はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

私と岩手県産蜂蜜3選

ふわり

 

 私は3種類の蜂蜜に出会った。最初の蜂蜜に出会ったきっかけは岩手県出身の親戚が地元へ帰省した帰りにお土産としてくださったことだった。それまで私は蜂蜜を食わず嫌いしていたので当初はあまり喜べなかったが、おすすめなんだと買ってきてくださったからにはとあまり気が進まずにヨーグルトに混ぜて口に運んだ。するとほのかな甘みと微かな香りが広がり幸福感に包まれた。あまりの美味しさに驚き身体が固まってしまったが、直ぐにこれが私の求めていたものだと理解し2口3口と口に運んだ。あの滑らかな食感がパンやヨーグルトなど色んな物とマッチした。蜂蜜=これと断言出来ないほどに数 々の相棒が存在した。
 2つ目の蜂蜜も岩手県出身の親戚がくれた物だが、これは色が白かった。そして香りの主張が強くなかなかにパンチの効いた種類だった。ヨーグルトに混ぜてみたものの8対2の割合で蜂蜜が強かったので紅茶に混ぜた所ピッタリだった。同じ蜂蜜ましてや同じ産地でもここまで個性が異なるのかと驚いた。
 3つ目の蜂蜜は光沢感のある黄色い蜂蜜だった。チューブがとても押しやすく全く手が汚れずに軽い力で蜂蜜が出てくるので設計から拍手喝采だった。そして味は格別だった。1つ目よりも遥かに甘く香りが広がった。とても口当たりが優しいので何を合わせてもマッチして老若男女誰でも味わいやすい蜂蜜だと思った。
 岩手県出身の親戚のおじさんのおかげで私は蜂蜜の魅力に魅了され好きになりました。これからも独自に調査を重ねいずれかは蜂蜜評論家になりたいと思います。

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2020 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.