はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

私のはちみつバタートースト

てんてんマイ

 

 朝ごはんに、私は毎朝トーストをいただきます。
 焼きたてのトーストにバターを塗ると、溶けてじんわり染み込んで、ひとくち食べるたびにじゅわっとバターの香りが口にひろがります。
 そこにジャムをのせるのもいいですね。
 
 でも、蜂蜜をつけて食べる時は、少し違うマイルール。
 トーストが焼けたら、1~2分我慢。バターをのせても溶けきらない温度にします。
 バターをトーストにたっぷりのせたら、少し柔らかくなったバターの上に蜂蜜をかけます。
 
 ここからがポイントです。
 
 スプーンの背をトースト上でくるくる滑らせて、バターと蜂蜜をよく練り合わせます。
 バターの白さに、蜂蜜の透明感が加わり、少し空気も混ざって、
 なんとも言えない、艶やかな乳白色のクリームができあがり!
 くるくるくる、トーストの端っこまで、一面に満遍なく塗り広げます。
 
 見た目は、硬くないアイシングのよう。
 蜂蜜とバターを混ぜただけなのに、なんだか特別なトーストになったように感じます。
 小さな頃は、母が塗ってくれる蜂蜜バターが格別に美味しく感じました。
 
 この、クリーミーで濃厚な蜂蜜バタートーストは、
 蜂蜜のいい香りと、バターのまろやかさがクセになる、ちょっぴり幸せになれる朝ごはんです。
 
 
 美味しいだけじゃありません。
 溶けたバターの上から蜂蜜をかけたトーストは、かじっている反対側から蜂蜜が垂れてきて慌てることも。
 でも、綺麗に練ったクリーム状の蜂蜜バターは、垂れる心配も少なくて、手も汚れにくく、安心して食べられます。
 また、余計な器は使わないので、汚れるものはスプーンだけ。
 忙しい朝にもぴったりなので、ミルクやコーヒー、紅茶と一緒にいかがでしょうか。

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2018 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.