はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

これからの楽しみ

よみ

 

 子供のころの母と作ったホットケーキ。
 小麦色のほかほかの円盤の上に、冷蔵庫から出したばかりのまだ固いバターをガリガリとナイフで削る。
 ふんわりと白いそれは、まるで削り氷のように繊細で、落ちるそばから溶け、独特の香りを放つ。
 茶色の円盤の色がぐっと濃くなる。
 そこに、黄金色のとろとろとした「はちみつ」の登場だ。
 きらきらと輝く液体を少し高いところから、とくとくとまんべんなく注ぐ。
 円盤は甘い香りに包まれて、すべすべと滑らかな光を纏う。
 まるで、魔法使いが作った秘密のシロップのようだ。
 サクッとナイフを入れて、一口より少し大きめに切ったそれをフォークでぐっと刺し、大きく口を開けて無理やり頬張る。
 じゅわーっと口に広がるはちみつとバターの何とも言えない甘みと香り。
 休日の優しくて穏やかな時間。
 毎日食べられるわけではないそれは、子供ながらに贅沢品と感じていた。
 大人になって自分で「はちみつ」を買える今になっても、選ぶ時は熟考する。
 安すぎるものは抵抗がある。
 でも高すぎたら買えない。
 甘みは自然な感じがいい。
 香りは爽やかなものが好き。
 くちどけはサラッとしたものも良いが、口にねっとりと残るものも捨てがたい。
 我儘を言えばキリがない。
 でも大切な思い出の特別なものだから、こだわりは捨てられない。
 情けない話だが、未だに「はちみつ」の味の違いが明確には判らない。
 あかしや?そば?どういう味の違いがあるのだろう。なんの食材や料理に合うのだろう。
 色んなものを、食べ比べてきたわけではない。知識と経験不足だ。
 今までは、お財布と相談して買ってきた。それが何の花からとれているのかまでは、着目していなかった。
 私もだいぶ大人になって、少しは余裕も出てきた。
 そろそろ自分好みの「はちみつ」を見つけるために、いろんなものを試す贅沢をしてみても良いのかもしれない。
 きっとそれは、食いしん坊な私の人生を、より豊かで素敵で、楽しいものにするに違いない。

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2020 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.