はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

懐かしい思い出 ~甘い蜂蜜の物語~

てる

 

 私は幼い頃、蜂蜜が大好きだった。
 定番はパンケーキだろう。
 でも私はそのパンケーキは食べたことがなかった。
 しかし私はお腹が空いたら冷蔵庫を漁ってしまうという癖が幼い頃からあったのか、蜂蜜を出して手や顔が蜂蜜だらけになって母に叱られたことを覚えている。
 家では蜂蜜は料理の隠し味として使われていた。
 例えば豚肉の生姜焼き。
 普通だとちょっと硬いけど下処理としてジップロックに蜂蜜を入れてそこにお肉を入れて私がずっと揉み続けていました。
 そしてお肉も炒めてタレとしてさっきは市販の蜂蜜だったんですがタレのときは「レンゲ」の蜂蜜を混ぜていて、そのときに少し気持ちちょっと多めに入れてもらっていました。
 するともうとっても美味しいんですよ!!
 上品なコクがあってまろやかな口当たりでほんとうに気にいってました。
 蜂蜜はほんとうに好きだから毎日のヨーグルトに入れたり、パンケーキでは食べれないけど食パンで代用してみたりで何にでも使えちゃうからアレンジして食べるのが楽しいです。
 以前ダイエットをしたときに蜂蜜は腹持ちもいいし、肌が綺麗になってきてて一人で「凄い!!」と言って叫んだら親に怒られました……。
 ほんと蜂蜜に助けられています。
 私の体の3分の1は蜂蜜でできていると言っても過言ではありません!

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2021 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.