はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

はじまりの魔法

むむ

 

 「また、一週間がはじまった」

 

 月曜日、けたたましく午前六時を告げるアラームを止めて、布団の中でモゾモゾと動き出す。もっとヌクヌクしていたいと願って止まない、自分のほっぺたを両手でぴしゃりと叩く。重いまぶたをほんの少しあげて、ダラダラと洗面所へ向かう。冷水で顔を濡らし、スーツに腕を通す。身体はようやく目覚めてきたものの、まだまだ心は布団に潜りたがっている。

 

 プラスチックの留め具を外してビニール袋から六枚切りの食パンを一枚取り出し、トースターを三分にセット。お気に入りのマグカップにティーバックを投入し、お湯を注いだらじっくりと蒸らす。焼き途中の食パンにバターをたっぷりと乗せる。カロリーのことは忘れて、今日はちょっとだけ贅沢に。大きめのスプーンでヨーグルトをガラスのボウルにすくい入れる。
さあて、戸棚から三つの小瓶を取り出して準備完了。トーストの完成を知らせる「チン」という音は、一日で最も大切な時間のスタートを告げる合図である。

 

 三者三様の個性を持ったハチミツは、私の毎朝を彩る象徴的な存在だ。レンゲのコクのある甘みと濃厚な風味は、ミルクティーに入れるとお腹と心をより一層温めてくれる。アカシアのあっさりとした香りとクセのない味わいは、ヨーグルトの酸味とともに舌の上ですっきりと溶け合う。菜の花のクリーミーな旨味は、トーストの香ばしさやバターのコクと合わさって最高のごちそうとなる。

 

 ハチミツがつくる毎朝のひとときは、一日のはじまりを意識させてくれる魔法であり、センチメンタルな心にも健やかな目覚めを与えてくれる。ミルクティーに、ヨーグルトに、トーストに、添える瞬間、香りと味わいのハーモニーが織りなす芳醇な世界に包まれて、記憶と空想のなかで日 々の平和な暮らしの豊かさに気づかされる。
三つの小瓶を大切に戸棚へしまう。晴れ晴れとした、安らかな気分で、今日も、ハチミツと共に一日がはじまる。
今週もまた頑張ろう。

 

 「行ってきます!」

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2020 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.