】 おんたまおんたま さん(31)

【コメント】
蜂蜜を美味しそうにぷっくりさせるのに骨を折りました。


entry No.056 タイトル:みつばっち

みつばっち
【作者】 じゅん さん(35)

【コメント】
みつばちを可愛らしく、愛されるキャラクターにしてみました♪


entry No.055 タイトル:おうち時間は、はちみつと共に

おうち時間は、はちみつと共に
【作者】 柊のの子 さん(--)

【コメント】
はちみつと言えば、女の子が大好きなホットケーキを連想して描きました。
現在、コロナの影響で在宅時間が長く、おやつを手作りする機会も増えました。
そのようなことを踏まえて、おうち時間が楽しくなるような絵を描いたつもりです。
はちみつのおかげで、少しでも明るい気持ちでいられると良いと思います。


entry No.054 タイトル:日常

日常
【作者】 キスイ さん(19)

【コメント】
働き蜂にもそれぞれ個性があるだろうなと思い、人間にみたてた蜂たちの日常をイメージして描きました。


entry No.053 タイトル:今日も1日頑張った

今日も1日頑張った
【作者】 ささめ さん(53)

【コメント】
空を飛ぶイメージより1日お仕事頑張った感を出したかったのとハチミツっぽい色を背景にしました


entry No.052 タイトル:蜂蜜が好きすぎる女王様

蜂蜜が好きすぎる女王様
【作者】 ひよこ さん(20)

【コメント】
他の蜂が驚くぐらい蜂蜜が好きすぎて壺からスプーンで食べる女王様。
美味しそうな表情、どんな色の蜂蜜がおいしそうに見えるのかを考え描きました。
また、誰でも親しみやすいフォルムのミツバチにし、全体的にかわいい印象を持たせました。


entry No.051 タイトル:あまぁい、ふたり

あまぁい、ふたり
【作者】 平原早亜子 さん(51)
【URL】 作者サイト

【コメント】
蜂蜜のようにあまぁーい二人です。


entry No.050 タイトル:蜜と罪

蜜と罪
【作者】 ろぼa さん(--)

【コメント】
みつって逆さにするとつみになるんだよ。


entry No.049 タイトル:君と開店準備♪

君と開店準備♪
【作者】 福嶋線久 さん(39)
【URL】 作者サイト

【コメント】
人はミツバチと仲良くなることで自然界の宝物を見つけました。ミツバチはほんとうに働き者です。
頑張ってと応援したくなります。
今日も、ミツバチと人が、たのしく開店準備中!
おいしいはちみつ、とどけ!
ミツバチと自然と人との調和をテーマに描きました。


entry No.048 タイトル:For you

For  you
【作者】 サチエ さん(41)

【コメント】
普段題材にしない蜂を描くにあたり、御社の製品へのこだわりと飾らない真摯な姿勢を感じました。
イラストを描くにあたって、”人の目を引くこと””手に取りたくなるようなデザイン”にしました。
華やかさと、素朴で気取らないデザインになるように心掛けて描きました。
楽しいイラストを描くことができ、楽しい時間を過ごすことができました。


entry No.047 タイトル:(無題)

無題
【作者】 いは さん(16)

【コメント】
鈴木養蜂場のホームページを見ていたら、代表取締役社長の鈴木健太郎さんの表情がとても印象的で、ふと、ミツバチと戯れている鈴木健太郎さんのイメージがわいてきました!
それをデザインしましたのでよろしくお願いいたします。


entry No.046 タイトル:(無題)

【作者】 よこぱ さん(--)

【コメント】
はちみつの輝きと甘くて美味しそうな感じを表現するのが難しかったです。
絵本のような温かみが出せてたら嬉しいです。


entry No.045 タイトル:sweet

sweet
【作者】 こっぷ さん(16)

【コメント】
ハチミツのスイーツを持った働き蜂を自分の想像で描きました。可愛くハチを描くのに苦労しましたが、楽しく色を塗れました。


entry No.044 タイトル:Together

Together
【作者】 GAME さん(13)

【コメント】
私は、右下と左上の所を塗る時に3色使っていて綺麗に出来たので、私の1番好きな所です。
真ん中の鈴木養蜂場さんの蜂蜜のビンをかくのに苦戦しました。
Togetherは、一緒という意味で花や蜂や木などが一緒に支え合って生きているという考えを持って、Togetherにしました。こういうイラストの応募は、初めてだったんですが楽しくできて、またやる機会があればやりたいです


entry No.043 タイトル:一つの旅

一つの旅
【作者】 コンブ さん(--)
【URL】 作者ページ

【コメント】
蜂たちはどんな場所を渡り歩きどんな花々と出会ってきたのでしょうか。きっと私たちの想像を遥かに超える大きな旅なのだろうと思います。1つの瓶に込められた背景を想像しながら描きました。


entry No.042 タイトル:ぱんけーき

ぱんけーき
【作者】 MINA さん(16)

