はちみつ家 > 蜂蜜エッセイ

ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

 

蜂蜜エッセイ応募作品

ぬるい、ハチミツゆず湯。

ヨコシマリンコ

 

 同棲3ヶ月目。毎日仕事が忙しく、朝から晩まで働いて、家に帰ってご飯を食べるとすぐに寝てしまう彼。
 疲れているだろうに、休日は覚えたての洗濯やお皿洗いを自ら率先してこなし、「この家で2人、生きている」という実感がやっと湧いてきました。
 そんな中。私が遅く帰った日。カップラーメンのお湯を沸かすことくらいしか出来ない彼が、なんと「ハチミツゆず湯」を作って待ってくれていたのです。
 私が最近夏バテ気味だと何気なく言ったことを覚えていたらしく、携帯で調べて、ハチミツとゆずを買ってきてくれたらしい。
 ただ、「湯は時間が経つと冷める」という概念を消失してしまっていたらしく、私が帰った時にはなんともぬるい、絶妙なハチミツゆず湯に。
 それでも彼の優しさが嬉しくて、ハチミツの甘さとゆずの香りに癒されて。疲れなんて吹っ飛んでしまいました。
 彼の唯一のレパートリー、ハチミツゆず湯。世界で一番美味しかったです。
 ありがとう、ハチミツと彼。

 

(完)

 

http://yokoshimanakokoro.hateblo.jp/

 

蜂蜜エッセイ一覧 =>

 

蜂蜜エッセイ

応募要項 =>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011-2018 Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.