はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

電子レンジと焼きリンゴ

大河 増駆

 

 40年前、我が家に電子レンジがやってきた。
 魔法の道具のような箱で、「いったい何を作るのか」ということが家族の話題となった。
 次の日、母が図書館の本を借りてきて、焼きリンゴを作ると言い出した。
 リンゴは生で食べる方が新鮮なのに、わざわざ焼くことの意味がさっぱりわからなかった。
 しかし、代案もなかったので、焼きリンゴを作ることになった。
 リンゴの上側に十字の切り込みを入れ、砂糖とバターをかけ、皿の上におき電子レンジに放り込んだ。
 スタートのボタンを押すと、電子レンジの中には、あやしげな水蒸気が充満し始める。
 「パーン!」
 突然、鈍い爆発音が響き、レンジのガラスに茶色の物体がへばりついた。
 それは、リンゴの皮だった。
 失敗だ。
 何回か同じ失敗を繰り返した。
 「砂糖をはちみつに変えてはどうか」ということになった。
 我が家には、ビン入りの蜂蜜があったので、リンゴに十字の切り込みを入れ、バターと蜂蜜をたっぷりかけた。
 いよいよ、電子レンジに投入。
 私はビクビクしながら、電子レンジの中を見ていたが、リンゴは爆発しなかった。
 どうやら蜂蜜は、焼きリンゴと相性が良かったらしい。
 母がおそるおそる、焼きリンゴを取り出す。フツフツと湯気が出て、リンゴが怒っているように見えた。リンゴの皮は、シワシワになり、年寄りになったようにも見える。
 母が切り込みに包丁を深く入れ、リンゴを四つに切った。
 母と姉と祖母と私が、焼きリンゴを口の中に入れる。
 「何これ」
 リンゴの甘酸っぱさが、さらに強調され、なんとも不思議な味だった。
 蜂蜜の甘さが、まずい方向へ行こうとするリンゴを引き止めていた。
 あれ以来、焼きリンゴは食べていない。
 しかし、あの焼きリンゴは、私には生涯忘れられない特別な味となった。

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2020 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.