ミツバチと共に90年――

信州須坂 鈴木養蜂場

はちみつ家

Suzuki Bee Keeping

サイトマップ RSSフィード
〒382-0082 長野県須坂市大字須坂222-3

はちぶんのブログ ※鈴木養蜂場で言う『蜂蜜』とはいわゆる『本物の蜂蜜』です。

2018レンゲ畑の種蒔き作業 2018/10/12(金)

今年3年目にしてようやくレンゲ蜜の収穫に成功し、いよいよ来年からもっと土地を広げていきますよ。
春にレンゲが咲き香る信州の風景が目に浮かびます!(笑)

昨年種蒔きしたのはおよそ600坪でしたが、今年はその3倍くらいの広さの土地に蒔きました。

ファイル 850-1.jpg

広くなった分、去年より蒔く時期が少し遅れてしまったことがちょっと心配。
本当なら蒔いて2、3日後に雨が降ればいいのだそうですが、どうもあてがはずれてしまいました。
うまくいけばいいけどなあ~。。。

それから須坂市のお隣の高山村にも、田んぼ6枚分の休耕地に種を蒔くことができました。
井上のレンゲ畑をつくるのに3年かかってますから、こちらも来年収穫というわけにはいかないかもしれませんが、期待がふくらみます。

さらに小布施の農家の方からも

「田んぼをやめたので使ってくれ」

とのお話をいただき、そこにも蒔かせていただきました。
そこの広さはおよそ1反分。

さて問題です。
1反分とはどれくらいの広さでしょう?
答えはおよそ300坪。
メートル法では10アールだそうです。
そう言われてもあまりイメージできないかもしれませんね(笑)

「土地を貸す代わりに草刈りを頼む」と言われました。
なんだかそっちの方が大変そうです(笑)

レンゲの種も昨年の倍以上買い、けっこう厚めに蒔きました。

信州産のレンゲ蜂蜜ってあまりないのだそうです。

どの畑もうまく咲けばいいけどなあ~。

 

レンゲ咲き始め 2018/04/25(水)

去年の9月に蒔いたレンゲが咲き始めてきた!
これから一面に咲くであろう‼

ファイル 830-1.jpg

 

レンゲ畑のとなりにホワイトクローバー畑を作ろう! 2018/04/11(水)

蜜源増殖プレジェクト──

数年前から蜜源を確保するため日本にレンゲ畑を復活させようというプレジェクトを行っていますが、今年は順調に進んでおり、昨年より立派なレンゲ畑ができそうです!

そして本年、更にそのとなりにホワイトクローバーの畑も作ろうと、新たなプロジェクトがスタートしました。

日本名シロツメクサ(白詰草)はヨーロッパ原産の多年草ですが、昔はそこらじゅうに生えていて、よく四葉のクローバーを探したものです。

当場ではカナダ産のクローバー蜜を扱っていますが、国産のものはあまり見かけませんネ。

ファイル 829-1.jpg

レンゲ畑のとなり、およそ500坪くらいの休耕地を耕し、先週4月5日に1.5kgのホワイトクローバーの種を蒔きました。
レンゲが咲くのは5月ころですので、クローバー蜜が採取できるのは7月~8月ころでしょうか?

ファイル 829-2.jpg

今年は畳一畳くらいの大きさの看板も作りましたよ♪(遠くからでは小さいかも知れませんが・笑)

高速長野道、須坂長野東インターチェンジを降りてすぐの場所にあります。
今年は桜が咲くのも早かったですので、ゴールデンウィークにはレンゲも咲くかも。。。。

大型連休を利用して見に来ていただけば、運が良ければひょっとして採蜜作業を見学できるかも知れません!
そのときはご希望ならばはちぶんも参上しますよ♪(笑)

 

来年度のレンゲ増殖の取り組み 2017/11/04(土)

今年、なんとかレンゲの増殖に成功しましたが、来年度、更なるレンゲ畑の拡大に向けて動き出しています。

3年目の今回は種を蒔く時季を2回に分けて実験しています。
最初は9月26日、山際の場所に種を蒔き、そのあとに覆土しました。

ファイル 821-1.jpg

2箇所目は10月6日、日当たりのいい場所に種を蒔き、ここは覆土しないで様子を見ることにしました。

ファイル 821-2.jpg

写真は二枚とも現在の様子です。
10月では少し遅いのではと思っていますが、果たしてどうなりますやら?

