はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

かぜしらず

ひかるちゃん

 

 我が家には、いつも100円ショップで購入したプロポリスキャンディーが常備されています。家の近くに100円ショップができたころからずっとあり続けているので、12年くらいになると思います。
 なぜ、プロポリスキャンディーが常備されているかというと、母が習いに行っていた合気道教室の先生が、そのあめをなめて健康管理をしているという話を聞いてきたことがきっかけです。私たちも合気道を習っていたのですが、おじいちゃんだけれど病気もせず、けがもせず、いつも変わりなく道場を運営されているので、話に説得力がありました。
 初めてなめたときには、あまりおいしいとは言えず、少し薬のような感じがしたので好きではありませんでした。しかし、母が毎朝、朝食ができるまで口の中にほおりこむので、仕方なくなめていました。
 そのころからでしょうか、保育園も小学校 ・中学校も1日も休まずに通学できるようになり、毎年皆勤賞となりました。私には3人姉と兄がいますが、その3人も皆勤賞でした。
 こうなってくると、やめたら病気になりそうな感じがします。おいしくなかったプロポリス味も、慣れると当たり前の味になり、苦なくなめられるようになります。
 そしてもう一つ。この100円ショップからプロポリスキャンディーがなくならないのは、いつも我が家が買い占めているからだと思います。ずっと変わらず同じ位置にこちらもまた常備されています。
 これからも、プロポリスキャンディーをなめて、無遅刻無欠席無早退の記録を継続し、どんなことも蓄積されたプロポリスパワーでのりこえたいと思います。

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2020 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.