はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

蜂蜜とはちみつ

岩さん

 

 私にとって蜂蜜は、はちみつと感じることが多い。漢字の蜂蜜は強く感じる、ひらがなのはちみつは優しく感じる。そんなことはないだろうか? はちみつ味と見るとついつい食べてみたくなる。あの優しい甘さと香りにつつまれたくなる。はちみつとは私にとって癒しなのだ。しかし、はちみつは癒してくれるだけではない。喉がイガイガする時はちみつはそのイガイガから守ってくれる。蜂蜜の強さを見せてくれるのだ。蜂蜜とはちみつ、はちみつと蜂蜜。全く、なんて完璧な食べ物なんだろう。食べ物というくくりでは収まらないかもしれない。なんてたってお肌にもアンチエイジングにも良い。はちみつと蜂蜜はクマさんだけのものにはしておけない。こんな文を書いていたら口の中が蜂蜜をはちみつを求め出してしまった。文字からもその魅力が溢れ出ているのか‥恐るべしはちみつ。私が蜂蜜の虜であるという話であった。

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2020 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.