今年は雨が多く、天候が不安定です。
例年に比べ、土が湿っているということもあります。

ところが最初に蒔いた方は、一部イノシシに荒らされてしましました。
土が掘られ、ようやく出てきた葉がむし返されてしまいました。
どうもミミズを食べに来たようです。

いずれにせよそういった自然が相手ですので、なかなか思う様にいかないのが現状です。

来年が楽しみです!

 

信州のれんげ蜜 採取!! 2017/05/29(月)

昨年の10月に種を撒き
5月上旬に花が咲き出し
ようやく今日レンゲ蜜を採取しました。

ファイル 805-1.jpg

休耕田なので日陰無し‼
炎天下の中6名で採蜜作業。

ファイル 805-2.jpg

今日はレンゲ蜜の他にアカシア蜜も採取。
来週は須坂のブルーベリー蜜も採取予定。
そろそろ小布施町の栗の花も咲き出しそうなのだ。

その前に飯山のブルーベリーも採取しなくては。

 

レンゲ畑に巣箱を置きましたよ~! 2017/05/16(火)

本日、地元新聞社(須坂新聞)の記者の方が来られて、当場のレンゲ畑の取材をしていかれました。
休耕地問題が騒がれる中、当場の取り組みに注目してくれたのです!

し、しかし、、、花の咲き方が微妙。。。(笑)

「ミツバチ応援プロジェクト」をはじめて2年目、目の覚めるほどの一面のレンゲ畑というわけにはいきませんでしたが、なんとか記事にしていただける格好にはなりました。

ファイル 801-1.jpg

さっそく先週の土曜日に巣箱を設置しましたよ。

ファイル 801-2.jpg

ミツバチたちがレンゲの蜜を求めて飛んできています。
できばえはどうかな???

ファイル 801-3.jpg

がんばって集めてちょうだい!(笑)

なんとか採蜜もできそうですが、来年はもっとたくさん花を咲かせられるように、研究を重ねていきたいです!
飯山の菜の花畑みたいに、一面レンゲの絨毯のように咲き乱れる光景を夢見て!

 

レンゲが咲いたよ♪今年こそは。。。! 2017/05/09(火)

先週の土曜日(6日)のレンゲの写真です!

ファイル 799-1.jpg

つ、ついにレンゲの花が咲きました!

ファイル 799-2.jpg

ヒメオドリコソウやカラスエンドウ、イヌノフグリなどが混ざって咲いてます。
レンゲというのは撒いてすぐ咲くものではないのかもしれません。
長い年月をかけないとレンゲが一面に咲き乱れるという光景は生まれないのかもしれませんね。

この調子でいけば今月末には採蜜ができそう???
でも搾る前から期待させるのはよくないのでこれくらいにしておきましょう(笑)

現在当場のミツバチたちは、リンゴ蜜を集めている最中ですが、このあと菜の花、レンゲ、アカシアと、一部ブルーベリーにも転地していく予定です。

豊作ならいいなあ~!

 

レ、レンゲが。。。ついに。。。 2017/05/01(月)

菜の花が咲きはじめ、飯山の菜の花畑の様子が地元テレビでも盛んに報道され始めました。
当場のミツバチも、そろそろ出動といったところです。

さて、ミツバチ応援プロジェクトで植えたレンゲですが、その後どうなったのでしょう?

先日、行って見たところが、、、

ファイル 797-1.jpg

うわあっ!茶色だった土地が一面緑に変わっていました。

そして、雑草にまじりながらも、な、なんとレンゲもつぼみをつけはじめておるではありませんか!
緑のモコモコしている箇所がレンゲです!

