はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

真鍮のスプーン

今井 満

 

 蜂蜜の香りは、ねばくてほろ苦い。花の蜜を集めてけな気に働くミツバチの上前をはなるのは、かわいそうだと子供の頃は思っていた。
 むかし我が家の前には電車が走っていて、出戻ってきた伯母が電車道に面して駄菓子屋を始めた。そしてだれに勧められたのか、蜂蜜を取り扱いだしたので、いつしか店のなかに甘い香りがしみつく。学校から帰って伯母に声をかけると、真鍮のスプーンにすくってくれた。甘いものがあまりないころであり、おいしいと言うと、実家に子供を残してきた思いなのか、甥が代りだったようで顔をほころばせた。店はすでになく伯母もいないが、真鍮のスプーンをみると当時を思い出す。

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2018 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.