鈴木養蜂場 はちみつ家 > はちみつ商品

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

マヌカハニー

 

鈴木養蜂場のマヌカハニー

マヌカハニー

マヌカハニーはニュージーランドとオーストラリア南東部原産のマヌカの木に咲く花から採取された蜂蜜です。
その特徴は、濃い琥珀色をして他の蜂蜜と比べると固く、食べるとややクセのある、スパイシーなキャラメルのような独特な風味がします。


特に「メチルグリオキサール(MGO)」という抗菌活性成分が多く含まれ、その量は他の蜂蜜の約70倍もあります。
そのため体内のピロリ菌やブドウ球菌、サルモネラ菌や大腸菌などの有害な菌を退治してくれるということで、近年高い注目を浴びています。

 


UMFとは?

マヌカの花

UMFとは“Unique Manuka Factor”の略で、直訳すると“マヌカハニー独自の因子”のことです。
これはニュージーランド国立ワイカト大学のピーター・モラン博士が、マヌカハニーにしかない優れた抗菌性を発見した際に名付け規格化したもので、抗菌成分をフェノール溶液(消毒液)の濃度と比較して成分量を数値化したものです。
フェノール溶液10%と同じ効果のものはUMF10+と表記されますので、例えば病院等で使われるフェノール溶液は2%〜5%ですから、マヌカハニーの抗菌力の高さを知ることができます。


当場では「UMF5+」と「UMF10+」を扱っていますが、このほか15+、20+、25+があり数値が上がるほど高価になります。

 

マヌカハニーの抗菌力を示す規格には「UMF」の他に「MGO」「TA」「MGS」などありますが、これは検査成分や検査方法の違いによって表記が異なるものでマヌカハニー自体は同じものです。

【写真:マヌカの花(by John Tann)】

 

 


マヌカハニー6つの力

マヌカハニーUMF10+

栄養価の高い蜂蜜ですので、お薬感覚でお召し上がり下さい。

 

・ピロリ菌、大腸菌などに
・歯やお口の中の健康に
・季節の変わりめの体調管理に
・声の調子に
・お腹の健康に
・エイジング対策

 

※朝昼晩にスプーン1杯程度を習慣的にお召し上がり下さい。
※食べるタイミングは食事の1時間前と就寝1時間前が良いとされています。(空腹時に食べるのがポイントです。)

 

 


『マヌカハニー』ショッピングカートへ

マヌカハニー<カート>

マヌカハニーUMF5+

 

マヌカハニーUMF10+

 

マヌカハニーUMF15+

 

※原産地はニュージーランド、内容量はいずれも250gです。

 


はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2017 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.