まだ雑草に負けているといった感じですが、2年目にしてようやく花が咲きそうです!

ファイル 797-2.jpg

昨年と違っているのは、種をまく時期が若干ずれただけですが、今年は少し期待が持てそうです。

今年こそ採蜜ができるかな?

 

レンゲの種が発芽しました! 2016/10/28(金)

昨年失敗して、2度目となる種蒔きが終わって2週間が経とうとしています。
その後、種はどうなったのでしょうか?

ファイル 785-1.jpg

写真は種を蒔いてから10日後(25日(火))の様子です。
双葉が一面に出てきて色も青々としているようです。

昨年の記録を見ると、山側の日陰になっている方が先に発芽し、日当たりの良い方は発育が悪かったと書いてありました。
種蒔きから1週間後の発芽の様子が撮られた写真と比較してみると、なんか今年の方が元気がいいみたい!

今年は適度な雨も降りましたし、雑草もまだそれほど出ていません。

種の袋の説明書きを読むと発芽率は80%らしく、死んでいる種もあったと思いますが、この様子ではまずまずの発芽率ではないでしょうか?

ファイル 785-2.jpg
↑緑の部分は皆レンゲ

これから冬になります。
春になってまた雑草に負けてしまうような気もしますが、今後の経過を見守っていきたいと思います。

今回こそ成功させたいっ!!

 

レンゲの種まき決行! 2016/10/20(木)

一面レンゲが咲き薫る光景を思い浮かべて、先日の15日(土)にレンゲの種まきをしました。

ファイル 780-1.jpg

昨年失敗しただけに今年こそ成功させたいという思いが強いのですが、果たしてどうなることでしょう?

昨年は草を刈って、その草を焼き、田をおこして種を蒔きましたが、今年は、
刈って→焼いて→おこして→一週間後再度おこして……
というように田おこしを二回しました。

ファイル 780-2.jpg

時期的には昨年とほぼ同じですが、昨年は種を蒔いてからずっと雨が降りませんでした。
違う点は、今回は2日後に雨降りの予想があったこと。。。
種も当たりはずれがあるようなので、ちょっと変えてみましたヨ。

今年はサツマイモは焼きませんでしたが、あの味が懐かしい!(笑)

耕運機で耕すと、土も昨年よりきれいで洗練された印象です。

ファイル 780-3.jpg

予想通り雨も降りましたが、種まきにはちょっと時期的に遅かったでしょうか?

みなさんにこの畑で採取されたレンゲ蜜を、早く味わっていただきたいです!

 

無念でござる~! とほほほ。。。 幻、レンゲ畑の顛末(てんまつ) 2016/05/12(木)

昨年、「みつばち応援プロジェクト」と銘打って始まったレンゲ畑復活活動ですが、、、
残念な報告をしなければなりません。。。

ファイル 745-1.jpg

ご覧のとおり、レンゲが咲いておりません。
実は少し前に分かっていたのですが、なかなかご報告しずらくて、今日になってしまったのでありました。

予定では今頃レンゲ蜜を採蜜しているはずだったのですが。。。
1回目のレンゲ畑復活計画は、ものの見事に失敗してしまったのです!(涙)

悔しいので、レンゲのかわりに咲いている野花を撮って、せめてもの慰めにすることにしました。(笑)

ファイル 745-3.jpg

このピンクがかった花は何だろう?

ファイル 745-4.jpg

これははちぶんでも知ってます!
たぶんイヌノフグリでしょう。

ファイル 745-5.jpg

これは先ほどのピンクの花にそっくりですが、色が白。
おっと、ミツバチが飛んできました!
と思ったら、アブの仲間でした。

・・・・・

これはよく見かけます。
子供の頃はこの紫色をした釣鐘状の小さな花をスポッと抜いて、根元の蜜を吸って楽しみました。
なつかしい~!

