はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

私の夢

ラリア21

 

 はちみつ、なんて甘美な響きだろう。この言葉を聞くだけで、とろりとした黄金色の映像が目に浮かんで幸せな気持ちになる。

 小さい頃、れんげのはちみつが一番おいしいと母に言われた。さらりとした淡い色のれんげのはちみつは、すっきり甘く上品だ。だが大人になるにつれ、いろいろなはちみつを食べるようになり、今の私が一番好きなのは、色が濃くてねっとりしたオーストラリアのはちみつだ。

 オーストラリアではスーパーに行くと様 々な種類のはちみつが買える。だが、自然食料品店で量り売りのはちみつを買う楽しさはまた格別だ。

 どこででも気軽に買えるはちみつだったが、ある日店の棚からはちみつが消えてしまった。蜂の病気が流行り、はちみつが取れなくなってしまったそうなので。

 蜂はとても繊細な生き物だ。環境の変化によって、大量に死んでしまうこともある。そして悲しいことに、この蜂の異変は世界中で起きている。

 私の夢は、タスマニアで養蜂家になることだ。もうすぐ60歳になる、素人の私にできっこないことはわかっている。だが、きれいな自然の中で蜂を大切に育て、大好きなはちみつに囲まれて、はちみつ三昧の日 々を送りたいと真剣に思っている。

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2020 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.