はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

花色 々、味もちろん

小道 けいな

 

 蜂蜜といえば、スーパーなどで買っている蜂蜜だった。十分おいしいけれども、特定の花の蜜という事はなかった。
 それでもレンゲは知っていた気がする。
 ただの商品名だとか思っていたのかもしれない。
 あるとき、蜂蜜屋があることを知った。そこで、植物によって蜜の味が違うと記載があって驚く。
 クローバー、ひまわり、菩提樹、ソバなど名前は知っていても、蜂蜜が想像つかない。そもそも、ソバなんてツルツルと食べるものだし、蜜?
 スーパーでも花限定のものはあると最近知った。蜂蜜の世界は広がっていたのか、私の視野が狭かったのかどっちかな?
 クローバー、ひまわり、ソバなど食べる機会があった。
 味が違う。独特の風味があって私には食べづらいと思うものもあった。
 ハチが集めてくるとは言え、養蜂家の人も注意して集めるわけだから手間何だろうなと思う。
 それに、色も違う。花の種類だけでなく、同じ種類の蜂蜜でも、取れた時期などでも違う。
 自然なモノだから当たり前。
 その当たり前を気づけていなかった。
 何の花かわからない蜂蜜でも、その味を作るのに色 々手間はあるだろうし、実は同じメーカーでもロットによって若干違うのかもしれないと感じた。
 便利な世の中である。その中で自然のモノというのを知らなかっただけである。
 餅は餅屋というように、専門店で品物を見てみることは必要かもしれない。むろん、そこで買って食べてみることも大切だね。

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2020 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.