はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

母のマヌケ

大阪のアン

 

 もう母が亡くなって久しいが、マヌカハニーをえらく気にっていた。私が初めてニュージーランドに出張した時、代理店の社長からマヌカハニーを2瓶もらった。帰国して、1瓶を我が家用とし、もう1瓶を母に送った。その時、マヌカの効用も書き添えた。
 2か月ほどして、母から電話が入った。
 「この間送ってもらった、ほら、マヌケハニーとか言うの、すごく健康にいいね。また出張の機会があったら、よろしくね」
 「母さん、マヌカハニーだよ。マヌケなんて言ったら、マヌカに悪いよ」
 「アッ、そうだね。マヌカだったね。ごめん、ごめん」
 しかし、一旦「マヌケ」と覚えてしまうと、母の年齢ではなかなか切り替えることができない。事あるごとに「マヌケ」と言うものだから、子供たちは「ばあちゃんのマヌケ」とからかうようになった。
 ご機嫌伺いに電話をした時のこと。
 「今日、百貨店にマヌケハニーを買いにいったんだよ。案内コーナーで『マヌケハニーはどこで売っていますか?』って訊くと、お嬢さんは『地下1階です』ってすぐに教えてくれたのよ」
 母は嬉 々として話す。
 「母さん、マヌケで通じたの!?」
 「えっ、マヌケでなかったっけ。なんて言うのかね」
 「マヌカだよ」
 「そうそう。マヌカね。売り切れで、入荷はいつになるか分からないんだって」
 私は1か月後にニュージーランド出張が決まっていた。そんなに母が気に入ってくれたなら、独り暮らしとはいえども大瓶を買ってこようと決めた。
 それから10日ほどして、母は事故に巻き込まれて帰らぬ人となった。私は予定通り出張に出かけ、亡き母の仏前に供えるため決めていた大瓶のマヌカハニーを買ってきた。

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2020 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.