はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

笑顔を生む魔法の蜜

イナバウアーの白兎

 

 我が家の食卓にはいつも蜂蜜の瓶が置かれている。
 パンにつけて食べたり、紅茶に垂らして飲んだり、料理の隠し味に使ったりと、とにかく家族はみんな蜂蜜が大好きである。
 休日のおやつタイムに家族が集まり、ホットケーキを食べることがよくある。
 みんな蜂蜜をたっぷりとかけて食べるが、その時は、これ以上の幸せはないという笑顔である。
 蜂蜜を常食とする我が家は、みんな健康で元気。医者通いなどほとんどない。
 私はこのところ、蜂蜜レモンにはまっている。
 若い頃流行し、よく飲んだが、何十年かぶりに再び飲み始めた。
 特に疲れた時に飲むと、疲労回復に効くのか、心身ともにシャキッとする。温かい気候の時は冷やして、寒い時にはホットで飲む。
 一年を通して飲める美味しい清涼飲料である。
 ところで、最近びっくりしたことがあった。
 妻がいつも使っている洗顔料に蜂蜜を混ぜて掻き回しているではないか。
 聞いてみると、蜂蜜には保湿効果があって、洗顔料と混ぜて掻き回し、よく泡立たせてから洗顔すると肌がツルツル、ピカピカするという。
 肌の乾燥も防ぎ、美顔効果は抜群だと妻は得意気だ。
 蜂蜜は美味しく食べる物というイメージしかなかった私には、カルチャーショックであった。
 今、朝の食卓に妻と着いている。
 朝はいつもパン食である。
 テーブルの蜂蜜に二人の手が同時に伸びた。
 思わず顔を見合わせ、笑顔がこぼれた。
 今日も蜂蜜で一日が始まったのである。

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2018 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.