はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

神様からの贈り物

那須祐子

 

 我が家の食卓に蜂蜜は欠かせない。朝食のヨーグルトに入れたり、パンに塗ったり、料理の隠し味に使ったりと、重宝している。それにしても不思議な食品だと思う。何しろ蜂、昆虫が集めているものを私たちが分けてもらっているのだから。
 キッチンに小さなコバエがブーンと飛んでくるとイライラさせられる。食品の上に止まろうものなら、不衛生で絶対仕留めてやるという気持ちになる。虫が苦手な私にとって、生活と虫との関わりはそんなものだが、蜂に対してはそうした感情は一切なく、むしろ敬意すら感じている。
 蜂さんたちが(敬意を込めて)蜜を集めに外を飛ぶ時、当然汚いものにも触れたりするわけだが、巣に戻った時にプロポリスが殺菌の役割をし、巣の中でバイ菌が増殖することはない、というのを以前、自然番組で観たことがあった。徹底した衛生管理がされていることに驚くばかりだ。
 人類は昔から蜂蜜を食し、その恩恵を受けてきた。聖書の中にも、イスラエルのヨナタンという王子が、戦場で疲れきっていた時に蜂蜜を少し食べたあと、元気になったという記述がある。賢王ソロモンは、蜂蜜は良いものなので食べるように勧めている。人類史の初期から愛され身体に良いとされた食品が、時を超え今なお人 々に愛され続けているのも興味深い。
 科学の進歩とともに、蜂蜜だけでなく、ローヤルゼリー、プロポリスなどの構造、効能が解析されてきた。その素晴らしさを知れば知るほど、これは神様からの贈り物だと感じ感謝している。

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2021 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.