・・・・・
・・・・・

上の二つの花もよく見かけますが、植物には疎いはちぶんは名前を知りません。

・・・・・

菊かタンポポの仲間でしょうか?

・・・・・

突然鮮やかなオレンジ色が目に飛び込みました。
これも野花なの???

・・・・・

さすがに知ってますよ、タンポポでしょ!

様々な野花が咲いており、チョウチョやアブや小さなコガネムシのような甲虫もたくさんいましたヨ。
誰か野花に詳しい方、これらの花の名前を教えていただけません?(笑)

その中にうもれながら、申し訳なさそうにレンゲが咲いておりました。。。

ファイル 745-2.jpg

とほほほほ。。。。。

これで諦めるわけにはいきません!
失敗の原因を探り、来年こそ採蜜できるようにガンバルぞ~っ!!

 

2月が終わり、レンゲ畑はいまどうなってる? 2016/02/29(月)

今日で2月が終わりますが、春に開花予定のレンゲ畑はどうなっているでしょうか?

行ってみましたがご覧のとおり、昨年芽が出て以来あまり変化がみられません。
大丈夫だろうか。。。?

ファイル 730-1.jpg

今年に入って雪も降りましたが、驚くほどでなく、その寒さの中でじっと耐えているのでしょう。
例年ならこのあたりは、入る人もないから足跡もなく春まで根雪でおおわれているのに。。。

まだまだ春は遠いですねェ。。
ほんとに咲いてくれるのかなあ。

 

ミツバチ飛ぶ日夢見て~レンゲ畑に霜が降りました 2015/12/10(木)

今年は暖冬といわれますが、やっぱり長野の北の方は寒いっ!(笑)

レンゲ畑に蒔いたレンゲの種がどうなったか、昨日観察に行きました。

ファイル 718-1.jpg

山際ということもあるのでしょうが、レンゲ畑には霜が降りてました。

写真は午前10時30分頃のものですが、発芽した芽にはさほど大きな変化はなく、果たして本当に大きくなっていくのか心配です。(笑)

ファイル 718-2.jpg

これからが冬本番です。
レンゲよ立派に育っておくれ!

皆さんも風邪など召されないように♪

 

発芽したよ♪ 2015/10/26(月)

今月の16日に蒔いたレンゲですが、見事に発芽しましたよ~!

実際には先週20日(火)にケンちゃん社長が見に行ったところ、一部で発芽を確認していますから、わずか4日で芽を出したことになります。

ファイル 713-1.jpg

上の写真は更に3日後の23日(金)に撮ったもので、種まきより丁度1週間後の発芽の様子です。
ところが、どういうわけか山沿いの普段は日影になっている所(南側)に蒔いた方が発芽しており、日当たりの良い方は覆土した方共に確認ができませんでした。

ファイル 713-2.jpg

これは畑の見取り図です。(おおざっぱ!(笑))

そして今日、また写真を撮ってきました!

ファイル 713-3.jpg

ファイル 713-4.jpg

左が山側(南側)で、右が日の当たる北側です。
覆土した方も、していない方も芽の多きさはほぼ同じですが、もしかしたら覆土した方は土がかぶっていなかった種が芽を出しているように思います。

よく見て気が付くのは、土の色が違うこと。
種まきをしてから今日まで雨が一度も降らなかったせいでしょう、日影の山側は土が黒いのに対し、日が当たる方の土はすっかり乾いています。
もしかしたら発芽に時間差が生じたのはそのせいかもしれませんネ。

これからも観察を続けていきます。

 

レンゲの種まき 2015/10/16(金)

先日休耕地を耕しスタートした「みつばち応援プロジェクト」。
さて本日はいよいよ種まきとなりました。

これから冬になろうとするのに「これから種まき?」と思う人もいるかもしれませんが、なんでもレンゲというのは秋に芽を出し、冬の間は雪の下で春が来るのをじっと待つらしい。。。(はちぶんもよく知りませんが……)

ケンちゃん社長も実際やるのは今回が初めてらしく、詳しく聞いてもあやふな返答を返すだけ。

おい、本当に大丈夫なのか~?