【コメント】
蜂蜜によって美味しそうにみえるパンケーキが難しかったです。
柔らかな雰囲気になるように水彩風に描きました。蜂蜜を普段よく見る訳ではのでなかった調べてみると色々な発見があってコンテストに参加して良かったです。


entry No.041 タイトル:蜜蜂の郵便屋さん

蜜蜂の郵便屋さん
【作者】 きのこ さん(20)

【コメント】
──


entry No.040 タイトル:魔法使いhoney

魔法使いhoney
【作者】 マロン さん(15)

【コメント】
はちみつ黄色い空のように、はちみつの垂れている部分はを山のように表しました。


entry No.039 タイトル:レンゲちゃんとアカシアちゃん

レンゲちゃんとアカシアちゃん
【作者】 にゃべにゃ さん(16)

【コメント】
このコンテストを見つけた瞬間、私にはちみつの天使が舞い降り、衝動的にこの作品を完成させていました。そのくらい、はちみつが大好きです。


entry No.038 タイトル:ミツバチのハニーアイスクリーム屋さん

ミツバチのハニーアイスクリーム屋さん
【作者】 横山蒼 さん(29)
【URL】 作者ページ

【コメント】
ミツバチたちが仲良く過ごす町でミツバチたちに大人気のハニーアイスクリーム屋さん。
濃厚なバニラアイスにハチミツの相性はバッチリ。
こんなお店があったら良いなーと、想像しながら描きました。
みなさんもハニーアイスクリーム食べたくなりましたか?


entry No.037 タイトル:ミツバチと虹

ミツバチと虹
【作者】 常盤野 咲良 さん(18)

【コメント】
平和を願って描きました。


entry No.036 タイトル:ミツバチの秘密の晩餐会

ミツバチの秘密の晩餐会
【作者】 麗花 さん(20)

【コメント】
春が終わりを迎え、初夏の薫りが漂う夜、ミツバチたちが自分が集めた選りすぐりの花の蜜を持ち寄り、蜜の美しさとおいしさを競う。そんな場面を描きました。


entry No.035 タイトル:蜂蜜を注ぐ養蜂

蜂蜜を注ぐ養蜂
【作者】 中村廉 さん(20)

【コメント】
トロッとした蜂蜜を表現させる為に色鉛筆を厚塗りにしたり光沢を付けてみました。
色鉛筆だから出せる色と色の混ざり合いが上手く活かせることができて良かったです。


entry No.034 タイトル:ミツバチ女王

ミツバチ女王
【作者】 たーくん さん(23)

【コメント】
ミツバチの女王をテーマにして描いてみました。椅子やテーブル、装飾品など金属類の光沢感と重厚感を出して女王との対比を演出してみました。


entry No.033 タイトル:蜂の脅威

蜂の脅威
【作者】 蘭 さん(13)

【コメント】
この作品を応募するには少々物騒で無愛想かと躊躇しましたが、やはり「蜂=脅威」の変換が私事の中に御座いましたのでこのような作品になりました。
でも蜂蜜は好きです。世界で唯一腐らない食べ物なのに料理にも普段使いにも使えるので好きです。
自分は良くヨーグルトや、マフィンに使います。そうするとまろやかでほんのり甘い優しい味になるので好きなんです。
ここまで見て下さって有り難う御座いました。


entry No.032 タイトル:濃蜜子

濃蜜子
【作者】 優莉乃 さん(13)

【コメント】
名前:濃蜜子(のうみつこ)
「密」をさけた「NO密」をイメージとして描きました。


entry No.031 タイトル:みんなでほっこり幸せ

みんなでほっこり幸せ
【作者】 鈴木美緒 さん(28)

【コメント】
高校生の頃に、はじめて描いた本の挿絵です。
ミツバチの子が母からもらった蜂蜜を届ける大冒険で、最後には動物のみんなとほっこりしながら蜂蜜を囲みます。
蜂蜜はみんなを幸せにする!
そんな想いを込めて描きました。


entry No.030 タイトル:はちみつたっぷりホットケーキ♡

はちみつたっぷりホットケーキ
【作者】 つき さん(18)

【コメント】
優しい感じに仕上げました。


entry No.029 タイトル:とろけるハチミツ世界

とろけるハチミツ世界
【作者】 折見 彩夏 さん(19)

