はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

普通の裏側

三休 健

 

 これ普通に美味しいよ。
 普通に良かった。
 それ普通にないよね。
 毎日のようにこの言葉が耳に入ってくる。
 普通とは。いつ、どこにでもあるようなありふれたものであって、他と異なるものを持っていないという特徴があるけれど、もしこの言葉が味を示す意味なら、普通は全く誉めていない。
 バレンタインは手作りでいこうと決めたものの、本格的に1からは面倒になり、売っているチョコレートを溶かしてハートの型に流して固めただけ。
 友人に食べてもらうと、普通に美味しいという言葉が返ってきた。
 それはどこにでもある、ありふれた味という事だろう。
 市販のチョコレートを溶かしただけなのだからそりゃそうだろうと感じながらも、作った気分に浸っていた私は、普通に美味しいが悲しくもあった。
 そこで、手抜きをして驚かせたい私が考えたのは、ハチミツを飴玉サイズの型に流して固めただけ。
 ここでまた先程の友人にあげてみる。
 まず、バレンタインならチョコレートだろうと思っている友人は、ハチミツ色のその玉を驚いて見ていた。
 口に入れて初めてハチミツだと理解し、一言。
 美味しい。そう言われ右手でつい、ガッツポーズを作る。
 普通にという言葉が入っていない事に嬉しさを噛み締めた。

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2019 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.