はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

ずぼらミックス

はちみつぷー

 

 私はずぼらなんです。毎日の基本となる健康対策も面倒なことは勘弁。
 とはいえ、何もしないと見た目も内蔵も衰えが気になる年齢になっちゃいました。
 そこでストレッチやジョギング、お高めサプリメントを始めて見るんだけれども続いた試しがない。言い訳はいつも「時間やお金がもったいない」
 かろうじて習慣になって続いたのは、豆乳とひとさじの青汁粉末、それから果実酢であるバルサミコ酢大さじ1杯。これら体にいい3種を仲良しになるように取り持ってくれたのが、大さじ1杯のはちみつ。それぞれ別 々の時と全てが合わさった時とでは、見た目も美味しさも、のどごしも違ってくる。
 豆乳に青汁粉末を溶かすとなんともいい色になります。そしてバルサミコ酢を入れると、あら不思議、ヨーグルトのようにとろりと固まります。そしてここにはちみつを加えることでバラバラの個性がひとつにまとまるんです。4人でひとつのグループみたいに。しかも作るのも費用も特別にはかかりません。究極のずぼらミックス!
 そんな私が、ある頃から、もともとぽっちゃりなのに、じわじわと体重が増え始めました。これはいけません。服を買い替えるなんて嫌なこった!
 しぶしぶお菓子を減らして、ずぼらミックスからはちみつを抜いたんです。カロリーを抑えるために。ところが、減量はちっともできないし、朝すっきりしなくなったので、よけいにお腹が重くなり、そのせいか肌ツヤも悪くなり始めました。
 これはもう年のせいに違いない、減量なんかしても仕方ないと、あきらめてしまいました。やけになって以前よりもずぼらミックスにたっぷりはちみつもたらして飲みました。
 すると、たちまちお腹すっきり。肌ツヤも以前通りまで回復。お菓子も食べるからご機嫌も回復。体重も気が付いたら、ガリガリにはなりませんが、以前くらいには、戻りました。
 3種のまとめ役だと思っていたはちみつですが、もしかしたらずぼらミックスというグループのセンターははちみつだったのかしらと、思いびっくりしました。

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2018 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.