【コメント】
ハチミツといえば、見た目も味もとろっと甘い美味しいものだと思い描きました。
ハチミツのとろ甘な世界を表現したかったのでとろけるハチの目やハチミツをキラキラとさせました。


entry No.028 タイトル:働き蜂の配達

働き蜂の配達
【作者】 じゅ さん(21)

【コメント】
働き蜂をデフォルメしたキャラクターデザインを考えたり、花などの背景を描くのが大変でした。


entry No.027 タイトル:ロイヤルな蜂の住処

ロイヤルな蜂の住処
【作者】 ひつじスマイル さん(27)

【コメント】
自分は美術の道を長く歩んでいるのでミツバチイラストコンテスト様にはお世話になります。
おかげで蜂も描けるようになりました。これからも絵のセンスを切磋琢磨し続けます。


entry No.026 タイトル:わたしたち、働き蜂!

わたしたち、働き蜂!
【作者】 アムネシア さん(22)

【コメント】
働き蜂は成長するにつれて、仕事内容が変わっていくことを知り、擬人化して描いてみたいと思いました。左の蜂から、巣の掃除、巣作り・はちみつ作り、花の蜜集め、巣の門番、育児をしています。彼女達の下には、蜂が集まる花を描きました。


entry No.025 タイトル:ともだち

ともだち
【作者】 みなみ さん(22)

【コメント】
小さい頃、蝶々やダンゴムシが好きでした。絵に描いたりしていましたが、大人になった今は虫に興味が無くなって描かなくなってしまいました。
なので久しぶりに虫を描いて、図鑑などを参考に、こんな風になっているのかと構造に驚きました。この絵を描いて、蜜蜂に少し愛着が湧きました。


entry No.024 タイトル:幸、満つ

幸、満つ
【作者】 mahiro さん(15)

【コメント】
「幸せが満ちますように」と願いを込めて描きました。
元気いっぱいなミツバチの女の子をイメージしました。


entry No.023 タイトル:Frying bees

Frying bees
【作者】 マンマミーア さん(27)

【コメント】
飛び舞い、蜜を探しに働く蜂たちを描いてみました。
少しリアル調に、かつ素朴感のおあるシンプルなデザインに。
蜂は初めて描きましたが描いていくたび愛着が湧いてきました。


entry No.022 タイトル:はちみつの妖精

はちみつの妖精
【作者】 む さん(41)

【コメント】
色づかいにこだわりました


entry No.021 タイトル:ハチミツはどんな色にもなるよ!

ハチミツはどんな色にもなるよ!
【作者】 キミネコ さん(32)

【コメント】
お料理やスイーツ飲み物などなど色んな食事に変身する蜂蜜。用途によって色を変えるように変化する様子を描いてみました!


entry No.020 タイトル:おいしいハチミツ召し上がれ!

おいしいハチミツ召し上がれ!
【作者】 くらげ さん(--)

【コメント】
ハチミツが美味しく見えるよう、女の子がキラキラしてる感じを頑張りました。
可愛いハチたちが頑張って作った料理をどうぞ召し上がれ!をイメージしました。


entry No.019 タイトル:はちみつ

はちみつ
【作者】 土橋 千颯 さん(19)

【コメント】
冬でも暖かく、感じるように暖かい色を使いました。


entry No.018 タイトル:あさ

あさ
【作者】 円 さん(15)

【コメント】
蜂蜜のキラキラ感を出すために金色をたくさん使いました!上手く美味しそうな蜂蜜感出ていれば嬉しいです^^


entry No.017 タイトル:ハニーフラワー

ハニーフラワー
【作者】 ゆうさん さん(31)

【コメント】
とろりとしたハチミツに飛んでいるミツバチと青々とした花を添えておいしそうに色鮮やかに仕上げました。


entry No.016 タイトル:豊作

豊作
【作者】 TOMO さん(44)

【コメント】
楽しんで 描くことができました
色ムラが なかなか消えず 苦労しました


entry No.015 タイトル:自然の恵みをいただきます

自然の恵みをいただきます
【作者】 楯無 さん(19)

【コメント】
蜂のお陰で蜂蜜や果物が食べられます、感謝の気持ちを込めて美味しく見えるように頑張って描きました。


entry No.014 タイトル:ハッピーみつばち

ハッピーみつばち
【作者】 {・エ美咲子 さん(18)

【コメント】
みつばちさんが、お花さんたちと仲良くなって、楽しく蜜を集めているところをイメージして描きました。


entry No.013 タイトル:働きバチ

働きバチ
【作者】 万年青(おもと) さん(30)
【URL】 →作者サイト

【コメント】
ビーズ刺繍のワッペンです。
レトロチックなデザインにしてみました。
ポイントはとろ~りハチミツです。


entry No.012 タイトル:ホットケーキでおやつタイム

ホットケーキでおやつタイム
【作者】 おひたし さん(22)

