はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

おつかれさま

甘党大学生

 

 「おつかれさま。」
 この何気ない一言を聞くと、ある思い出が、はちみつの甘い味とともに蘇る。
 
 高校3年の冬。受験戦争まっしぐらの時期だ。
 当時の私は、自分の学力よりも遥か上の早稲田大学を目指し、夜中まで生活のすべてを勉強に費やした。朝は7時に起き、朝ごはんを食べながら、英単語の暗記。学校に行く電車内では、古文の暗記。そして、夜中3時までひたすら過去問題集の演習。
 そんな、勉強漬けの毎日を送っていた。
 
 そんな私を陰ながら支えてくれていたのは、母だった。
 毎朝、私より早く起き弁当作り。夜は私が寝るまで、寝ない。
 母は2年前に乳がんが発覚。抗がん剤治療により、弱っているにもかかわらず、私をずっと気遣っていてくれた。
 私は、なんとかして母に喜んでもらいたいと、より一層勉強に熱が入った。そんな母が、深夜12時になると出してくれる飲み物があった。
 それはホットハニーミルクである。
 深夜にもなり、勉強で頭がいっぱいになっている私を想って、母が作ってくれるホットハニーミルクが、大好きだった。
 
 トントンと、母が部屋のドアをノックする。
 ガチャっと部屋のドアが開くと、はちみつの甘いにおいとホットミルクの優しいかおりが、私を誘う。
 勉強に集中していた私は、ようやく母の存在に気が付く。
 「おつかれさま。」
 と母がつぶやく。
 「ありがとう。」
 と一言返すと、熱いホットハニーミルクを口に含む。
 この甘さ。
 まるで、ふわっふわの羽毛布団に包まれてるかのように、心が、体がリラックスする。
 「じゃあ、がんばってね。」
 それだけ言うと、母は部屋を出ていく。
 そして、私はまた、机に向かう。
 
 他人からすれば、何気ないひと時かもしれない。
 しかし、私にとっては、母のやさしさからできたホットハニーミルクが、受験の原動力であり、どんな応援よりも私を鼓舞した。
 おかげで、早稲田大学に合格することができた。
 なにより嬉しかったのは、母親の泣いて喜ぶ姿が見れたことだ。
 
 受験は苦しいものである。
 しかし、私は受験生を見るたび思い出す。
 あの甘いにおい。
 そして、優しい一言、
 「おつかれさま。」を。

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2020 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.