はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

蜜蜂の論文に感動

端広 こう

 

 蜜蜂の論文がとても興味深かった。西洋蜜蜂と日本蜜蜂の生態の違いについて書かれていた。
 スズメ蜂が巣に侵入してきた時、どちらも熱殺蜂球という方法をとる。これはスズメ蜂の上限致死温度が約45 ℃と蜜蜂より5度低いことを利用した方法である。それに至る過程が違う。西洋蜜蜂は侵入者に躊躇なく飛びかかる、次 々と飛びかかり、スズメ蜂に次 々とかみ殺されてしまう。熱殺蜂球に至る前に巣が全滅してしまうことが少なくない。生まれ故郷にスズメ蜂がいなかったためと思われる。日本蜜蜂は、しばらく様子をみてスズメ蜂の周囲に円陣を作る。そのうちの1匹の蜜蜂が侵略者の頭部めがけて飛びかかると同時に他の蜂が一斉に飛びかかり熱殺蜂球を作る。この時、熱球の最も高温になる最前衛は年配の蜜蜂。
 「我 々は直に死んでしまうから、どうせ死ぬなら役に立つ死に方がしたい。来年のことは若い蜂に任せた」という考えのようだ。熱殺蜂球に参加すると余命も減ることも承知の上で。
 西洋蜜蜂にも良さがある。日本蜜蜂と比べて5倍以上蜂蜜を集める。蜜蜂は蜜のとれる花の場所を巣の中で方角や距離を8の字ダンスで仲間に伝える。日本蜜蜂は8の字ダンスをあまり踊らない、苦労して探し出した蜜の場所は内緒にしておきたいようだ。
 それから、西洋蜜蜂は人間が管理しやすく品種改良したため野生で生きていけない。野生化すると生態系が崩れるし日本蜜蜂が減少してしまう。こういったことから西洋蜜蜂は養蜂に向き、商業的な養蜂はほとんど西洋蜜蜂である。
 西洋蜜蜂と日本蜜蜂、どちらも一生懸命生きている尊い働き者だ。私は蜂蜜の容器が空になると、温めた紅茶を入れて蓋をしてシャカシャカ振って飲む。次にお湯を入れてまた振って飲む。皿に残った蜂蜜をパンで拭いて食べる。そうでもしないと蜜蜂さん達に申し訳ない。

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2020 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.