はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

コーヒーと蜂蜜

山田 佳苗

 

 コーヒーの美味しいトッピングと言えばなにを思い浮かべるだろう?砂糖、ミルク、キャラメルソース、ココアパウダー……様 々あるがどれを試しても私はコーヒーが飲めなかった。砂糖とミルクをたっぷり入れてコーヒー味の牛乳になるくらいまで薄めないと、苦さと酸味を強く感じてしまうのだ。それでも私の意志は固かった。絶対にコーヒーを飲めるようになりたい、何故なら格好良いから!熱い思いを原動力に色んな産地のコーヒー豆を試したり、煎り方の違いを知ったりしていくうちにある動画を見つけた。バリスタが美味しいコーヒーの飲み方を紹介する物だった。それはコーヒーに蜂蜜と氷をたっぷり、ミルクや砂糖はなしというレシピだった。ミルクや砂糖はナシ!今までその二つによってなんとか飲むことができていたから本当にそれで美味しくなるの?と半信半疑だった。蜂蜜といえば香り付けのようなイメージがあったのだ。物は試しと早速ホットコーヒーを淹れて蜂蜜を二さじ垂らす。スプーンでくるくるかき混ぜても蜂蜜の花のような香りはしなかった。真っ黒いコーヒーの中に吸い込まれて全く分からない様相だ。これで本当に美味しくなるの?とまだまだ疑いつつ氷をグラス一杯に入れる、瞬間、ふわりと蜂蜜の優しい香りが際立った。なんだこれ!私はドキドキしながらかき混ぜて氷を溶かしていく。するとどうだろう、どんどんと蜂蜜の香りが濃くなっていくではないか!グラスが冷たくなった頃には見た目こそ真っ黒なアイスコーヒーだが華やかで甘い香りがする不思議な飲み物になっていた。期待で胸を膨らませながら一口、美味しい!苦くない!いや、正確には苦いのだが、蜂蜜の甘みや花の香りがコーヒーの苦味と合わさって美味しいのだ。私はいたく感動した。苦味を消すのではなく上から香りをかぶせることによって豊かな風味になるなんて、しかもそれが蜂蜜で叶うなんて!それをきっかけにコーヒーの苦味を克服した私は今では色んなトッピングで楽しむことができている。蜂蜜にコーヒー、考えてくれた人に感謝を伝えたい。ありがとう!

 

(完)

https://mobile.twitter.com/8zitan

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2020 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.