はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

美味しさに気付くまで

桜木雪那

 

 私はそもそもハチミツが嫌いでした。
 家で出てくるスーパーで買ったチューブタイプのものは、独特の匂い、私にとっては臭みがして、あまり好きではありません。某遊園地のハチミツの匂いがする空間を通っても、眉間に皺が寄ってしまいます。
 そんなある日、知人がお土産にと、小さなハチミツの瓶を買ってきてくれました。
 ありがとうとは言ったものの、嫌いなものをどうやって食べればいいのか。たった50gなので、料理に混ぜたらあっという間に無くなってしまいますし、味も分かりません。
 じゃあ最初だけは生で食べようと、パンにかけることを決意。買ったばかりのトースターにあった、付属レシピの「チーズハチミツトースト」を試すことにしました。
 食パンにチーズをまんべんなくかけて、トースターで5分。表面のチーズがぶくぶくと煮えたぎるのを眺めつつ、お皿の上へ。
 そしてハチミツ。細めのティースプーンですくうと、いつものもったりとした感じではなく、さらさら、とろとろと流れていきます。瓶の中へと、跡をつけずに戻っていくハチミツ。いつもと違う光景にドキドキしながらパンへとかけていきます。
 チーズがキラキラと光ったら、仕上げに黒胡椒を振って完成。
 ついに実食です。
 おそるおそるパンを口にもっていきます。
 目の覚める黒胡椒の匂いを感じながら、サクッ。
 あれ、チーズが強い? と思うと、包み込むように見守っていたハチミツがいました。サクッ。
 この塩気と甘味の相性の良さ。違和感なんて蚊帳の外です。サクッ。
 鼻に香る、かすかなハチミツの匂いも心地いい。サクッ。
 これは、最高だ。サクッ。
 お皿の上は、いつの間にか空っぽ。頭の中は、次にこれを食べる機会を探していました。
 この「チーズハチミツトースト」、今は私の特別な一時となっています。
 ハチミツの美味しさを気付かせてくれた知人に、感謝感謝。

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2020 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.