はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

蜂蜜とウイスキー、あとレモン汁

野川 史芳

 

 あれが何年前だったかは忘れてしまったが、とある冬のとても寒い日、私は驚くべき発見をしてしまった。と、少なくともその時はそう思っていた。というのは、貰い物のウイスキーをお湯で割ったものに、気まぐれでニセアカシアの蜂蜜と、レモンの果汁をたっぷりと垂らしてからグイッと飲んだら、これまでに無い程にウイスキーを美味しいと感じたのである。
 その日から、貰い物であるが故、義務感に駆られてどうにかして消費しようとしていただけのウイスキーが、冬の楽しみへと変貌を遂げた。
 買って飲むほど好きでもないウイスキーでもここまで美味しいならば他の酒ならもっと美味しいに違い無い!と思い、他の酒のお湯割りにも蜂蜜とレモン汁を垂らしてみたものの、やっぱりウイスキーでやるのが一番だった。おまけにこれを飲むようになってからなんだか喉の具合がいい気がするときた。
 そんなこんなで、素晴らしく美味しい特製飲料を開発したと信じて疑わなかった私は小躍りしながら、こんな美味しいものを人に教えてやるものか、と意気込んでしばらくこれを冬の秘密の楽しみにしていたのだった。
 しかし去年の年末、実家へ帰って家族と飲んでいた際、酔った勢いでうっかり披露してしまった。すると2つ上の兄から、そんなのは某局で放送していた朝の連続ドラマで見たから知っていると言われ、唖然となってしまった。
 後で調べてみると、なるほどこれは結構ポピュラーな飲み方で、スコットランドに古くから伝わる風邪やインフルエンザの民間療法でもあるらしい。これではなんだか私がドラマやなんやらにすぐ影響される奴みたいで、ちょっぴりみっともない感じがしたが、薬として使われる事もあるんだから喉の調子が良い気がしたのも合点が行く。
 結果としてこれは私の発見では無かったものの、蜂蜜の効能には驚かされるばかりである。

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2018 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.