はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

日曜日の朝食

進藤 彩

 

 四歳年の離れた弟が小学一年生になったとき、私が作ったルールは、日曜日の朝食は私と弟で作る、というものだった。毎日仕事で忙しいお母さんに変わって、日曜日だけは二人で朝食を作る。よく作った料理はフレンチトーストだった。
 私も弟もフレンチトーストが大好きだったし、とても簡単に作ることができる。私が牛乳に浸ったパンを焼いている間、弟は泡立て器で生クリームを作った。焼きあがる頃にお母さんとお父さんを起こしてきて、アツアツのうちに生クリームと、おばあちゃんがくれた蜂蜜をたっぷりかける。四人でテーブルを囲むと、甘い香りに笑顔が溢れた。
 今年、東京の大学に進学して一人暮らしを始めてからは、そんな日曜日はもうない。一人で目覚めると、コンビニで買ったおにぎりを食べるような毎日だった。ふいに、インターフォンが鳴る。受け取ったダンボールにはおばあちゃんからの手紙と、見慣れた蜂蜜の瓶が入っていた。「甘いもの食べて元気出して」
 家の近くのスーパーへ行った。四枚切りの食パンと牛乳を買う。何度も作った日曜日の朝食を、今度は一人で作った。あの頃を思い出しながら作ったフレンチトースト。アツアツのパンの上に生クリームと蜂蜜をたっぷりかける。一口食べると、口いっぱいに甘い香りが広がって、家族四人で囲んだ日曜日の朝が浮かんだ。懐かしくて、胸の奥が熱くなる。ありがとう。私も東京で頑張るね。遠い街にいる私の家族へ、そう呟いた。

https://u-chi-mizu.com

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2020 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.