はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

蜂と蜂蜜

今北 亜希子

 

 私は昔、蜂を飼っていたことがある。小学校低学年の頃だろうか。公園で拾った小さな蜂の巣を家に持ち帰り、卵が孵化するのを待ちわびながら日 々を過ごした。ある日、それまで虫かごの中には巣しかなかったのに、一匹の蜂が飛んでいるのを見つけて感動したのを今でも覚えている。私は飼いたくなるほどに、蜂が好きだった。 ・ ・ ・にもかかわらず、実は子どもの頃は蜂蜜があまり好きではなかった。甘党ではなかった私には蜂蜜の甘さの良さがわからなかった。その後蜂蜜を口にする機会もあまりなく、大人になった。
 そんなある日のこと、離乳食を卒業した息子に大人と同じカレーを作ろうと思った。いつもの作り方のままでは子どもには辛く感じるだろう。そこで思い付いたのが蜂蜜を入れることだった。カレーに蜂蜜は定番中の定番だがそれまでは試したこともなかった。いそいそと蜂蜜を購入し、とろりと鍋の中に落とし入れ、具材と一緒にグツグツと煮込んだ。しばらくして出来上がったカレーの美味しいこと!息子にも差し出すと、美味しい美味しいともりもりと、カレーをたいらげた。蜂蜜ってこんなに美味しかったんだ、と私は思った。あんなに好きだった蜂を今は飼いたいとは思わないが、あんなに好きではなかった蜂蜜を今では様 々な料理のお供として使わせてもらっている。不思議なものだが、蜂とは結局どこかで繋がっている気がして自然と頬がほころぶのだった。

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2020 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.