はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

魔法

ムッチー水原

 

 小学生の頃、尋常性乾癬という皮膚病を発病した。
 私よりも母が悩んでくれていた。

 

 女の子だし、なんとかしてやりたい。今なら、その時の母の気持ちがすごくわかる。

 

 どうやら漢方薬がその皮膚病を治すにはいいらしい。どこからその情報を入れてきたのかわからないけれど、母は信じたようで、小学生だった私は漢方薬を飲むことになった。

 

 漢方薬は苦くて、飲む度に舌が痺れるので嫌だった。
それを母に伝えたら、母はいつもの漢方薬入りのお湯を飲んだ後に蜂蜜を少しくれるようになった。
漢方薬は嫌いだけれど、蜂蜜は大好きになった。

 

 あれから二十五年。
今は母が健康維持のために漢方薬を飲んでいる。
苦い、苦い。と言いながら飲んでいるので、母の日に蜂蜜をプレゼントしようと決めている。

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2018 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.