はちみつ 家 > 中国天然完熟蜜(鈴木式蜂蜜)について

鈴木養蜂場印はちみつ みつばちと共に90年―
信州須坂 鈴木養蜂場
はちみつ家
Suzuki Bee Keeping

中国天然完熟蜜(鈴木式蜂蜜)について

近年の国産蜂蜜事情

近年の国産蜂蜜は物量の減少、価格高騰により取り扱いが難しくなっております。
【主な原因】
@蜜源不足
A天候不順
Bミツバチ不足
Cミツバチの病気、農薬の問題
D養蜂家の減少
……等複数の要因があると言われております。

 

一般の中国産の蜂蜜について

蜂蜜は通常、ミツバチが花の蜜を採ってきて巣房にて蜜を溜め、ミツバチ自身の羽で3〜5日かけての蜜の水分を飛ばします。
そして糖度が78度前後になるとミツロウで巣房に蓋をします。
この状態が蜂蜜にとっては一番良い状態となります。

いわゆる一般的に認識されている中国産蜂蜜というのは、濃縮の文化の中国において、ミツバチが花の蜜を溜めたところをすぐに採蜜し、糖度の低い蜂蜜を人工的に熱をかけて加熱濃縮したものをいいます。
そうすることで、物量は沢山採れコスト的にも安価には済みますが、花の香りや味が飛んでしまい、色も濃くなってしまうのです。

 

当蜂場のこだわり鈴木式蜂蜜

中国山東省の養蜂鈴木式アカシア蜂蜜を中国現地の養蜂家に理解させるのに幾度となく技術指導、交渉が必要となりました。
鈴木式蜂蜜は日本の技術を中国に持ち込み、長年の歳月をかけて自家採蜜した国内信州産蜂蜜同様の味、色、風味を実現する事に成功いたしました。
(写真:中国山東省の養蜂)

 

鈴木式蜂蜜の主な産地

中国と日本の地図

 

鈴木式蜂蜜の採蜜から輸入までの流れ

@現地採蜜
A工場受入(養蜂家ごとに分析)
B現地検品(糖度・昧・色・風味)
C蜂蜜選定20tロット形成(工場自社分析)
Dロット形成した製品と現地訪問した際のサンプルの相違を確認する。
E先行サンプル自社分析
(味・色・風味・抗生物質、異性化糖等)
FCIQ(中国検験検疫局)にて輸出適合検査
G船積み日本へ(定温コンテナ15〜20℃)
H通関手続き(モニタリング分析)
I鈴木養蜂場工場にて最終チェック
出荷又は、定温倉庫にて保管(15℃前後)

 

鈴木式蜂蜜の検品

採蜜された蜂蜜は80kgポリ容器にて一旦倉庫に運ばれます。
集まった蜂蜜は容器ごとに味、色、風味、糖度が異なる為、弊社では毎年現地に赴き1ドラムずつ検品を行い、チェック・選定していきます。

 

蜂蜜の品質について

蜂蜜を輸入するにあたって全国はちみつ公正取引協議会の定める蜂蜜の規格基準と、日本厚生労働省の定める基準を満たした抗生物質及び、残留農薬について検査を行っております。

 

中国産に対するイメージ

プロポリスの源塊未だ中国産のイメージは良いとは言い難い状況です。
しかし、それはイメージだけの部分もあるのも事実です。
当蜂場では中国へ現地訪問し豊富な蜜源、環境、工場品質管理を確認し、日本品質にする為の指導をしています。
これも安心してお客様に食べていただければとの想いからとなります。
せっかくの美味しいアカシア蜂蜜をイメージだけで販売できないのは非常に残念な事であり、悔しい事でもあります。 (写真:中国山東省の自然)

 

自然の美味しさを主張する はちみつ

自然の美味しさを主張する はちみつは当蜂場でしか販売する事ができません。
@国産蜂蜜の物量を確保するのが難しい中、自家採蜜で物量を確保します。
A中国産蜂蜜は鈴木式で採蜜した蜂蜜を使用します。
B長年のこだわりにより養蜂家品質の味、風味を生かした蜂蜜にブレンドします。

 

自然の美味しさを主張する はちみつ 自然の美味しさを主張する はちみつ

 

当蜂場は地元長野で“ミツバチと共に90年”という理念の元、蜂蜜を採蜜そして販売させていただいております。
本物の美味しい蜂蜜を知っていただく為にも、今後も商品の品質向上に努め、皆様の食文化を豊かにできればと考えております。