はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

モチおじさん

みなと

 

 「モチおじさんは、どうしてあんなに澄んだ目をしているんだろうね」
 このことが私の家族のなかで時 々話題になる。モチおじさんというのは、今年92歳になる父方の従兄で、人生の大半を、蜜蜂を追う旅で過ごした人である。
 日本列島の端から端まで、本当に詳しく知っていて、どこそこの窪地には柔らかい蕗が群生している、というのが、とんでもない遠い地方だったりする。
 私たちは子どももみんな、モチおじさんの人柄に惹かれている。遊びに行くと、先ずは蜜蜂や、蜂飼いの話を聞く。お土産には大きな瓶に入った蜂蜜を持たせてくれる。
 そんなモチおじさんが大病にかかり、入院したという。私たちはみんなして病院にお見舞いに行った。ところが――
 おじさんはベッドからしゃんと起きているではないか。しかもにこにこ笑っている。
 「おじさん、大丈夫ですか?」
 「なあに、これがあるでよ」
 モチおじさんは枕の下から小さな瓶を取り出してみせた。
 「プロポリス、ちゅうもんだ。手作りでな、これがあるから、じき退院だな」
 モチおじさんはまた、いたずらっ子みたいにもう一つの瓶を取り出した。
 「これもあるでよ、じき退院だ」
 「なんですか、それ?」
 「ロイヤルゼリーだな。蜜蜂の神さまだな」
 なんということだろう、医者も呆れたほどモチおじさんは回復して、三日後には家の庭先で悠 々と蜜蜂の世話をしていた。
 92歳のモチおじさんは、少し耳が遠くなってはいるが、相変わらず「澄んだ目」をして縁側に座っている。どうしてあんなに澄んだ瞳のまま人生を過ごせたのだろう。
 きっと、蜜蜂の神さまのおかげなんだろうな。

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2020 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.