はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

巣蜜と出会えて

由宇

 

 私がまだ子どもだった頃、父がよく衝撃的なものを買ってきて、家族を驚かせたり、喜ばせたりしていました。
 ずっと記憶に残っているもののひとつに、巣蜜があります。
 箱の中でキラキラ輝く不思議なもの。
 姉と同時に「何これ?」と叫んだような気がします。
 「蜂蜜よね?美味しそうだけど、これは完成品?」
 「蜂の巣のようなものから蜂蜜を吸い出すの?」
 私も姉も質問が止まりませんでした。
 父は「巣蜜と言って、完熟した蜜を巣から切り出したものだよ!身体に良いから食べてごらん。」と教えてくれました。
 蜂の巣なんて、特別な人しか口にできない食べ物のような気がして、胸がドキドキ。
 蜂蜜部分の味はだいたい想像できました。
 食べることができるという、巣?の部分、白いウエハースみたいな部分に期待が高まります。
 父はスプーンでざっくりすくって、母が焼いたトースターの上に乗せてくれました。
 とても濃厚で身体中の細胞が目覚めるような衝撃でした。
 ホットミルクに入れて、パンケーキに乗せて、ヨーグルトにも合うかな…
 少しの量で充分満足できたので、長い間、家族で巣蜜を楽しみました。
 巣蜜レシピで盛り上がった日 々を思い出し、懐かしくなります。
 大人になってからも蜂蜜が好きで、たくさんの種類の蜂蜜を試してきましたが、あれほど自然の力強さを感じる蜂蜜には出会えていません。
 私が蜂蜜愛好家になり、いろんな蜂蜜の味を知ることができているのは、父のおかげです。
 何より健康な身体でいること、蜂蜜と父に感謝しています。
 巣蜜を買う勇気が出たら、今度はわが子たちを驚かせたいな、と密かに思っています。

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2020 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.