はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

本物の蜂蜜の買い方(補)

渡辺 碧水

 

 当蜂蜜エッセイ第四回募集に、二〇二〇年二月中旬、六回にわたって「本物の蜂蜜の買い方」を応募し、掲載された。
 その(四~五)では、主にスーパーなど小売り食料品店の店頭で購入する場合を想定し、入れ物の外側から見て中身を判断する場合について、留意すべきポイントを挙げた。
 その中で、簡単にしか述べなかった点とまったく述べなかった点について、補充するのが本稿の意図である。
 蜂蜜選びは選択肢が多く難しい。
 できることなら、蜂蜜専門店か養蜂場直売所で、味見の試食(テイスティング)をさせてもらい、納得のいく説明を受けて、要望に合うものを買うのが賢明である。
 だが、手間暇かけて、そこまでするのはおっくうだという人もいるだろう。
 また、蜂蜜の記事などには、信頼できる養蜂家が太鼓判を押す天然蜂蜜を選ぶとか、「メディカルハニー(医療用蜂蜜)」とも呼ばれる世界的に有名な高品質の「マヌカハニー」を選ぶとか、などの助言が載る。
 このことも情報が多様で、自分に合う有効なものと確信するまでには至らない。そして、何よりも高価なため購入をためらう。
 栄養剤や口唇の荒れを和らげたいなど、手軽な実用薬効を期待する場合に、安全安心が保証されて比較的安価で購入できるものに、「日本薬局方」の蜂蜜がある。
 日本薬局方は明治十九年に公布された医薬品の規格基準で、百三十年超の歴史がある国の「お墨付き」である。現在では、厚生労働省が「効き目ありと認めた薬」であるという認定証のようなもの。
 欧米に比べて日本では、古来、蜂蜜が医療に積極的に利用されてきたという記録はあまりない。それでも、日本薬局方の表示には、粘膜の保護や修復に効果を発揮するハチミツの特性が明記されている。
 効能 ・効果には「栄養剤、甘味剤、口唇の亀裂 ・あれ」とあり、用法 ・用量には「栄養剤、甘味剤として、そのまま又は適宜うすめて用いる。口唇の亀裂 ・あれには、そのまま患部に塗る」とある。
 買う店は薬局で、薬剤師に相談して買おう。口唇に塗る場合の留意点は、塗ったままにし、なめたくなるのを我慢する。

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2020 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.