はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

女王蜂を探す新米養蜂家(前)

渡辺 碧水

 

 キリスト教の家庭礼拝用隔月雑誌『アパ ・ルーム、日本語版』の二〇二〇年五 ・六月号に「女王を求めて」と題する一ページがあった。
 蜜蜂の話題で「養蜂家のために」とあったので、興味をそそられて読んでみた。
 「五月七日」のページには、米国人女性の「証し」が掲載されていた。真意を損なうおそれがあるので、全文を以下に引用する。
 
 巣の中の女王蜂は捕えどころがありません。私は、だまし絵の中に隠れたものを探すのは得意ですが、新米の養蜂家としては、私たちの女王蜂を見つけられるか心配していました。夫のジョーと私は、地元の養蜂家から巣を買う前に、何か月も蜂について学びました。私たちの蜂の「初心者パック」は、大きな巣の集まりから取り出した五つの巣板と複数の幼虫で、それを働き蜂と女王蜂と共に巣に入れるのです。「もし女王蜂が見当たらなかったらどうしよう?」箱に詰めた蜂を持ち帰りながら、私はジョーに尋ねました。
 「心配しなくていいよ」と彼は言いました。「女王蜂を見つけなくてもいいんだ。もし彼女の卵と育つ幼虫を見たら、彼女はそこにいる証拠なんだよ。」一週間ほど経ち、私は好奇心に駆られ、巣を覗き込みました。そこには新しく産みつけられた卵と、様 々な違う成長段階にある幼虫が見えました。ジョーは正しかったのです。私は女王蜂を目にすることはありませんでしたが、彼女の産物を見ました。
 神様を探すのは、女王蜂を追い求めるのに似ているかも知れません。神様を見たいと私たちは願いますが、神様を見ることはできず、落胆します。しかし時間をかけて探せば、神様のご臨在の印を周りに見つけることができます。私が女王蜂を目にしたことがないように、神様に直接お目にかかったことはありません。しかし私たちは神様の産物を目にしています。そう、神様はすぐ近くにおられるのです。
 祈祷:愛する主よ、あなたを見る目と、あなたを信じる信仰を私たちにお与えください。アーメン。
 【女王蜂を探す新米養蜂家(後)へ続く】

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2020 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.