はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

静かに見守れば大丈夫だよ!

多田 正太郎

 

 もうかれこれ三〇年。そんな前の話だが。
 海外への派遣制度。職場の制度だ。まだまだ海外が憧れの時代だ。生意気盛りの若造には、たまらない魅力の地。ヨーロッパ。それもドイツに行きたかった。なぜなのか? 兎に角ドイツは、子供のころからの憧れの国。特にミュンヘンは特別だった。涎が出るほど、行きたかった。それが実現した。本場のビールも、たまらない美味さだった。オクトーバーフェストも素晴らしかった。しかし圧倒されたノイシュバンュタイン城。城に向かう相乗り馬車。東洋人は、一人だった。蜂が何匹も、うるさくまとわりついた。本能的な仕草として、手で払い続けた。全く効果なし。
 最初は無関心を装った相乗りドイツ人たち。
 次第に同情心? いや彼らの習性なのか。
 とうとう一人が、言った。「静かに見守れば大丈夫だよ!」たしかに、そうだった。それから、2年後のミュンヘンでの姉妹都市十周年を祝う野外昼食会。そこの会場に群がる蜂。
 日本人の感覚では、信じられない光景だった。
 平然としていたドイツ人たち。今なら分かる。蜂は、自然界の生命線なのだ。彼らの大切な役割、受粉がなければ…。そう! 食糧生産が大打撃の事態だ。深刻だよ、人口はどんどん増え続けてるし。人類の生存に壊滅的な影響あり。そんな指摘をする知識人も。説得力を感じる。さてビールにまして美味かったお菓子。それはバームクーヘンだけにあらず。何百年も前からクリスマスの伝統菓子レープクーヘン。もともとは天然の蜂蜜と香辛料で作られていた。いやいやまだまだ。ダンプフヌーテル、シャネーバル、シュトロイセルクーヘン、モーンクーヘンなどなど切りがないほどだった。一つ言えることは、蜂蜜なくしてあり得なかったお菓子だ。お菓子の家、さすがグリム童話の国だと思った。それだも、東洋人が蜂を無碍に払う仕草。きつと我慢できなかったんだろう。城に向かう相乗り馬車のドイツ人たち。三〇年前の記憶が鮮明だ。

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2018 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.