はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

ウイルス抵菌食は八蜜から

渡辺 碧水

 

 未知の新型コロナウイルス感染症の蔓延で、世界中の人 々が予防法も治療法も手探り状態で議論百出。日本ではとりあえず、不要不急の外出自粛で、ほとぼりが冷めるのをじっと待つしかなかった。
 そんな中、二〇二〇年三~五月応募の「はちみつ川柳/二〇二〇年/第二回優秀賞」の発表が六月八日にあった。
 応募総数二百八十六首の中から「優秀賞」の栄誉に輝いたのは、愛知県名古屋市の久子さん。その作品は次の句である。
 健康は「さん密」やめて「はち蜜」で
 称賛の講評は次のとおり。
 政治家が口にする言葉は「三密を避けてください!」この期間何度聞いたかわかりません(笑)。いわゆる密閉、密集、密接の三条件ですが、蜂蜜好きにはこの『密』が『蜜』に聞こえてしまう方も多かったようです(笑)。久子さんもその一人で、菌の侵入を防ぐ健康法と抵抗力を高める健康法を、「三」と「八」をかけながら表現しているところがイイですね!(笑)
 なるほど、それは言える。
 新型コロナの特効薬はまだ見つかっていない。医薬界では、効能のありそうな既成薬を競って試している段階である。
 この際、せっかくだから、蜂蜜界でも、発想(蜂想、八想)を総動員して健康に有効な蜜の中から、さらに「八蜜」比較法によって、新型コロナウイルスに抗菌力を持つ優れものを特定し、これだとアピールしよう。
 例えば、次のような蜜群の比較検討である。
(一)マヌカハニー、ジャングルハニー、れんげ蜂蜜、菜の花蜂蜜、そば蜂蜜、アカシア蜂蜜、コーヒー花蜂蜜、甘露蜂蜜
(二)りんご蜂蜜、とち蜂蜜、ざぼん蜂蜜、さくらんぼ蜂蜜、あざみ蜂蜜、みかん蜂蜜、山みずき蜂蜜、山はぎ蜂蜜
(三)花蜜、酥蜜、黒蜜、白蜜、氷蜜、石蜜、糖蜜、水蜜
 「エビデンス(証拠)」も厳しく問われるご時世だが、漢数字「八」は末広がり、算用数字「8」は横にすれば無限大。われわれは八蜜食の臨床体験を積み重ねている。
 きっと見つかる。情報提供を積極的にやろうではないか。

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2020 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.