「とにかくやってみなければ分からない」
ということで、工場のお姉さま方(笑)の手を借りて、唯一知っていそうな会長の指示を受け、種まきを始めたのでした。

ファイル 712-1.jpg

レンゲの種は米粒よりもっと小さい。
例えるならゴマくらいの大きさである。
これを1袋1kgを40袋蒔くのだという。

ファイル 712-2.jpg

3歩間隔で目印の棒を立て、間隔ごとに担当を決め、その範囲にとにかく二袋のレンゲの種をばらまいていく。

なんでも昭和の40年初頭くらいまではこの辺でも、種など蒔かなくても自然に群生していたらしいが、農作物の肥料や栽培法の発達でレンゲはすっかり姿を消してしまったのだ。

それにしてもこの原始的な種まき風景、、、
ホントにダイジョウブか~?
しかしどこかで見たことがある。

そうだ!

ファイル 712-3.jpg

ミレーの「種を蒔く人」ならぬ「種を蒔く会長」。。。

ケンちゃん社長によると、もう一方の土地は種を蒔いたあと覆土して、どちらの育ちが良いか実験するのだと言う。

ファイル 712-4.jpg

手前が覆土する畑である。

こちらにもお姉さま方は種を蒔き、そのあと熊手で土をかぶせる。

ファイル 712-5.jpg

さてこれで1週間ほどすれば芽を出すらしい。

ホントかな~?(笑)

でも、とっても楽しみです!

 

日本の原風景・レンゲ畑を復活させろ!(4) 2015/10/11(日)

さてこうして耕し終わった田んぼがこれ!

ファイル 710-1.jpg

はちぶんは食べれませんでしたができあがった焼き芋。。。

ファイル 710-2.jpg

おいしそう!

ブログをアップした翌朝、工場のおばちゃん達が寄ってきて「ブログみたよ!」と妙に嬉しそうでした。

でも、「おばちゃんって書くなんてヒドイじゃない!」と叱られてしまいました。(笑)

もとい!
これまで工場の“おばちゃん達”と表現してきた箇所を“お姉さま方”に訂正して読んでくださいネ!

この「みつばち応援プロジェクト」は、進展があったら随時ご報告していきます!
来年の春には、一面のレンゲの花が咲くといいなあ。

 

日本の原風景・レンゲ畑を復活させろ!(3) 2015/10/10(土)

その間ケンちゃん社長はといえばトラクターの整備に忙しい。
土を耕す回転部分に、以前放置したままの草がからまってうまく動かないようなのだ。

ガンバレ~!(←はちぶんはいつも応援するだけ)

こうしてトラクターが動き出し、休耕田の土の掘り起こしが始まった。

ファイル 709-1.jpg

さすが、ケンちゃん社長!
高所作業車だろうがフォークリフトだろうがトラクターだろうが、意のままに操る技術を持っています。
火の消えた東側から順に、きれいに畑を耕し始めたのでした。

土の中からバッタやコオロギなども出て来て、田圃はみるみるきれいになっていきました。

「はちぶんもやってみるかい?」

と誘われましたが、はちぶんはトラクターなどいじったこともないので断りました。

遠くでおばちゃんちゃん達が焼き芋ができたか確認していたので寄っていきました。

ファイル 709-2.jpg

燃やす材料が枯草だけに火力も弱いようで、
「まだ固いねえ。。。」
と言いながら、枯れ草を集めてきてはくべています。

はちぶんも早く食べたい!

