はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

秘密

さん

 

 私にとって蜂蜜は「秘密の味」だ。
 これは誰も知らないことであるが、私は蜂蜜が大好きである。
 もちろん、私が蜂蜜好きなことなど、他人に言いふらすことでもないので、これは私だけの「秘密」となっている。
 私は大学生の身であり、食費を親からの仕送りでやり繰りしているため、食品を買うときは、どれだけ安く買えるかに懸けている。
 そんな私が、唯一、少 々高いことも厭わず買い物カゴに投入する食品…それが蜂蜜である。
 蜂蜜は私の中で食品ヒエラルキー最上位に君臨するお方なのである。
 それくらい、私は蜂蜜が好きだ。
 蜂蜜は私に幸せを運んできてくれる味だ。
 トーストに染み込んだ蜂蜜、ヨーグルトの砂糖代わりの蜂蜜、ホットミルクと共に混ぜる蜂蜜…。
 どれも蜂蜜をかけなくても美味しいかもしれない。
 しかし、蜂蜜を入れると、食べた瞬間にほっとする、温かく深い味へと進化するのだ。
 また、蜂蜜を選ぶひと時も、それはそれは幸せに包まれる瞬間である。
 ローヤルゼリー入り、カナダ産、純正…。
 どれを選ぶか。
 それは私の気分、蜂蜜の量、そして値段という全てを考慮し、その時の最良を選択するという、自分対自分のゲームのようでもある。
 基本的に私は、自分の気分と相談しつつ、量も値段も中間ぐらいのものを選ぶ。
 しかし、先日そんな私にいわゆる「ちょっといい蜂蜜」を購入できる機会が訪れた。
 あれはテスト目前、疲れながらも買い物へ行き、レジにて会計をした時に渡された一枚の紙。
 500円クーポン券である。
 私は迷うことなく、蜂蜜売り場の前へ向かい、普段は買わない「ちょっといい蜂蜜」を手にし、嬉 々としてその商品を購入したのだ。
 その蜂蜜が、テスト期間中の私の精神状態を支える支柱となっていたことは、誰も知らない「秘密」である。
 この小さな幸せに満足しながら、今日も私は「秘密」をトーストの上にたっぷりとかけ、幸福 感と共に咀嚼するのであった。

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2021 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.