はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

蜂蜜がたっぷり入ったヨーグルト、働きバチさんありがとう!

大須賀 一夫

 

 私は夜、仕事から疲れて帰ってきて、風呂に入り、夕食後にプレーンヨーグルトに蜂蜜をたっぷりかけて食べるときが至福の時間となっている。
 ヨーグルトに蜂蜜をよくかき混ぜて、一口スプーンで口に運ぶと、何とも言えない美味しさが口いっぱいに広がる。
 家族は、かなりお腹が出てきている私の姿を見ながら、皆心配そうにしている。
 私も、そうした家族の心配する気持ちがよくわかるので、少し気後れしながら食べている。
 しかし、蜂蜜は砂糖よりもとても健康に良いのである。
 最近、インターネットで働きバチのことを調べてみた。何と、働きバチはすべてオスではなくメスで、オスバチは巣の中で生殖活動以外は、ほとんど動かず寝ていること、働きバチの寿命は短く、約1~3か月くらいであることがわかった。
 毎日あくせくと働く自分自身を、働きバチになぞらえて思うことも多 々あるのだが、働きバチがメスとわかったことと、オスがほとんど働かない生態を、今更ながら知った感慨は、また一入であった。
 そうした働きバチの生態を知った後も、今夜もまた、私はプレーンヨーグルトに蜂蜜をたっぷり入れた大好きなヨーグルトを頂く。
 しかし最近になって、食べる量を少し減らし、加えて運動する量を少し増やした。そのおかげで、かなりお腹は引っ込んだ。
 量が減って、少し口さみしくなったが、運動した後の蜂蜜入りのヨーグルトの味はまた格別である。
 働きバチさん!いつもありがとう。これからも、私も負けずに一生懸命働きます。これからもよろしくお願いいたします。

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2020 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.