はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

長寿大国は、蜂蜜がお好き?

北のイッシー美や

 

 私と蜂蜜の出会いは、今から三十五年前に就職した会社の倉庫にあった商品でした。
 当時十八歳の私が勤めた会社では、健康自然食品を取り扱っていました。ごく一部の、健康志向のお客さんが、求める高価な天然の自然食品が目玉です。べにばな油、天然ゴマ、玄米酵素、純粋はちみつなどです。蜂蜜は、1kgの瓶詰めで三千円でした。よく売れていましたが賞味期限が短く、期限切れの物を、所長から頂き食べてみました。特に美味しいとは思いませんでしたが、高価な商品と言うイメージで満足感がありました。
 現在、私は特別養護老人ホームで介護職員をしています。
 入所されているお年寄りは、八五%が女性です。最高齢は一〇三歳で九〇歳以上の方が半数以上生活されています。三食のメニューやおやつには、蜂蜜は殆ど使われていません。
 特養老人ホームで長寿のお年寄りが多い理由の一つとして、栄養士が栄養管理をしているからだと私は思います。食事を少ししか食べれないお年寄りには、経口栄養液が出されます。カロリーメイトの液体の様なものですね。介護員は、お年寄りが残さずに飲んでいただくように勧めます。よく長寿国では、こんなものが食べれれているとテレビで紹介されていますが、特養老人ホームでは経口栄養液がそれですね。
 ところで、一般の家庭では中 々栄養管理が出来ませんね。また、経口栄養液は、成分重視の為かあまり美味しくないのです。そこで、私は蜂蜜が栄養管理食品として長寿大国、日本を支えると思います。ローヤルゼリーのような高価な物が一番良いとは思いますが、安価な蜂蜜でも日 々続けて食べる事で体調を整え、健康長寿生活を楽しく送ることが出来るでしょう。
 五〇代半ばの私は、夜勤仕事などで疲れた時には、りんご酢に蜂蜜を同量程度溶かして、それを水で一〇倍程度に薄めた自家製飲料水を五〇〇~一、〇〇〇cc飲みます。クエン酸と蜂蜜効果で、疲れがとれます。市販のビタミン剤よりも効果を感じます。  
 日本は今後も、蜂蜜で長寿大国1位を守って行けそうですよ。

 

(完)

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2018 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.