はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

幸せの蜂蜜

大阪のアン

 

 「おじいちゃん、蜂蜜を舐めた人から幸せになるんだって!」
 孫が一端のことを言う。
 「そうだよ。だからお家(うち)ではみんな幸せだよね。朝のパンもおやつのクラッカーも蜂蜜と一緒だものね}
 「違うよ、おじいちゃん! 舐めなきゃダメなんだよ。食べてたんじゃ、舐めたことにはならないよ」
 これは厳しい指摘だ。
 「じゃ、スプーン一杯舐めるんだね」
 「そうだよ。僕は明日から舐めることにしよっと!」
 食べても同じだと思うけれども、そう言っては元も子もない。幼稚園でお話を聞いたときに、多分「蜂蜜舐めて ・ ・ ・」といった表現があったのだろう。
 樺太で終戦を迎え、2年間帰国許可が出ず留め置かれた。接収された母屋のソ連兵が、黒パンに蜂蜜を塗って食べていた。
 「もらってあげるからな!」
 ロシア語がいけた父は、交渉力も相当なものだったらしく、手に黒パンと蜂蜜を下げて戻って来た。
 「子供に蜂蜜を舐めさせたいので、少 々分けてくれませんか?」
 子供と言われて、故郷に残してきた家族のことを思い出しでもしたのだろうか、気前よく一瓶をくれたのだった。孫の一言から、75年前の蜂蜜の思い出が蘇ってきた幸せな一時であった。

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2021 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.