はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

詰まってる

金谷翔真

 

 「あーうるさいな」そう残して、ぼくはリビングから自分の部屋へと向かった。そして力強くドアを閉めた。音は思った以上に大きく、乾いていた。
 これは高校3年生のときの話。その日の夜、ぼくは母親とケンカをしてしまった。なんでケンカしたんだっけ。2年たった今ではもう思い出せないくらい、くだらない理由だった。明日は高校最後の文化祭なのに。生まれてはじめてステージに立って歌う日なのに。そんな最高な日が待っているのが嘘みたいに、今の気分は最低だった。側にいるからこそ、見えないものだってある。きっと母はぼくの気持ちを考えてくれないし、わかってもくれない。そう思っていた。家にいると、なんだか息が詰まった。
 文化祭当日、気分がしずんでいたって、太陽は当たり前のように登ってくる。しかし、この日は普段と少し違った朝がきた。トーストの表面が、琥珀色に輝いていたのだ。その光の正体は、蜂蜜だった。ぼくはハッとした。「蜂蜜はのどにやさしい」というのを雑誌で見かけたことがある。母は今日のライブに向けて、無事成功するように想いを込めて、蜂蜜を塗ってくれたのだ。うれしさと自分への不甲斐なさが心のなかで、とけあった。側にいるから、見えないものがある。ぼくは母の気持ちを考えていなかったし、わかっていなかった。
 トーストをかじりながら、ぼくは思った。蜂蜜には詰まっている。おいしさや、栄養やらが詰まっている。それに想いも詰まっている。声は聴こえてこないが、「ライブ頑張ってね」という応援をたしかに受け取った。
 母に伝えなきゃいけないことがある。「ごめんね」とか「ありがとう」とか。しかし、言えなかった。急に態度を変えるのがなんだか恥ずかしかった。だから「蜂蜜おいしかった」としか言えなかった。母は笑っていた。すべて見透かしたかのように、笑っていた。
 ライブ中、声はいつもより遠くまっすぐ届いた。その理由をぼくは、たしかに知っている。

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2020 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.