ところが時計を見たら次の用事の時間が迫っており食べることを断念!
レンゲよりも焼き芋の方が気になるはちぶんでした。

さて作業の方は、耕した後にレンゲの種を蒔くことになります。
今日一日だけでは終わりそうにありません。

 

日本の原風景・レンゲ畑を復活させろ!(2) 2015/10/09(金)

さて、広さはおよそ350坪、そこに軽トラを乗り上げて、さっそく熊手を手にしたおばちゃん達は楽しそうに、刈った草をかき集め枯草の山を作り出しました。
はちぶんはその様子をカメラにおさめるだけ。。。(笑)

ファイル 708-1.jpg

さて、会長がトラックの積み荷からおもむろに出してきたのは“火焔放射器”!

こんなもん、見るのは初めてじゃ!

なんでも柄の部分に軽油だかガソリンが入っているらしく、柄の先端についている棒を出し入れすると燃料が吹き出し、凄まじい炎を吹き上げる仕組みのようだ。

ファイル 708-2.jpg

うお~~~っ!
あぶないっっ!
お、おいらを焼き殺す気かっ!

会長!もっと周りを確認してからやってくれッ!

そうこうしているうちに会長は枯草の山に火を放ち始めました。
少し風が強いが田んぼを焼くにはちょうどイイあんばいでした。

ファイル 708-3.jpg

一方ご婦人方はというと、車の荷台に集まって、買ってきたサツマイモをアルミホイルで巻いているではないか!
サツマイモの銘柄は『五郎島金時???』

なんだか知らんがうまそ~!
どんどん焼きでも始まりそうじゃ、やはりレンゲより焼き芋だ!

それを干し草の山の中に放り込み、やがて会長はその山にも火をつけた。

ファイル 708-4.jpg

あとは焼けるのを待つだけ。。。

 

日本の原風景・レンゲ畑を復活させろ!(1) 2015/10/08(木)

今年の2月に発足した「みつばち応援プロジェクト」!

これは日本の原風景の一つであるレンゲ畑を復活させようという活動ですが、本日(8日)いよいよその予定地の休耕田を耕しました。
耕すといってもここ3、4年間、休耕地として荒れている土地ですから、そう簡単なことではありません。

ファイル 707-1.jpg

とりあえず地主さんが草刈りはしていてくれたというので、今日はその枯れた草を集めて燃やし、その後トラクターで土を耕します。
いわゆる“焼き畑”です!
昔、教科書などで焼き畑農業というものがあることは知っていましたが、実際経験するのは今日が初めてです!

楽しみ~~~っ!

でも、農作業の一つとはいえ、現代では勝手に田圃に火をつけてはいけません。
ちゃんと消防署の許可を得なければならないのであ~る。

工場のおばちゃん達総出の作業ですが、それにしても朝からおばちゃん達はとても元気なのだ。
というのも、熊手でかき集めた枯れ草の中にサツマイモを入れ、焼き芋にして食べようという魂胆なのだ!

レンゲより焼き芋!
さすがっ!仕事を楽しみに変えてしまうこのご婦人方のちゃっかりさにはかなわんッ!(笑)

ファイル 707-2.jpg

というわけで一行は須坂市内の現地へ向かったのでした。
途中、ご婦人方はサツマイモを買うことを忘れません。

 

ミツバチのためにれんげ畑を復活させろ!ミツバチ応援プロジェクト 2015/02/26(木)

今年は、須坂市の井上地区に、6年間休遊地となっていた田んぼを借りて、半年をかけて5回~6回耕し、9月にはレンゲの種まきをする予定です。

ファイル 690-1.jpg

敷地の広さは約30アール。
地元の農家さんのご協力を得て、いよいよ本年度の須坂にレンゲを咲かせるプロジェクトの始まりです!

1回目の耕しはまだ未定ですが、草が生えてきた頃を考えています。

種まきは秋ですが、来年にはレンゲが咲き、そこで採蜜をする予定です。
正面の山には桜がありますから、春は花々が咲き香る美しい光景を拝めるかもしれません!!(笑)

レンゲの花を咲かすミツバチ応援プロジェクトは、随時ご紹介していきますね!

 

<前のページ<  >次のページ>

 

はちみつ家メニュー

Copyright (C) 2011- Suzuki Bee Keeping All Rights Reserved.