信州須坂 鈴木養蜂場 はちみつ家 鈴木式養蜂技術

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

鈴木式養蜂技術

長年に亘り培った養蜂のノウハウを総称して、私たちは「鈴木式養蜂」と呼んでいます。

 

 

○完熟蜜の採取

完熟蜜とは巣の中で充分な時間をかけて熟成された蜂蜜を言います。

 

巣房に溜まった蜜をミツバチ自身の羽ばたきで3〜5日かけて水分を飛ばし、糖度が78度前後になると蜜ロウで巣房に蓋をしますが、この状態の見極めが重要です。

 

 

完熟蜂蜜と濃縮ハチミツの違い

【重要】完熟蜂蜜と濃縮ハチミツは採蜜の段階から違います。

 

完熟蜂蜜

蜜ぶたができてから採蜜

完熟はちみつ

 

白く綿のように見える部分が蜜ぶたです。上の写真は極端ですが、蜜ぶたがかかってから採蜜するのが完熟蜂蜜です。
完熟蜜はこの後ろ過して商品となり、加熱することはありません。
この技術を中国で実現しています。

濃縮ハチミツ

蜜ぶたがかからないのに採蜜

濃縮ハチミツ

 

蜜ぶたがかからないうちに糖度の低い蜂蜜を採取してしまい、その後人工的に加熱濃縮します。
例えば中国産の安いはちみつは、蜜源が豊富であるため大量のミツバチを飼っており、採蜜量が多く、採蜜サイクルも短く済むためコストを抑えられますが、蜂蜜本来の風味が飛び、色も濃くなってしまいます。


 

○転地養蜂

開花時期に合わせて花から花へ巣箱を移動しますが、採蜜のスケジュール管理をもとに、農家からの消毒被害を避けたり、安全な場所への移動が必須です。

 

 

○蜂場の衛生管理

ミツバチの健康維持に細心の注意をはらい、巣箱の衛生管理の徹底と、はざかい期の給餌の量やタイミングを計ります。

 

 

○温暖な地域への越冬

ミツバチの健康を保ち(強勢群の養成)、春の養蜂の立ち上がりをスムーズに行う。

 

 

○自然状態の蜂蜜の貯蔵管理

蜂蜜本来の栄養素保持のための貯蔵術。

 

こまかなことを挙げるとキリがありませんが、鈴木養蜂場はこれらの技術を実現しています。

 

 

〇鈴木式蜂蜜(外国産)の採蜜から輸入までの流れ

@現地採蜜
A工場受入(養蜂家ごとに分析)
B現地検品(糖度・昧・色・風味)
C蜂蜜選定20tロット形成(工場自社分析)
Dロット形成した製品と現地訪問した際のサンプルの相違を確認する。
E先行サンプル自社分析
(味・色・風味・抗生物質、異性化糖等)
FCIQ(中国検験検疫局)にて輸出適合検査
G船積み日本へ(定温コンテナ15〜20℃)
H通関手続き(モニタリング分析)
I鈴木養蜂場工場にて最終チェック
出荷又は、定温倉庫にて保管(15℃前後)

 

 

鈴木式蜂蜜の検品

採蜜された蜂蜜は80kgポリ容器にて一旦倉庫に運ばれます。
集まった蜂蜜は容器ごとに味、色、風味、糖度が異なる為、弊社では毎年現地に赴き1ドラムずつ検品を行い、チェック・選定していきます。

 

 

蜂蜜の品質について

蜂蜜を輸入するにあたって全国はちみつ公正取引協議会の定める蜂蜜の規格基準と、日本厚生労働省の定める基準を満たした抗生物質及び、残留農薬について検査を行っております。

 


はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2017 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.