はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

野球とレモンとハチミツと

三浦 雅行

 

 大人になったいまも、夏になると思い出す出来事がある。
 小学生の時、私は野球に没頭していた。友人たちと結成した弱小チームだったが、エースで大黒柱だった。五年生の夏休み、地域の野球大会に出場することになった。
 一回戦でいきなり強豪のライバルチームとぶつかった。相手は格好のいいユニフォームを着ていて、バットもグローブも高級そうで、ヘルメットまであって、おっかなそうな監督もいた。彼らはにやにやと笑いながら私たちを見ていた。私たちはオレンジ色のゼッケンをつけ、阪神タイガースや読売ジャイアンツなど色々な帽子を被っていた。
 私たちは炎天下のグランドで、向かい合って礼をした。
 寄せ集めだろうが、弱小チームと陰口を叩かれようが、私たちは負けたくなかった。全力でぶつかって、相手を見返してやりたかった。私たちだってやればできることを証明したかった。
 ピッチャーの私は懸命に速球を投げ込んだ。
 三振も取ったが、とんでもないエラーが出たり、大きな二塁打を打たれもした。なんとかスリーアウトになって、私はバッターボックスに立った。
 相手ピッチャーは私の同級生だった。運動神経も抜群で女子の人気も高い。私は燃えた。ボールを弾き返して、見事なスリーベースを放った。
 でも試合は完敗で、四回でコールド負けになった。
 私たちは球場の日陰で言葉少なに座り込んだ。友人の母親がうなだれる私たちに声を掛けた。
 「今日は頑張ったわね。みんなとっても素敵だった。全力で戦ったんだもん。はい、ご褒美にみんなでこれを食べてね」
 大きなタッパーに詰まっていたのは、輪切りのレモンのハチミツ漬けだった。甘くて、酸っぱくて、私たちは夢中で食べた。指がハチミツでべとべとになって、指をしゃぶってみんなで笑った。
 試合には惨敗したけど、私たちは誇らしかった。
 いまでも時々、思い出す。
 試合に惨敗して、レモンのハチミツ漬けを食べて、幸せだった少年時代を。

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2018 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.