はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

朝の風景

つまみ

 

 コポコポコポ……
 母は毎朝コーヒーを入れて飲んでいる。あるときはサイフォンで、またあるときはコーヒーメーカーで。その時 々にブームがあって、私に違いはわからない。
 私が小学生の頃からだから、二十余年続く朝の習慣といえるだろう。
 まずは香りを味わって、湯気を吸い込み「う~ん」と一声。コーヒー好きの母曰く、
 「インスタントはダメ」らしい。ミルクは最近、歳のせいか胃の保護のためにほんの少し入れるけれど、砂糖を手に取ることはない。
 母が硬派なノンシュガー?
 そんなことがあるわけもなく戸棚の奥から大切そうに、そーっと魔法の瓶を出す。琥珀色に輝くそれは、なんとも贅沢な『国産蜂蜜』だった。母はまるで遠足前の子どものよう。「うへへ」とうきうきワンスプーン、黒に溶け出す魅惑の甘味を「ほうっ」と眺めて弧を描くのだ。
 一口すすってうっとり顔の、母が言うには
 「丸みがちがう」と。
 ただただ甘けりゃいいはずもなく、甘みの奥のまろやかさこそ『国産蜂蜜』の美点らしい。
 子どもの私ももちろん味見と、ホットミルクを差し出して、時 々魔法をかけてもらった。
 その威力は凄まじく、私は大人になっても尚、コーヒーよりも蜂蜜に親しんでいる。

 

(完)

https://blogs.yahoo.co.jp/tumami_m

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2018 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.