はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

秘密の蜂蜜

荒木 真理恵

 

 私にとって『忘れられない蜂蜜の味』。それは何と言っても、小学生だった私に祖父が食べさせてくれた秘密の蜂蜜です。祖父の趣味は自分の山で自然と戯れる事でした。幼い私はそんな祖父の一番弟子としてついて回り、山菜を摘み歩き、旬の果実を頬張り、昆虫を観察して遊んでおりました。
 そんなある日、二人で一仕事終えると、祖父は山小屋に設えた棚の奥から、なにやら瓶を出して来たのです。私の両手のひらが回らない程の大きさのそれは綺麗な琥珀色の液体で満たされ、瓶底は白くガチガチに固まっていました。そこに柄の長いスプーンが一本、祖父は仕事を手伝ったご褒美として、スプーンに蜂蜜を絡めて私に差し出してくれたのです。トロリと甘い蜂蜜が舌全体ににひろがる幸せ、鼻に抜ける独特な香り、祖父の秘密の蜂蜜は子供だった私に鮮明な記憶を残しました。
 その後、山に行ってお手伝いをする度に蜂蜜を貰い、最後にはガリガリになった瓶底の塊まで美味しく食べたのは言うまでもありません。大人になった今でも、蜂蜜を見るとあの蜂蜜が恋しくなると同時に、優しかった祖父の事を思い出すのです。

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2018 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.