はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

五月二十日は「世界蜜蜂の日」

渡辺 碧水

 

 毎年五月二十日は「世界蜜蜂の日(ワールド ・ビー ・デー)」である。国際デーの一つだが、二年前、二〇一八年から実施の運動なので、あまり知られていないようだ。
 スロベニア共和国の提案に基づき、二〇一七年(平成二十九年)十二月の国際連合総会で制定された。五月二十日の日付は、養蜂が盛んなスロベニアが輩出した近代養蜂の先駆者、アントン ・ヤンシャ(一七三四~一七七三年)の誕生日に由来する。
 この日は、「蜜蜂の日」となっているが、ポリネーター(花粉媒介者、送粉者、授粉者などと訳される)と呼ばれる生物の役割の重要性を認識する日である。
 つまり、蜜蜂をはじめ蝶や蛾などの昆虫、ハチドリなどの鳥類などが、花から花へ花粉を運ぶことにより、農作物を含む植物を受粉させ、地球上の生命を維持している生態系の重要性を認識する日である。
 蜜蜂などの花粉媒介者のおかげで、人間は食料を得ることができ、持続可能な農業や生物の多様性の保全も維持されている。
 生態系を維持し、農業を促進し、貧困や飢餓を減らすために、世界各国が協調して、蜜蜂の保護や養蜂の維持を図っていかなければならない。
 さて、この運動を提唱したスロベニアという国はどんな国なのであろうか。これまた、私などはこの国の情況をほとんど知らない。
 スロべニアは中央ヨーロッパの国で、イタリア、オーストリア、クロアチア、ハンガリーと国境を接する。かつてはユーゴスラビアの構成国の一つだったが、一九九一年に独立し、現在はEU(ヨーロッパ連合)の一員。
 国土の面積は日本の四国とほぼ同じ。人口が約二百六万人(二〇一八年現在)の小国。首都はリュブリャナ。
 さらに調べを進めると、スロベニア(スロヴェニア)共和国は、養蜂天国とも、養蜂大国とも言われている国だとわかった。
 その理由は、蜜源植物が豊富で、優れた生産能力の蜜蜂が生息し、ヤンシャなどの有能な指導者に恵まれ、国民が伝統的に蜜蜂を愛する精神を持ち、約一万戸の養蜂農家が理想的な自然養蜂を営んでいる国だからだそうだ。

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2021 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.