はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

ミツバチさん、ありがとう

まる子

 

 私が子供の頃ははちみつよりお砂糖が好きでしたが、大人になり母親になり家族の健康のことも考えはちみつを使うようになりました。
 子供たちにも無糖のヨーグルトに混ぜて喜んで食べてくれています。私は美味しい紅茶にスプーン一匙のハチミツをトロリと入れ、ホッと一息つく時間が心と体を癒してくれます。ハチミツは色 々な料理にも使いますが、最近はホームベーカリーで食パンを焼く時にもはちみつを入れています。ほんのり甘くしっとりフワフワで美味しいです。
 
 ハチミツと言えばミツバチですが、先日面白い経験をしてきました。
 我が家の近くに食べ放題のいちご農園ができたので息子のお友達と行ったのですが、いちごのハウスの中にミツバチがブンブンと飛び回っているのです。そのミツバチ達はハウスの中で飼われており、いちごの受粉をお手伝いしてくれているのだそう。ハウスの一角に段ボールで出来た家がありました。息子達は食べ放題そっちのけでミツバチの家に興味津 々。
 ハチは怖いイメージがありましたが、いちごのハウスの中を飛んで一生懸命に働くミツバチが可愛く思えました。
 小さな体で頑張って運んできてくれた蜜を頂いてることを子供たちにも感じてもらえる貴重な経験でした。
 これからもハチミツを有り難く頂こうと思いました。

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2020 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.