【コメント】
手作りホットケーキにたっぷりはちみつをかけて食べるのが大好きなので、ホットケーキを題材に描きました。あたたかい雰囲気の色使いで可愛らしく仕上げました。


entry No.011 タイトル:ハニー・シロップ

ハニー・シロップ
【作者】 深月ミラ さん(--)
【URL】 作者ページ

【コメント】
蜂蜜の質感や美味しそうな感じに描くのが苦労しました。
キラキラした感じを目指しました。
右側に空欄の箇所を作ったので文字を入れるなど自由に加工したり使ったりできるようにしました。


entry No.010 タイトル:優しいミツバチ

優しいミツバチ
【作者】 尽島 甘根 さん(26)

【コメント】
ミツバチの優しく柔らかなイメージが表現できていたなら幸いです。


entry No.009 タイトル:Love Honey

Love Honey
【作者】 木ノ実 このみ さん(25)

【コメント】
かわいいミツバチをイメージして、擬人化しました。背景もハニカム柄に様々な特徴を待たせるようにデザインしました。


entry No.008 タイトル:はちみつどき

はちみつどき
【作者】 いとうかよこ さん(--)

【コメント】
すくったさじを傾けると、時が止まったかと思うほどもったりと落ちていく。
あの甘さに出会うまでのひとときは、時間がゆっくりになる。
金の糸のようなひと筋に触れてみたい欲望を抑え、花の蜜からはちみつに変化する長い時間を疑似体験しながら、今日も私はかけるのだ。


entry No.007 タイトル:美味しく食べてあげる

美味しく食べてあげる
【作者】 六本木遥 さん(19)

【コメント】
髪の毛の艶や蜂蜜とパンケーキを美味しそうに表現するのに苦労しました。
小さい頃に養蜂場で蜂の子を乗せたパンケーキを食べたことがあり、その時のことを思い出しながら描きました。


entry No.006 タイトル:女王蜂の擬人化

女王蜂の擬人化
【作者】 麗翔 さん(15)

【コメント】
スカートの黒から黄色へのグラデーションが中々馴染まなくて苦労しました。
蜂蜜の質感を上手く出すのにも苦労しました。


entry No.005 タイトル:蜂蜜の少女

蜂蜜の少女
【作者】 アヒルのプッカ さん(18)
【URL】 →作者サイト

【コメント】
蜂蜜のツヤにこだわりました!!
また、蜂蜜の透け感を出すために色々と工夫しました!!
構図にも色々と悩みましたがこれで良かったと満足しています!!


entry No.004 タイトル:小さなv/ミツバチ2

小さなv/ミツバチ2
【作者】 ギザギザ仮面 さん(48)

【コメント】
やったぜというミツバチの勝利

三つ8


entry No.003 タイトル:夢見心地なミツバチ

夢見心地なミツバチ
【作者】 ゆん さん(26)

【コメント】
頑張って集めたハチミツに浮かぶミツバチを書いてみました。
人間でいうと札束のお風呂入ってる、みたいな感じ(笑)
ハチミツ、液体を色で再現するのが難しかったです。
ただ色を塗るだけだとハチミツの再現が難しく...
結果3色ほど使って私なりに再現できました!


entry No.002 タイトル:おやつの時間

おやつの時間
【作者】 日野千尋 さん(19)

【コメント】
蜂蜜独特のトロトロでキラキラな感じを描くのをがんばりました。
甘くて美味しい蜂蜜が描けたと思います。
蜂蜜を見るたびに色が本当に綺麗だなと思っていたので、その時に感じる「美味しそう!」という気持ちを込めて描きました。


entry No.001 タイトル:ハニー・ブレイクタイム

ハニー・ブレイクタイム
【作者】 惠茂田みなみ さん(20)

【コメント】
20年も生きてきて、これまでにおそらくたくさんのハチミツを食べてきたというのに、働きバチがみんな女の子だと知ったのはつい最近です。私は二十歳になって初めて社会に出て働き始めましたが、単純な計算でもそれまでに243匹の働きバチが働きづめで生涯を終えていったと思うと……。ハチミツをはじめ、いきものたちが一生懸命働いて生まれた恩恵を受けられる日常に感謝しつつ、同じ女の子として負けずにモリモリ頑張りたいです。イラストには子どもの頃から大好きなおやつのホットケーキを。今も昔も、甘くてあたたかな時間です。


 

お気軽にエントリーください

ミツバチ
イラストコンテスト

応募要項 =>



はちみつ家メニュー

鈴木養蜂場 はちみつ家/通販・販売サイト

Copyright (C) 2011-2022 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.